おから入りで食物繊維プラスなお好み焼きです。

おからお好み焼き


主な食材: , , , , , ジャンル:
器具: 季節:

おからを加えたお好み焼き、キャベツもたっぷり食べられます。
紅しょうがを加えて味のアクセントに。

おからお好み焼き

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 30分 分量: 3枚分

材料

  • 薄力粉 ・・・90g
  • おから ・・・80g
  • 卵 ・・・2個
  • 水 ・・・約160ml
  • だし粉 ・・・少々
  • 塩 ・・・少々
  • しょうが甘酢漬けまたは紅ショウガ ・・・大さじ1
  • 青ネギ ・・・2本
  • キャベツ ・・・200g
  • アサリむき身 ・・・50g

作り方

  1. ボウルに粉、おから、だし粉、塩を入れて、水を加えて混ぜ合わせ生地を作っておきます。
  2. キャベツは粗みじん切りにし、ねぎは小口切りにします。しょうがは千切りに刻みます。
  3. 1のボウルにキャベツ、しょうが、ねぎ、あさり、卵を加えて混ぜます。(混ぜすぎない)
  4. フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、生地を丸く流しいれます。フタをして中火で3分ほど焼きます。裏側がこんがりと焼ければ、裏返して約1分半から2分焼き軽く焼き色を付けます。フライパンが汚れていたら紙でふき、油が少なくてくっつきそうなら油を少し足して次を焼きます。お皿に盛りつけソース、かつお節、紅ショウガ、青のり等トッピングします。

キッチンメモ

おから入りのお好み焼きです。
おからが余ったときなど作っています。
いつものお好み焼きとそれ程かわりませんが、少しもっちりしています。

あさりはシーフードミックスを使っても美味しくできます。
豚肉でももちろんOK。

小麦粉なしで作るおからのお好み焼き風も紹介中。

作り方を写真で説明

おからお好み焼きの生地

おからお好み焼きの生地です。
全部混ぜて、もう焼くだけです。

大豆から豆乳を絞った後の残りがおから。豆乳からは豆腐も作れます。
おからは、搾りかすとは言え、食物繊維やカルシウムも含まれる素材です。

このおからは、傷みやすい食材です。
買ってきたら、なるべく早く使い切ります。

火を通しておく

生のまま置いておくよりも、火を通しておいたほうが安心。
とりあえず、から炒りして水分を飛ばしておきます。
フライパンを使う他、電子レンジでもできます。
耐熱性のお皿におからを広げ、フタやラップをせずに電子レンジにかけてパラパラにします。
料理やお菓子に使えます。

冷凍保存する

おからの冷凍は、生のままでも空炒りしてからでも可能です。
コツは使いやすいように小分けに冷凍しておくこと。
封のできるジッパー付きの袋に入れて、板状に形を作って冷凍すると場所もとりません。
解凍は自然解凍か、電子レンジで。

お好み焼きの基本的なポイント

粉に水を加えて、生地を混ぜる時は、グルグル混ぜ過ぎないこと。
グルテンが出るとふんわりと焼けません。
生地に具を加えてからも混ぜすぎないこと。

野菜を生地に加えてから時間がたつと野菜の水分が生地に出てきます。
野菜を生地に加えたらすぐに焼くようにします。

焼くときにヘラやフライ返しで上からギューっと押さえつけないこと。
押さえつけるとふっくら焼けません。

お好み焼きに加える出しについて

出しが入るとお好み焼き生地は、おいしくなります。
市販の出しの素を少々加えてもいいし、水のかわりにだし汁を使っても。
マジカルキッチンでは干ししいたけ、昆布、かつお節などをミキサーにかけた自家製のだしの粉を使っています。

天かす、エビからも出し、うまみが

アミエビ

お好み焼きに加える天かすや、桜エビ。
桜エビのほかに、アミエビという、エビもよく使っています。
このエビは小さくてリーズナブル。

エビや天かすからも出しや旨みが出ます。
お肉やシーフードなど入れない生地の時には、多めに加えるとおいしくなります。

自家製だし粉

市販の出しの素の代わりに「いりこの粉」「かつお粉」「昆布の粉」「しいたけの粉」をブレンドしたものを使ってます。
作り方はミキサーやミルサーにいりこや、削り節、昆布、干ししいたけを入れて粉にするだけ。大きなものはキッチンハサミでカットして小さくしてミキサーに入れます。
これで自家製のだしの粉末が出来上がり。

安心、安全の手作りだしです。
もちろん、お好み焼きだけでなく、普段の料理に使えます。
保存はフタのできるビンに入れて、冷蔵庫で。

おからお好み焼きと同じ材料で作れる料理

材料: あさり| おから| その他漬物| キャベツ| 薄力粉・中力粉|

材料大分類:|穀類|缶詰・漬物・加工品|豆・大豆製品|野菜|魚介類|

おからお好み焼きと同じジャンルの料理

ジャンル: