マジカルキッチンお正月、年末年始

マジカルキッチン年越しお正月特集
スポンサーリンク

お正月、冬休み。
新しい年2020年がやってきました。
新年の行事にちなんだレシピとコラムをお届けします。
マジカルキッチン年末年始特集。

おせちに飽きたら食べたいものは?
お餅を使った料理やおやつ。
小豆あんやきな粉を使ったおやつレシピ特集など。

スポンサーリンク

小正月、小豆がゆレシピ

元旦からのいわゆる大正月は、女性は何かと忙しいもの。
それに対して1月15日前後の小正月は、女性がお休みする女正月とする地方もあります。
小豆のおかゆを炊いて、あとはのんびり過ごしましょう。

お正月食材リメイク術を紹介

栗きんとんを洋風にリメイクしたり
余った煮しめをお好み焼きに。

飽きてしまった田作りは、ふりかけにリメイク。
フードプロセッサーやミキサーで細かくしてご飯に。
絶品ふりかけのできあがりです。

スポンサーリンク

餅を使ったレシピ

お餅を使った定番お汁粉。
お餅入りのお好み焼き等紹介します。

お餅を使ったマジカルキッチン料理レシピ

お餅を使ったマジカルキッチンお菓子レシピ

おせちに飽きたら、お好み焼き

おせちに飽きたら食べたいものは?
和風よりも洋風や中華、特ににんにくのきいた料理が食べたくなってしまいます。
ピザやグラタンも食べたくなるなる。

そしてお好み焼きもいいですね。
ソースの香りでみんなが笑顔に。おせちの残りを刻んで入れても。

お正月だから和カフェ風スイーツ

和を意識するお正月、柚子、豆を使ったスイーツで日本の心。

あんこスイーツ

お正月、あんこが余ったら手軽に作れる和スイーツ

2019年の食のトレンドと来年の流行は?

2019年を食をテーマに振り返ってみませんか?
家庭料理分野と外食・テイクアウトの2分野の流行を探っていきます。

まずは家庭料理では、話題の調理器具として電気圧力鍋が人気になっています。
以前からあった家電ですが、最近は新製品や改良された商品が続々登場。
来年も続きそうな勢い。

キーワードは時短、手間なし。
忙しい今の時代に求められているのがこのキーワード。

もともと圧力鍋は時短のお鍋として人気がありましたが、電気式になってより便利に。
電気圧力鍋だと、火にかかりきりにならなくていいのが大きな利点です。
(普通の圧力鍋の場合、圧力が上がったら火加減を弱火にする等手間がかかります。)

つまり「ほったらかし」できる調理器具。

そして電気圧力鍋は、多機能タイプが多いのも特徴。
低温でのスロー調理や発酵機能等あったり卓上鍋として使えるものも。
炊飯にしても発芽玄米を作れる機能がある機種もあります。
そのうちパン焼き機能なんてものもできたりして。

外食テイクアウトでは、高級食パンブームが続きました。
高級食パン専門店が続々オープン。
行列ができましたね。

甘くて柔らか、しっとりもっちりした食パンが多いようです。

そして2019年はやった食べものと言えば。
なんと言ってもタピオカミルクティー
若い女性の間から火がついて広がりました。
元々は台湾から来たものです。

糖質制限、筋肉ブームでたんぱく質
しびれ鍋など辛いものも引き続き流行っているようです。
ヘルシーなおやつとしてナッツも人気継続中。

コンビニスイーツで人気だったのは、バスク風チーズケーキ
しっとり濃厚なスペインのチーズケーキです。

チーズは、韓国風のチーズとろけ~る料理も人気でしたね。
来年もチーズ人気は様々な国の料理、色々なチーズが話題になりそうな予感。

最後にまとめて外食テイクアウトについて2点。
お店の専門店化が進みつつあること、フードトラック(キッチンカー)のブーム。

上にも食パン専門店がブームと書きましたが。
最近、〇〇しか置いていないお店増えていませんか?
しかもすごく小さいお店。
「プリン専門店」、「かき氷専門店」という風に。

