特売で買ったもやしが大活躍、もやしのお好み焼き。

もやしのお好み焼き


主な食材: , , , ジャンル:
器具: 季節:

いつものお好み焼きと同じ感覚で、キャベツのかわりにもやしを使ったお好み焼き。
水分を少し控えるのがポイントです。

もやしのお好み焼き

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 20分 分量: 2枚分

材料

  • 薄力粉 ・・・100g
  • 卵 ・・・3個
  • 水 ・・・150ml
  • だし粉 ・・・少々
  • 塩 ・・・少々
  • もやし ・・・1袋
  • 白ネギ ・・・50g
  • 乾燥桜えび(またはアミエビ) ・・・大さじ1

作り方

  1. もやしは袋の上からざく切りに。ネギはあらみじん切りに。ボウルに粉、だし粉、塩、水を加えて混ぜ合わせ生地を作ります。
  2. 1のボウルにもやし、ネギ、卵1個を加えて混ぜます。(混ぜすぎない)
  3. フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、生地の2等分を丸く流し中央部分の生地をくぼませ、卵を割りほぐします。蓋をして中火で4分ほど焼きます。裏側に焼き色が付き周りの生地がカリッとしたら、裏返してフタ無しで約3分焼き軽く焼き色を付けます。フライパンが汚れていたら紙でふき、油が少なくてくっつきそうなら油を少し足して次を焼きます。お皿に盛りつけソース、かつお節、マヨネーズ、青のり等トッピングします。

キッチンメモ

ソースに削り節、玉子のトッピング。
キャベツでなくもやしを使ってます。
キャベツなしでも以外なほどお好み焼きしています。
特売のもやしが大活躍。

水分が出やすいので加える水分の量は今回控えめにしています。
卵を乗せて焼くとひっくり返す時に返しにくいので、まわりをしっかりと焼いてからひっくり返します。

お好みでキムチを刻んで加えたりチーズをのせても合います。

お好み焼きの基本的なポイント

粉に水を加えて、生地を混ぜる時は、グルグル混ぜ過ぎないこと。
グルテンが出るとふんわりと焼けません。
生地に具を加えてからも混ぜすぎないこと。

野菜を生地に加えてから時間がたつと野菜の水分が生地に出てきます。
野菜を生地に加えたらすぐに焼くようにします。

焼くときにヘラやフライ返しで上からギューっと押さえつけないこと。
押さえつけるとふっくら焼けません。

お好み焼きに加える出しについて

出しが入るとお好み焼き生地は、おいしくなります。
市販の出しの素を少々加えてもいいし、水のかわりにだし汁を使っても。
マジカルキッチンでは干ししいたけ、昆布、かつお節などをミキサーにかけた自家製のだしの粉を使っています。

天かす、エビからも出し、うまみが

アミエビ

お好み焼きに加える天かすや、桜エビ。
桜エビのほかに、アミエビという、エビもよく使っています。
このエビは小さくてリーズナブル。

エビや天かすからも出しや旨みが出ます。
お肉やシーフードなど入れない生地の時には、多めに加えるとおいしくなります。

自家製だし粉

市販の出しの素の代わりに「いりこの粉」「かつお粉」「昆布の粉」「しいたけの粉」をブレンドしたものを使ってます。
作り方はミキサーやミルサーにいりこや、削り節、昆布、干ししいたけを入れて粉にするだけ。大きなものはキッチンハサミでカットして小さくしてミキサーに入れます。
これで自家製のだしの粉末が出来上がり。

安心、安全の手作りだしです。
もちろん、お好み焼きだけでなく、普段の料理に使えます。
保存はフタのできるビンに入れて、冷蔵庫で。

もやしのお好み焼きと同じ材料で作れる料理

材料: もやし| 桜えび| 薄力粉・中力粉|

材料大分類:|穀類|野菜|魚介類|

もやしのお好み焼きと同じジャンルの料理

ジャンル: