食品重量の目安便利表

計量スプーン お菓子作りtips
スポンサーリンク

料理をするのに、はかりがない。
レシピにはグラムで書いてある
さぁどうしようってことありませんか?
そんな時は、計量スプーンや計量カップでクッキング。

例えば普通の上白糖の砂糖なら計量スプーン大さじ1が9g
薄力粉のカップ1は110gです。
はかりがなくてもおおよその分量がわかります。

今回のマジカルキッチン料理お菓子のTips。
食品の重さを計量スプーン、カップに換算した便利表を紹介します。

ただし注意する点は、同じ粉でもぎゅっと詰めた時と、ふんわり詰めた時とでは重さが違ってきます。
醤油を計量スプーンではかる際も意外と人によって多かったり、少なかったりの誤差があるんですよ。
湿り気でも若干差が出てくるので目安としてお使いください。

また、食品のメーカーによっても多少誤差があります。(たとえば、粉ゼラチン)

便利な換算表の他にも正しいはかり方や豆知識、はかりについて紹介します。

スポンサーリンク

正しいはかり方

まず基本中の基本。
レシピに大さじ1や小さじ1と書いてある時。
ティースプーンやカレースプーンではかるのは間違い。
大さじ、小さじの計量スプーンではかります。

計量スプーンを使う時は、「すりきり」ではかります。
砂糖や塩などを一度計量スプーンで山盛りにすくいます。
平らな棒で砂糖や塩など盛り上がった部分を平らにならします。
これが大さじ1や小さじ1になります。

計量豆知識

覚えておくと役に立つかもしれない、計量に関する豆知識です。
お米とはかりに関することも。

  • アメリカの計量カップは1カップ250ml
  • 塩ひとつまみは、親指と人差し指、中指でつまんだ量。約1g程度。
  • 塩少々は、親指と人差し指でつまんだ量。
  • お米のカップ1(1合)は180ml
  • ご飯、ご飯茶碗1膳で約150g
  • 米1合は150g、200mlカップなら170g
  • レモン1個から取れる果汁は約40~50ml
  • 卵Lサイズの正味の重さは60g、卵Mサイズなら正味50g

計量スプーン・カップによる食品の重量目安便利表

粉類

粉類小さじ1(5ml)大さじ1(15ml)カップ1(200ml)
強力粉・薄力粉3g9g110g
全粒粉3g9g100g
片栗粉3g9g130g
コーンスターチ2g6g100g
パン粉1g3g40g

甘味料

甘味料小さじ1(5ml)大さじ1(15ml)カップ1(200ml)
砂糖(上白糖)3g9g130g
グラニュー糖4g12g180g
粉砂糖3g8g100g
黒砂糖3g9g120g
蜂蜜7g21g280g
ジャム7g21g250g
コンデンスミルク7g20g

油脂

油脂小さじ1(5ml)大さじ1(15ml)カップ1(200ml)
バター4g12g180g
サラダ油4g12g180g
ごま油4g12g180g
オリーブオイル4g12g180g

調味料

調味料小さじ1(5ml)大さじ1(15ml)カップ1(200ml)
食塩6g18g240g
あら塩5g15g180g
味噌6g18g230g
しょうゆ6g18g230g
酒・酢・水5g15g200g
みりん6g18g230g
ウスターソース6g18g240g
中濃ソース7g21g250g
豆板醤・コチュジャン7g21g
わさび・からし・粒マスタード5g15g
カレー粉2g6g
すりごま・いりごま2g6g
練りごま6g18g
スポンサーリンク

乳製品

乳製品小さじ1(5ml)大さじ1(15ml)カップ1(200ml)
牛乳・豆乳5g15g210g
ヨーグルト5g15g210g
スキムミルク2g6g90g
生クリーム5g15g200g
粉チーズ2g6g90g

凝固剤・ふくらし粉(ベーキングパウダー、ゼラチン、イースト等)

凝固剤・膨らし粉小さじ1(5ml)大さじ1(15ml)カップ1(200ml)
重曹4g12g
ベーキングパウダー4g12g
インスタントドライイースト3g9g
粉寒天3g9g
粉ゼラチン3g9g

嗜好品(抹茶、コーヒー、ココア、シナモン)

嗜好品小さじ1(5ml)大さじ1(15ml)カップ1(200ml)
抹茶2g6g
コーヒー・ココア2g6g
シナモン3g9g

おすすめのはかり、イマイチなはかり

大さじや小さじを使ったほうが便利な時もあれば、はかりを使ったほうが便利な時もあります。
慣れれば「はかり」の方が案外便利。
練りごまや蜂蜜なんかも計量スプーンではかりにくいので、「はかり」を使ったほうが楽なんです。
あと、大さじ、小さじのスプーンが汚れないから洗い物が減ります。

  • 使い勝手のいいはかりは、デジタルがおすすめです。
  • 最大1キロより2キロはかれるもの。
  • 風袋引機能がついているもの。(容器の重量を引いて、測りたい物の重量のみがはかれます。)
  • お菓子作りやパン作りをされる方は、0.1~0.5gはかれるもの。(細かい分量がはかれて便利です。)

使い勝手の悪かった「はかり」を紹介します。
おもちゃのようなはかり。小さくて見た目はかわいかったのですが。
粗品でもらったもので、デジタルではなく、目盛りが見にくかったです。

デジタルでソーラー式のはかり。
電池交換いらずでとても便利だったのですが。
暗くなると数字がパッと消えてしまうのが不便でした。
覗き込むと顔で陰になってはかった数字が消えてショック。