ニンジン1本入りお好み焼き、お好み焼きなら自然と食べられる。

にんじんお好み焼き


主な食材: , , , , ジャンル:
器具: 季節:

ニンジン1本入りのお好み焼き、お好み焼きは野菜たっぷり摂れるのがうれしい。
お好み焼きのコツやフードプロセッサー、自家製粉だしに関するコツも紹介。

にんじんお好み焼き

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 25分 分量: 3枚分

材料

  • 薄力粉 ・・・100g
  • 卵 ・・・2個
  • 水 ・・・約160ml
  • だし粉 ・・・少々
  • 塩 ・・・少々
  • キャベツ ・・・200g
  • 長ネギ ・・・1/3本
  • にんじん ・・・小1本
  • 桜エビ(アミエビ) ・・・大さじ1と1/2
  • 天かす ・・・大さじ2

作り方

  1. ボウルに粉、だし粉、塩を入れて、水を加えて混ぜ合わせ生地を作っておきます。
  2. ニンジンは適当な大きさに切り、フードプロセッサーで細かめに刻み、適当な大きさに切ったねぎ、ざく切りにしたキャベツをフードプロセッサーで粗めのみじん切りにします。(キャベツの固い部分はニンジンと一緒に細かめにする)
  3. 1のボウルに上の野菜、えび、天かす、卵を加えて混ぜます。(混ぜすぎない)
  4. フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、生地を丸く流しいれます。
  5. フタをして中火で約3分焼き、焼き色をつけ、裏返して約1分半から2分焼き軽く焼き色を付けます。

キッチンメモ

にんじんが余っているときによく作るニンジンのお好み焼きです。
いつものお好み焼きを作るときに人参を加えます。

初めて作ったとき人参くささがどうかなと心配したのですが全然平気です。

フードプロセッサーを使わない場合は、ニンジンをおろし金ですりおろしを加えればOKです。


にんじんを活用した料理

焼きあがったニンジンのお好み焼きにトッピング。
マヨネーズ、ソース、青海苔、紅しょうが、かつお節など。
マヨネーズをかけるのがあいました。

今回はレシピのほかに、作り方を写真で説明。
フードプロセッサーでお好み焼きのメリット、注意点。
お好み焼きの基本的なポイント。出し粉についてなど書いています。

作り方を写真で説明

ボウルに粉、塩、だし粉を加える

ボウルに粉、塩、だし粉を加えます。

フードプロセッサーで刻む

フードプロセッサーで野菜を刻みます。
ニンジンとキャベツの固そうな部分は細かめに。
それ以外は粗目に刻みます。

にんじんお好み焼き生地完成

粉と水を溶いた生地に、刻んだ野菜、卵などを加え、にんじんお好み焼き生地完成。
混ぜすぎないことがポイントです。(混ぜすぎると生地に粘りが出て膨らまないため)

種を落として焼く

フライパンに生地を丸く落として焼きます。

火加減は中火から弱めの中火。
焦げないように注意しつつ、焼き色をつけるように焼く。

写真は玉ねぎ、ハムのお好み焼きです。

フードプロセッサーでお好み焼き

フードプロセッサーでお好み焼きの具を刻むと楽々です。
時短になったり、固いものが食べやすくなったり。
刻む際失敗もあるので、いくつか注意する点を書いてみます。

フードプロセッサーで時短

フードプロセッサーでお好み焼きの材料を刻むと楽々、そして時短。
刻む具が多いときに特に力を発揮してくれます。

固い食材も細かく食べやすく

固いものが食べにくいシニア世代へのお好み焼きにもおすすめです。
歯が弱くなるとお好み焼きのキャベツも食べにくいそうです。
キャベツもフードプロセッサーで手で刻むよりも細かめにします。

その他イカなど固い食材をフードプロセッサーで細かくすれば、
普段食べにくい食材もお好み焼きでおいしく食べられます。

イカのげそ天ぷらなんかも細かくしてお好み焼きに入れるとおいしいですよ。

フードプロセッサーでお好み焼きの注意点

注意したいのが、刻み過ぎ。
あっという間に細かく、おろした状態になるので気を付けます。

野菜がかなり細かくなると水分が出て、お好み焼きが焼きにくくなります。
基本、キャベツなどは粗目のみじん切りになるようにします。

ただし、上のようにシニア向けなどで食べやすさを考え、
野菜をかなり細かくしたいときは、状態に合わせて刻んでください。

その場合、フードプロセッサーで刻んだ野菜は水分が出やすくなります。
野菜を加えた生地を置いておくことでさらに水分が出てきます。

水分が多くなると生地が柔らかくなりすぎて、形が崩れやすく焼きにくくなります。
細かめに刻んだときは、その分粉の量をいつもの割合より増やすか、加える水分を減らすかして調節します。

