ニラとお餅のお好み焼き

モチモチ楽しいニラとお餅のお好み焼き。
ニラとお餅のお好み焼き
スポンサーリンク

料理ジャンル:

器具:

季節: /

イベント: /

お餅でもちもちの食感のお好み焼きです。
ニラも1わ加えてスタミナモリモリ。

スポンサーリンク

材料/分量/2~3枚分

  • 薄力粉 ・・・100g
  • 卵 ・・・2個
  • 水 ・・・約150ml
  • だし粉 ・・・少々
  • 塩 ・・・少々
  • ニラ ・・・1束
  • 小粒納豆 ・・・1パック
  • 天かす ・・・大さじ3
  • アミエビ(または乾燥桜海老) ・・・大さじ3
  • 餅 ・・・2個

作り方

  1. 切り餅は、サイコロ状に切り、ニラは根元を落とし1センチ幅に切ります。
  2. ボウルに粉、だし粉、水を加えてしっかりと混ぜ合わせもったりした生地を作ります。餅、ニラ、海老、納豆、天かす、 卵を落として下から上に空気を含ませるようにサクサクと混ぜます。(混ぜすぎない)
  3. フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、生地の2等分か3等分を丸く流しいれます。中央部分の生地を少しへこませます。
  4. 中火で約3分焼き、焼き色をつけば、裏返してフタをして約2分焼き焼き色がつけば裏返して水分を飛ばすように1~2分焼きます。

キッチンメモ

お餅でモチモチが楽しいお好み焼きです。
ニラの香り、餅で食感が出て、肉類が入らないわりに食べ応えあり。
ニラとお餅を刻むだけなので作るのもお手軽。

今回はタンパク質をプラスしようと納豆を加えました。
納豆の粘りはお餅のモチモチ感に消されて気になりません。

ベーシックな納豆お好み焼きはこちら。

作り方を写真で説明

ボウルに粉、塩、だし粉を加える

ボウルに粉、塩、だし粉を加えます。

水を加えて種を作る

水を加えてしっかりと混ぜ合わせもったりした生地を作ります。

生地に具を加える

生地に具を加える。卵を落として下から上に空気を含ませるようにサクサクと混ぜます。(混ぜすぎない)

生地を混ぜ合わせる

さっくりと混ぜました。

フライパンで焼く

火加減は中火から弱めの中火。焦げないように注意しつつ、焼き色をつけるように焼きます。

フタをして焼く

裏返えしてフタをして焼きます。
最後、裏返してからは水分を飛ばすようにフタをはずして焼きます。

お好みでベーコン、ソーセージとも相性よし

納豆のかわりにベーコン、ソーセージを入れても美味しい。
なぜかニラとベーコン類は合うんです。

納豆のお好み焼きには辛子も合う!

納豆を入れたお好み焼きをよく作ります。
トッピングはマヨネーズ、ソース、削り節、青海苔。そして納豆には辛子。
辛子マヨネーズにするといい感じです。

お好み焼きの基本的なポイント

粉に水を加えて混ぜるときはしっかりとよく混ぜて、もったりした生地になるまで混ぜるといいそうです。

生地にキャベツ、卵等の具を加えてからは、グルグルと混ぜずに、空気を含ませるように下から上にサクサクと混ぜます。
お好み焼きがふんわりと焼きあがります。

【NHK ためしてガッテン】
お好み焼き 天ぷら ホットケーキ 夢のふわふわサクサク粉ものSPの回
2019年8月21日の放送。
お好み焼きのグルテン、達人にならうふわっとしたお好み焼きの作り方が紹介されました。

その際、上のようにお好み焼き生地の混ぜ方は粉と水はしっかりと。
具を加えてからは、さっくりとと解説がありました。

野菜を生地に加えてから時間がたつと野菜の水分が生地に出てきます。
野菜を生地に加えたらすぐに焼くようにします。

焼くときにヘラやフライ返しで上からギューっと押さえつけないこと。
押さえつけるとふっくら焼けません。

マジカルキッチン:お好み焼きレシピ一覧へ

マジカルキッチン料理のTips料理に役立つコラムページです。

お好み焼きのだし、生地、焼き方の基本
マジカルキッチン料理のTips。お好み焼き生地の作り方、混ぜ方。材料の選び方。
お好み焼きに加えるだしの出る素材、自家製のだし粉について紹介。
フードプロセッサーでお好み焼き
マジカルキッチン料理のTips、フードプロセッサーでお好み焼きの具を上手に刻むコツを紹介します。
刻み過ぎに注意して、時短クッキング。

お好み焼きに加える出しについて

出しが入るとお好み焼き生地は、おいしくなります。
市販の出しの素を少々加えてもいいし、水のかわりにだし汁を使っても。
マジカルキッチンでは干ししいたけ、昆布、かつお節などをミキサーにかけた自家製のだしの粉を使っています。

天かす、エビからも出し、うまみが

アミエビ

お好み焼きに加える天かすや、桜エビ。
桜エビのほかに、アミエビという、エビもよく使っています。
このエビは小さくてリーズナブル。

エビや天かすからも出しや旨みが出ます。
お肉やシーフードなど入れない生地の時には、多めに加えるとおいしくなります。

自家製だし粉

市販の出しの素の代わりに「いりこの粉」「かつお粉」「昆布の粉」「しいたけの粉」をブレンドしたものを使ってます。
作り方はミキサーやミルサーにいりこや、削り節、昆布、干ししいたけを入れて粉にするだけ。大きなものはキッチンハサミでカットして小さくしてミキサーに入れます。
これで自家製のだしの粉末が出来上がり。

安心、安全の手作りだしです。
もちろん、お好み焼きだけでなく、普段の料理に使えます。
保存はフタのできるビンに入れて、冷蔵庫で。