ウリ、メインは一つで勝負。

専門化すると何がメリットかというと。
より高級化、こだわったものが楽しめます。

出店するお店の方も出店(経費等)しやすく、働く側も(覚えることが少ないため)楽な形態だそうですよ。

このことはフードトラックの流行にも言えます。
ミニバン・トラックを改造して移動販売するフードトラック。
その場で食べたり、テイクアウトもできます。
昔でいえば屋台のような感じですね。

最近ではイベントにもフードトラックが集まったコーナーをよく見かけます。
スーパーはもちろん、本屋さんの駐車場にもフードトラックが止まってますよ。

開業する立場に立つと、 通常の飲食店の開業よりもハードルが低いというメリットが。

このフードトラックも一つの車の飲食ジャンルは専門化。
カレー一つでもただのカレーではなく、○○カレーという風に特化されています。
たとえばバターチキンカレー専門等。
もし普通のカレーなら【おふくろのカレー専門】で勝負するのかも?
スイーツにしても〇〇専門と専門化されています。

クレープ屋さんやメロンパン専門などなどいい匂いがして思わず足をとめてしまいます。
あと地元ならではの名産系も見かけます。

ちなみに最近見たフードトラックは、とても大きくてトレーラーのようでした。

来年の食のトレンド予想。
【健康】、【刺激・濃い味】、【時短・簡単】【専門、細分化】
引き続きキーワードになりそうです。

おせち作りに便利【圧力鍋】&冬休み楽するキッチン家電

おせち料理の準備をしていて、役立つなぁとしみじみ思うのが【圧力鍋】です。
何と言っても時短、そして味の染み込みが早い

圧力鍋なら、おせちのお煮しめ作り、そして黒豆。金柑の甘露煮。
前日からでも余裕で間に合います。
もちろん普段のカレーやおでん、ご飯を炊くのにも使えます。

圧力鍋の選び方って迷いますよね。
大きさ、低圧高圧切り替えがあるかないか。
洗う部品が少ないタイプがおすすめです。

そして最近はやりの電気圧力鍋
自動でやってくれるのが楽でいいなと購入を考えています。

Amazon.co.jp限定】 パール金属 3層底切り替え式圧力鍋3.5L(ガラス蓋・目皿・交換パッキン)セット W-17255

低圧高圧切り替え可。高圧は100Kpa
手ごろな価格ですが、基本性能は満たしてます。
炊飯、煮物、魚を煮たり、プリンを作ったりも。

商品比較雑誌でも高評価。
圧力ピンが上がった際の表示が慣れるまで分かりにいので慣れが必要。

以前からありましたが、最近人気上昇しているのが電子圧力鍋。
予約機能、火加減自動調節が便利。

卓上鍋としても使えるタイプ。

家族が集う季節、そして冬休みシーズン。
みんなでわいわい楽しみながら作るおいしいもの!
ホットプレートやたこ焼き器、ホットサンドメーカーが活躍してくれます。

ホットプレートは疲れた時の夕食や忙しい朝ご飯にも便利。
パンを焼きながら野菜やハムを焼いたりも。
それぞれが自分で焼くこともできる点も楽できるポイントですよね。

年末年始はイベントも盛りだくさん。
人が集まったり、家族でパーティー、友達とのご飯会。

ホットプレートは焼き肉以外でも大活躍です。
お好み焼きはもちろん。
チーズフォンデュもできます。

パン作り、ナン、イングリッシュマフィンだって作れます。
ホットケーキやパンケーキを焼いたりも。

チーズフォンデュができるならチョコフォンデュも可能。
まずは耐熱のグラタン皿などにピザ用チーズや刻んだチョコを入れます。
牛乳を加え、温めたホットプレートの上に乗せて時々混ぜながら溶かします。

溶ければ保温モードで、いただきます。

早くチョコやチーズを溶かしたい場合は電子レンジにかけておきます。
ある程度温めてからホットプレートの上に乗せるようにします。

フライパン・ホットプレートでパンを焼くコツ
オーブントースターやホットプレート、フライパンでも工夫次第でパンは焼けます。
今回のマジカルキッチン料理、お菓子のTIPSはホットプレートやフライパンでパンを焼くコツの話です。

ホットサンドメーカーやワッフルメーカーはおやつ軽食、朝ごはんに。
熱々ホットサンド、ワッフルが簡単に作れます。

ホットサンドやワッフルは外食するといいお値段しますよね。
家で作れるとかなりの節約になりますよ。
しかも美味しい!
ホットサンドは余りものを具にしてチーズを挟んで焼いただけで絶品です。

電気式のものとガス火で作るタイプがあります。
耐久性を考えるとガス火タイプ。
テーブルに置いて座って作りたいなら電気式のものを。

ワッフルはホットケーキミックスで作ってもOK。
イーストを使ったワッフルもおすすめです。

お餅をワッフルメーカーで焼くとモッフルになりますよ。

スポンサーリンク

ピックアップ!アレンジおせち

子供さんや若い人にも食べやすくアレンジしたおせちはいかが。
定番おせちにプラスして添えても喜ばれます。
手間を省いて、簡単に作れるのもポイントです。

盛り付けもカジュアルに大皿にちょこちょこ盛り。

おせちの金柑の甘露煮

三日とろろ

1月3日は三日とろろ。

年越しそば

大みそかに、そばを食べる習慣が根付いたのは江戸時代。
そばには、細く長く長生きしたいという願い。
またそばは切れやすいことから、苦難を断ち切るという願いが込められています。

年明けには「年明けうどん」
近年年越しそばに対抗して? さぬきうどん振興協議会 が提唱しているうどんの食べ方です。
白いうどんに赤い具を乗せて年明けに食べて縁起をかつぐそうです。

赤い具は梅干し、海老、漬物等、お好みの具で紅を添えて。

七草がゆ

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

1月7日は七草がゆ。ごちそうで疲れた胃を休ませます。

七草がゆの起源は古代中国から伝わったもの。
正月に薬効のある七種類の菜が入ったお吸い物が食べ無病息災を祈る風習がありました。
これが平安時代に日本の宮中に伝わり、徐々に現代の形に変化したのです。

年末年始疲れた胃に優しい雑炊

歳末のお正月準備のお買い物

お正月準備のお買い物。
楽天市場の「たべもんぢから」さんで豆類をよく買っています。
雑穀やナッツ等の商品もあります。

食べもんぢから。

子供の頃から歳末の街や商店街に出かけるのが好きでした。
混雑しているけれど、賑やかで活気があって。
お正月を迎えるための食品や花などなど見て回るのが楽しい。
年末の市場へ行ったりもいい思い出です。

最近は地元の商店街がさびれて、歳末の買い物はもっぱらネットショッピングになってしまいました。

商品を見比べて買えるのと商品の豊富さがネットショップの魅力です。
価格も地元よりも安いのがうれしい。
楽天市場の場合送料のかかるお店も多いのがデメリット。
○○以上で送料無料になる場合、あちこちで買わず、なるべく同じ店でまとめ買いしています。

マジカルキッチンのこれだけおせち、それでも5品

おせち作り、今年は忙しくて作れないかも。
それほど食べないし、(結局結構食べる)今年は作りたくないかもと思いつつ。

なんとか簡単なものだけ作っています。
とりあえずの5品です。
もちろん5品ではなく、家族の好きなものを2品程度作っても。

欲を言えばもっとあれもこれもと思いはしますが。
とりあえずこの5品があれば、お正月気分。

作って並べてみると、結構おせちらしくなって立派立派。
後はお店で買ってきたものと合わせて盛りつけでOK。

前日ガンバってお正月は楽しちゃいましょう。
時短で作る秘密は道具です。

  • 紅白なます
  • 田作り
  • 煮しめ
  • 栗きんとん
  • 鶏料理を1品

これらの【おせち】すべて前日に作っても間に合うかも。
ここで登場するのが、便利な道具達。

紅白なますはスライサーでささっと。
田作りは電子レンジ活用。
栗きんとんはフードプロセッサーまたはハンディーブレンダーで。
煮しめは圧力鍋
鶏料理は電子レンジで作ることもあります。

栗きんとん
黄色い色が黄金の小判を連想。お鍋でぽってり練り上げて作ります。
思ったよりも作るのは簡単で手作りの美味しさが楽しめます。

おせち料理【重箱入り】のものを頼んだこともあります。
楽できれいで豪華でよかったのですが。
量が少ないなぁとか、家の味も恋しいなぁと感じました。
それからは、作れるものは家で作るようにしています。

黒豆は年によって、作ったり作らなかったり。
白いんげんを煮た年もあります。
後は市販の昆布巻きなど、好きなものを買って添えてます。
おまけで、作り置きの金柑の甘露煮も並べてます。

知っておくと便利なおせちの詰め方

品数は奇数に。
縁起の良い奇数、1,3,5,7などの個数を詰めます。
偶数になる場合は、南天等のあしらいを足して奇数に。

お重に詰める場合
ここでは最近多い少人数向けの「二段重」の説明を。

一の重
祝い肴である数の子、田作り、黒豆を。
そのほか、栗きんとん、伊達巻なども。
(地域により若干違いがあります。)

二の重
なますなど酢の物を、焼き物、煮物もこちらです。

最近のお家「おせち」のトレンド

昔ほど甘くなく味付けも濃くないのが今時おせち。

日持ちするようにと、おせちの味付けは濃い目甘目が基本。
とは言え、現代では昔のように三が日お店が閉まりきりのこともなく冷蔵庫もあります。

子ども、男性が「おせち」を食べない、苦手と言う場合
甘すぎることが原因の一つかもしれません。
程よい甘さで楽しむのが今風です。

福袋の狙い目は、手堅く飲食店系

新年恒例の福袋、年の初めの運試し。
何が出てくるかはお愉しみ。
なんて言うのは少し前までのこと。

最近の福袋12月から発売されているものも。
そして中身が見える福袋も多いですね。

過去福袋で失敗してきた経験談から。
福袋で失敗を避ける法則をいくつか紹介します。

結論から言うと、飲食店の福袋はお得感あり。
外食全国チェーン店系の食べ物屋さんの福袋。

入っているのは、ショップで使える金券。
ほとんどのお店が購入金額とイコールの金券が入っています。
これだけで元が取れます。
それに加えてノベルティグッズ、食品等が入っていることが多いです。

カフェや喫茶店、ココ壱番屋、ミスタードーナツなど。

注意点は金券に有効期限等があるかもしれません。
あまり行かないお店などは注意してください。

飲食店ではなく、食品福袋の場合は。
これはショップやメーカーによって当たり外れがある印象。

定価以上とあっても、普段安売りされているようなものは、お得感が薄くなりますよね。

あとは基本、中身が公開されていない福袋。
のぞくこともできない福袋。
特に赤い「福袋」に入っているものは、やはり危険度大。

持ってみると、重さもバラバラ。
つまり、袋によって、商品の組み合わせが違うようです。
売れ残りや在庫の商品らしきものが入っている袋の場合も。

逆に中身が公開、ある程度分かる袋の場合。
袋の重さにばらつきは少な目。
それぞれの袋に色柄違いで同じような商品が入っているから。

何が入っているかわからないからワクワクするけれど。
手堅く狙うなら中身がわかって金券で元がとれる飲食店系がおすすめです。

冬至、かぼちゃ料理レシピ

12月22日は、一年で一番夜が長い冬至。
冬至と言えば、かぼちゃに柚子湯で無病息災。
この風習は江戸時代中期に根付きました。

カロテン、ビタミン類豊富なかぼちゃを食べ、柚子湯のお風呂で体を温め風邪を防ぐ。
昔からの日本人の知恵です。

「柚子」は融通(ゆうずう)がきく。
「冬至」は湯治(とうじ)湯に入って病を治す。
そんな願いも込められているそうです。

料理に使う際、柚子は皮も使うのがおすすめです。

冬至の夜はかぼちゃ料理でほっこりと。

冬至、かぼちゃスイーツレシピ

かぼちゃを使ったスイーツで冬至を楽しんでみませんか。

マジカルキッチン料理のTips「かぼちゃについて」

柚子を使ったおすすめレシピ

上品な香りの柚子を使ってさわやかに。