お好み焼きの基本的なポイント

粉に水を加えて、生地を混ぜる時は、グルグル混ぜ過ぎないこと。
グルテンが出るとふんわりと焼けません。
生地に具を加えてからも混ぜすぎないこと。

野菜を生地に加えてから時間がたつと野菜の水分が生地に出てきます。
野菜を生地に加えたらすぐに焼くようにします。

焼くときにヘラやフライ返しで上からギューっと押さえつけないこと。
押さえつけるとふっくら焼けません。

お好み焼きに加える出しについて

出しが入るとお好み焼き生地は、おいしくなります。
市販の出しの素を少々加えてもいいし、水のかわりにだし汁を使っても。
マジカルキッチンでは干ししいたけ、昆布、かつお節などをミキサーにかけた自家製のだしの粉を使っています。

天かす、エビからも出し、うまみが

アミエビ

お好み焼きに加える天かすや、桜エビ。
桜エビのほかに、アミエビという、エビもよく使っています。
このエビは小さくてリーズナブル。

エビや天かすからも出しや旨みが出ます。
お肉やシーフードなど入れない生地の時には、多めに加えるとおいしくなります。

自家製だし粉

市販の出しの素の代わりに「いりこの粉」「かつお粉」「昆布の粉」「しいたけの粉」をブレンドしたものを使ってます。
作り方はミキサーやミルサーにいりこや、削り節、昆布、干ししいたけを入れて粉にするだけ。大きなものはキッチンハサミでカットして小さくしてミキサーに入れます。
これで自家製のだしの粉末が出来上がり。

安心、安全の手作りだしです。
もちろん、お好み焼きだけでなく、普段の料理に使えます。
保存はフタのできるビンに入れて、冷蔵庫で。

フードプロセッサーとハンディブレンダーのフードプロセッサー機能を使うコツ

いろんな材料があっという間にみじん切り、鶏や豚のミンチを作るのも得意なフードプロセッサー。
餃子、ハンバーグ、つくね、鶏団子をよく作っています。
他にはハッシュドポテトや大根餅、野菜を刻むのが本当に楽です。

使いこなすまでに少々コツがあったのでいくつか書いてみました。

フードプロッセッサーを使うコツ

便利なフードプロセッサーですが、使い始めは戸惑いました。
回しすぎて、お好み焼きのキャベツがあっという間に細かくなりすぎてビックリしたことも。
均一に刻めず、固まりが残ったりもしました。

全体的に均一に刻めないときは、一度止めて菜箸やへらで全体を混ぜて再度スイッチを入れると上手く回ります。
後は量を入れ過ぎないこと。

スティックタイプのハンディーブレンダータイプのフードプロセッサーについて

スティックブレンダー、ハンディブレンダーを呼ばれるタイプのブレンダー。
コンパクトでお鍋に直接入れてポタージュを作ることもできます。
機種によっては、刃と器を付け替えてフードプロセッサーになるものがあります。

マジカルキッチンで使っているものもそのタイプです。
使う上で気を付けた方がいい点があったので書いてみます。

使用可能時間が短い機種が多いので、説明書を見て確認。
使用可能時間を超えないように作業します。
超えると機体が熱くなり故障の原因になります。

上のフードプロセッサーのコツでも書いたように分量を規定以上入れると
回りにくくなり、刻めません。
たくさん刻みたい時は数回に分けています。

後、鶏の皮を入れると中心の棒にひっかかって回らないので、取り除いています。
無理に回すと故障の原因にもなるので注意したいですね。

にんじんお好み焼きと同じ材料で作れる料理

材料: にんじん| キャベツ| 桜えび| 薄力粉・中力粉|

材料大分類:|穀類|芋類・根菜類|野菜|魚介類|

にんじんお好み焼きと同じジャンルの料理

ジャンル: