豆腐を加えたヘルシーお好み焼きです。

豆腐お好み焼き


主な食材: , , , , , ジャンル:
器具: 季節:

豆腐を加えたふんわりお好み焼き。
水切りなしで混ぜるだけでOKです。

豆腐お好み焼き

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 25分 分量: 3枚分

材料

  • 薄力粉 ・・・100g
  • 絹ごし豆腐 ・・・180g
  • 卵 ・・・2個
  • 水 ・・・約大さじ2
  • だし粉 ・・・少々
  • 塩 ・・・少々
  • しょうが甘酢漬けまたは紅ショウガ ・・・大さじ1
  • 青ネギ ・・・2本
  • キャベツ ・・・200g
  • 豚薄切り肉 ・・・100g

作り方

  1. ボウルに豆腐を入れて泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。粉、だし粉、塩、水を加えて混ぜ合わせ生地を作ります。
  2. キャベツは粗みじん切りにし、ねぎは小口切りにします。しょうがは千切りに。
  3. 1のボウルにキャベツ、しょうが、ねぎ、卵を加えて混ぜます。(混ぜすぎない)
  4. フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、生地を丸く流し豚肉を広げます。(なるべく重ならないように広げる)フタをして中火で3~4分ほど焼きます。裏側がこんがりと焼ければ、裏返して約3分焼き軽く焼き色を付けます。フライパンが汚れていたら紙でふき、油が少なくてくっつきそうなら油を少し足して次を焼きます。お皿に盛りつけソース、かつお節、マヨネーズ、青のり等トッピングします。

キッチンメモ

豆腐を加えたお好み焼きです。
豆腐は水切りせずに使い、豆腐に水分があるので粉に加える水は少なめにします。
最後様子を見て生地が粉っぽそうなら水を足してください。

今回は豚を乗せて焼きました。
短時間で焼こうとすると、焦げやすく、生焼けになりやすいので、じっくり目に焼いてください。

作り方を写真で説明

豆腐お好み焼きの生地

豆腐お好み焼きの生地です。
写真ではネギの代わりにニラを加えています。

豚を広げる

流した生地に豚肉を広げます。
一枚一枚なるべく重ならないように広げます。

こんがり焼けた豚のお好み焼き

裏返して豚の面を下にして豚もこんがり焼きました。
ひっくり返してあとはお皿に取ってトッピング。

お好み焼きの基本的なポイント

粉に水を加えて、生地を混ぜる時は、グルグル混ぜ過ぎないこと。
グルテンが出るとふんわりと焼けません。
生地に具を加えてからも混ぜすぎないこと。

野菜を生地に加えてから時間がたつと野菜の水分が生地に出てきます。
野菜を生地に加えたらすぐに焼くようにします。

焼くときにヘラやフライ返しで上からギューっと押さえつけないこと。
押さえつけるとふっくら焼けません。

お好み焼きに加える出しについて

出しが入るとお好み焼き生地は、おいしくなります。
市販の出しの素を少々加えてもいいし、水のかわりにだし汁を使っても。
マジカルキッチンでは干ししいたけ、昆布、かつお節などをミキサーにかけた自家製のだしの粉を使っています。

天かす、エビからも出し、うまみが

アミエビ

お好み焼きに加える天かすや、桜エビ。
桜エビのほかに、アミエビという、エビもよく使っています。
このエビは小さくてリーズナブル。

エビや天かすからも出しや旨みが出ます。
お肉やシーフードなど入れない生地の時には、多めに加えるとおいしくなります。

自家製だし粉

市販の出しの素の代わりに「いりこの粉」「かつお粉」「昆布の粉」「しいたけの粉」をブレンドしたものを使ってます。
作り方はミキサーやミルサーにいりこや、削り節、昆布、干ししいたけを入れて粉にするだけ。大きなものはキッチンハサミでカットして小さくしてミキサーに入れます。
これで自家製のだしの粉末が出来上がり。

安心、安全の手作りだしです。
もちろん、お好み焼きだけでなく、普段の料理に使えます。
保存はフタのできるビンに入れて、冷蔵庫で。

豆腐お好み焼きと同じ材料で作れる料理

材料: その他漬物| キャベツ| 薄力粉・中力粉| 豆腐| 豚肉|

材料大分類:|穀類|缶詰・漬物・加工品||豆・大豆製品|野菜|

豆腐お好み焼きと同じジャンルの料理

ジャンル: