マジカルキッチンお正月、年末年始

スポンサーリンク

新しい年2019年がやってきました。
マジカルキッチン年末年始のレシピ特集開催してます。
アレンジおせちや余ったおせちのリメイクの紹介も。

スポンサーリンク

冬至、かぼちゃ料理レシピ

一年で一番夜が長い冬至。
と言えば、かぼちゃに柚子湯。
カロテン、ビタミン類豊富なかぼちゃで風邪を防ぐ。
昔からの日本人の知恵です。

冬至、かぼちゃスイーツレシピ

かぼちゃを使ったスイーツで冬至を楽しんでみませんか。

かぼちゃについて

スポンサーリンク

柚子を使ったおすすめレシピ

上品な香りの柚子を使って。

年越しそば

大みそかに、そばを食べる習慣が根付いたのは江戸時代。
そばには、細く長く長生きしたいという願い。
またそばは切れやすいことから、苦難を断ち切るという願いが込められています。

スポンサーリンク

知っておくと便利なおせちの詰め方

品数は奇数に。
縁起の良い奇数、1,3,5,7などの個数を詰めます。
偶数になる場合は、南天等のあしらいを足して奇数に。

お重に詰める場合
ここでは最近多い少人数向けの「二段重」の説明を。

一の重
祝い肴である数の子、田作り、黒豆を。
そのほか、栗きんとん、伊達巻なども。
(地域により若干違いがあります。)

二の重
なますなど酢の物を、焼き物、煮物もこちらです。

最近のお家「おせち」のトレンド

昔ほど甘くなく味付けも濃くないのが今時おせち。

日持ちするようにと、おせちの味付けは濃い目甘目が基本。
とは言え、現代では昔のように三が日お店が閉まりきりのこともなく冷蔵庫もあります。

子ども、男性が「おせち」を食べない、苦手と言う場合
甘すぎることが原因の一つかもしれません。
程よい甘さで楽しむのが今風です。

ピックアップ!アレンジおせち

子供さんや若い人にも食べやすくアレンジしたおせちはいかが。
定番おせちにプラスして添えても喜ばれます。
手間を省いて、簡単に作れるのもポイントです。

盛り付けもカジュアルに大皿にちょこちょこ盛り。

おせちの金柑の甘露煮

お正月食材リメイク術を紹介

栗きんとんを洋風にリメイクしたり
余った煮しめをお好み焼きに。

飽きてしまった田作りは、ふりかけにリメイク。
フードプロセッサーやミキサーで細かくしてご飯に。
絶品ふりかけのできあがりです。

三日とろろ

1月3日は三日とろろ。

七草がゆ

1月7日は七草がゆ。ごちそうで疲れた胃を休ませます。

年末年始疲れた胃に優しい雑炊

小正月、小豆がゆレシピ

元旦からのいわゆる大正月は、女性は何かと忙しいもの。
それに対して1月15日前後の小正月は、女性がお休みする女正月とする地方もあります。
小豆のおかゆを炊いて、あとはのんびり過ごしましょう。