餅とチーズのもんじゃ焼き

餅とチーズのもんじゃ焼き、土手を作ってかき混ぜて
餅とチーズのもんじゃ焼き
スポンサーリンク
MagicalStory

熱々、フーフーが、美味しいね
鉄板で食べるの、最高だね
混ぜ混ぜするのが、楽しいね
土手を作るの、面白いね
みんなで食べるの、うれしいね

もんじゃ焼き、また作ろうよ
今度は何入れる?

会話が弾むの素敵だね

料理ジャンル

器具:

季節: /

国・地域: /

レシピキーワード:

ゆるい生地をキャベツ他の具の土手に流し入れて焼くもんじゃ焼き。
チーズと餅を使ったもんじゃやきです。

スポンサーリンク

材料

  • 薄力粉 ・・・40g
  • 水 ・・・約500ml
  • だし粉 ・・・少々
  • ウスターソース ・・・大さじ1と1/2
  • キャベツ ・・・350g
  • 紅ショウガ ・・・大さじ1
  • 切り餅 ・・・2個
  • ピザ用チーズ  ・・・50g
  • あればアミエビ ・・・大さじ1
  • あれば蒸し鶏 ・・・60g

作り方

  1. キャベツはみじん切りに。紅ショウガもみじん切りにします。切り餅は1センチ角程度に切ります。 蒸し鶏も角切りに。
  2. ホットプレートを200℃に熱しサラダ油を薄く塗り、 具(餅、チーズ、紅ショウガ以外)を入れてヘラで広げ炒めます。
  3. ヘラを使って具を寄せドーナツ状に土手を作り、 土手の中に生地(生地は直前にボウルに粉、だし粉、水、ウスターソースを混ぜる)を流し入れます。
  4. 煮立てばヘラで広げ具と生地を混ぜ合わせ、餅、チーズも加えます。全体を広げては混ぜることを繰り返し、火が通って焦げ目がついてくれば紅ショウガなどをトッピングします。

キッチンメモ

お好み焼きに似てはいるけど、結構違う、それが【もんじゃ焼き】
水分の多い生地で見た目ドロドロ、そして焼きながら食べるユニークな粉ものです。

お餅とチーズでモチモチとろ~りなもんじゃ焼きです。
他の具は家にあるものを使いました。
だし粉を入れずにかつお節の粉を加えてもOKです。

餅は角切りにして加えます。
今回は薄切り(厚みが半分程度)餅を使ったので、適当な大きさに切って使ってます。

上の写真のキャベツのみじん切りはかなり細かめ。
普通は粗みじん切り程度にしてください。
細目の千切りでもOKです。

あれば天かすもいれてください。
お好みで青のりをトッピングしても。

麺、豚肉を加えたり、キムチ、ベビースターラーメンを加えて作るのもよく聞きます。

餅と明太子ももんじゃ焼きの定番です。

家庭のホットプレートで作る際の注意点。
金属製のヘラでガシガシ強くやるとプレートが傷む場合もあります。

もんじゃ焼きは東京下町生まれ

もんじゃ焼きは東京の下町の郷土食。
水分の多いゆるい生地(かなりシャバシャバ)が特徴です。

駄菓子屋さんが発祥とされています。
「文字焼き」
生地で文字が書ける「文字焼き」がなまってもんじゃになったとか。

具で土手を作って混ぜながら焦げ目がつくくらい焼きながら食べます。
お店で食べる際は金属製の小さなヘラを使います。

お好み焼きって会話が弾む

お好み焼きやもんじゃ焼き。
ご当地の味、その過程によってもいろいろなバリエーションがあります。

家族や仲間で、ホットプレートを囲んでお好み焼きやもんじゃ焼き。
子どもの頃どんなお好み焼きを食べた?
なんて話をすると、会話がつきません。
広島風VS関西風にモダン焼きにもんじゃ焼き。

近所のお好み焼き屋さんのあの味が好きだったとか。
家で作る特製のお好み焼きの話。
冷凍のお好み焼きはどこが美味しい?
お好み焼きのカットは、ピザ風か格子状か。
などなど語っているとついつい熱くなりますね。

スポンサーリンク

お家で外食メニュー

たまにの外食は楽しいけれど、頻繁にとなると家計が心配。
そんな時はおうちで外食メニューを楽しんで節約しちゃいましょう。

今回のもんじゃもそう。
家で作ると割と安めに作れるのに、外食すると結構かかる。
お好み焼きもそうですよね。
スーパーの総菜コーナーのお好み焼きだって結構します。

お好み焼きやもんじゃは、具は基本家にあるもので。
余り物や残り物活用してもOK。
粉とキャベツは安い!

ホットプレートにたこ焼きプレートがあるなら。
たこ焼きも家で作ってみてください。
コツを覚えると簡単に作れますよ。

お家で外食風。
他におすすめは、ステーキ皿やスキレットで料理を楽しむこと。
いつものメニューもステーキ皿に盛りつけただけで外食風に。

チーズが溶けたり、卵を落としたり。
ジュージュー音もご馳走です。
初期投資と収納場所の手間はありますが、おすすめです。

マジカルキッチン流お餅の食べ方

一番簡単なのは焼いて食べたり、レンジで柔らかくして食べること。
スープに入れて食べるのも簡単手間なし。

その次は、サイコロに切ってお好み焼きやホットケーキ生地に入れて食べる。
炒めものに入れたり、ピザに乗せたり。
餅グラタンもカットして入れるだけなので簡単。

あ、少し手間がかかりますが、お餅をフライパンで焼いてピザ台を作って作るお餅のピザもいいですね。

ちょっと手間がかかるのは、一度お餅をレンジにかけて柔らかくしてから加工するタイプ。
大福を作ったり、おからパウダーを加えてみたり。
普通のお餅に飽きたらお試しください。

マジカルキッチン料理の食材

マジカルキッチン季節の特集

マジカルキッチンお正月、年末年始
お正月、冬休み。新しい年2020年がやってきました。新年の行事にちなんだレシピとコラムをお届けします。マジカルキッチン年末年始特集。おせちに飽きたら食べたいものは?お餅を使った料理やおやつ。小豆あんや...

マジカルキッチン料理のTips

お正月料理や食材を美味しくリメイク術5選

お正月、餅やおせちなどなど作り置きした料理が余るなんてことありませんか。
そんなお正月に余りがちな料理や食材を美味しくリメイク。

受験シーズンに成績も気持ちも上にのび~る

受験生のおやつや軽いご飯にお餅はいかが。
お餅と受験、マジカルキッチン流語呂合わせです。
『成績も気持ち(モチ)も上にのび~る』

お餅は日本の伝統食、もともと縁起のいい食べ物です。
消化が悪いイメージのあるお餅ですが、実は消化はいいのです。

マジカルキッチン季節の特集

マジカルキッチン受験生応援レシピ特集
頑張る受験生を食で応援、語呂合わせレシピ、温かいおやつ軽食、夜食レシピ紹介