年末年始レシピ特集

ゆく年くる年
おうちで忘年会、新年会!
お餅やおせちレシピ
一年を明るく過ごせますように。

マジカルキッチンお正月、年末年始

新しい年2018年はもうすぐ。
マジカルキッチン年末年始のレシピ特集。
定番おせち、お正月料理に飽きたら食べたいあれこれ!
ピザやホットプレート料理をみんなでいかが。

食べ過ぎた胃に優しい一皿や七草がゆ
お餅、おせち料理のリメイクレシピもお届けします。

冬至、かぼちゃ料理レシピ

一年で一番夜が長い冬至。
と言えば、かぼちゃに柚子湯。
カロテン、ビタミン類豊富なかぼちゃで風邪を防ぐ。
昔からの日本人の知恵です。

かぼちゃについて

柚子を使ったおすすめレシピ

上品な香りの柚子を使って。

定番おせちレシピ縁起のいい食材に願い込めて

我が家のおせちに仕上げましょう。

知っておくと便利なおせちの詰め方

品数は奇数に。
縁起の良い奇数、1,3,5,7などの個数を詰めます。
偶数になる場合は、南天等のあしらいを足して奇数に。

お重に詰める場合
ここでは最近多い少人数向けの「二段重」の説明を。

一の重
祝い肴である数の子、田作り、黒豆を。
そのほか、栗きんとん、伊達巻なども。
(地域により若干違いがあります。)

二の重
なますなど酢の物を、焼き物、煮物もこちらです。

最近のお家「おせち」のトレンド

昔ほど甘くなく味付けも濃くないのが今時おせち。

日持ちするようにと、おせちの味付けは濃い目甘目が基本。 とは言え、現代では昔のように三が日お店が閉まりきりのこともなく 冷蔵庫等もあります。

子ども、男性が「おせち」を食べない、苦手と言う場合
甘すぎることが原因の一つかもしれません。
程よい甘さで楽しむのが今風です。

年越しそば12月31日大晦日の縁起物

大みそかに、そばを食べる習慣が根付いたのは江戸時代。
そばには、細く長く長生きしたいという願い。
またそばは切れやすいことから、苦難を断ち切るという願いが込められています。

年越しに備えてのお買い物

ネットショップ、黒豆、小豆、乾物等、近所のお店より割安。
毎回まとめ買いしています。
国産物のほか、海外の豆、珍しい豆もあります。

食べもんぢから。

七草がゆ

1月7日は七草がゆ。ごちそうで疲れた胃を休ませます。

年末年始疲れた胃に優しい雑炊

小正月、小豆がゆレシピ1月15日は小豆がゆ

元旦からのいわゆる大正月は、女性は何かと忙しいもの。
それに対して1月15日前後の小正月は、女性がお休みする女正月とする地方もあります。
小豆のおかゆを炊いて、あとはのんびり過ごしましょう。

おせちをリメイク

栗きんとんを洋風にリメイクしたり
余った煮しめをお好み焼きに。

お正月だから和カフェ風スイーツ

和を意識するお正月、柚子、豆を使ったスイーツで日本の心。

新年のパーティーにフランスのガレット・デ・ロワ

フランスのガレット・デ・ロワとは新年の集まりで
みんなで食べられるパイのこと。

パイ上には王冠が乗っており、中はアーモンドクリーム。
そしてフェーヴと呼ばれる陶器製の小さなミニチュアが1個入っています。
切り分けたパイに、フェーヴが入っていた人は大当たり。
王冠をかぶり皆から祝福をうけ、一年の幸運が約束されます。