フードプロセッサーの長所短所、こんな料理作れます

フードプロセッサー料理のtips
スポンサーリンク

買う?買わない?調理家電、フードプロセッサー。
買ったもののいつの間にか使わなくなるなんて話も聞きます。

結論から言うとフードプロセッサーは、野菜のみじん切り、ひき肉料理を作りたい人には、活用度大なキッチン家電です。

今回のマジカルキッチン料理の道具Tipsでは、フードプロセッサーで出来ること、実際に使っての長所、短所を紹介します。
フードプロセッサーを使うと台所ライフがこんな風に変わる、そんな様子もまとめました。

使う頻度が、週に2回あるなら、買って損はなし。

マジカルキッチンで現在使っているフードプロセッサー。
Panasonic「フードプロセッサー」MK-K48P

実際に使ってみて10ヶ月、PanasonicフードプロセッサーMK-K48Pの使い勝手の感想です。
購入前に迷ったこと、重視したこと、購入後のことを書きました。

パナソニック「フードプロセッサー」MK-K48Pをレビュー
Panasonic「フードプロセッサー」MK-K48Pはオーソドックスな据え置き型。
実際に10ヶ月使った感想、購入前に重視した条件など。
フードプロセッサーでできることまとめ
  1. みじん切りが時短(あっという間)
  2. みじん切りが早い、楽になる(材料は大まかに切るだけ)
  3. みじん切りを大量に作る時便利(うんざりしない)
  4. 家でミンチが作れる
  5. 野菜やきのこを混ぜ込んだハンバーグ、つくねが手早く作れる
  6. 魚介類をすり身にできる(つみれ、お魚ハンバーグが作れます)
  7. 柔らかい食事が作れるので離乳食、介護食作りに
  8. 旬の野菜の作り置き、冷凍保存用に(ミートソースやパセリの冷凍保存など)
  9. リメイク料理作りに便利(残った煮物等刻む)
  10. お菓子生地が作れる
  11. ナッツを粉、ペーストにできる(メーカーによっては不可)
  12. 水分を加えずに使用できる(ミキサーは野菜等をペーストにするとき水分が必要)

マジカルキッチンでは、フードプロセッサーを使うようになって、餃子、鶏つくね、鶏団子を作る機会が増えました。
手早く作れて台所仕事の時短に貢献。
野菜やきのこを刻むのも楽なので、ハンバーグ、鶏つくねや鶏団子に野菜を混ぜ込むのもお手の物です。

スポンサーリンク

フードプロセッサーって複雑?セット、洗う

基本的にフードプロセッサーの作りはシンプル。
本体、食材を入れる器、フタ、刃の部分が分かれるくらいです。
普段洗うのは、器とフタ、刃の部分です。
パーツが分解して洗えると清潔ですね。

だからセットするのも簡単。
操作も簡単。電子レンジのように色々ボタンはついていません。(機種によって違いはありますが)
誤動作防止の機能もあるので普通に使っていれば危険もありません。

フードプロセッサーの基本は刻む、ミンチ

フードプロセッサーで何ができる?
実はフードプロセッサーの機種によっても多少違いがあるんです。
この点は後回しにして、まずは多くのフードプロセッサーができる基本的な機能の説明です。

基本的に「刻む、ミンチ、すりつぶす」が得意です。

フードプロセッサーの刻む機能では、玉ねぎ、野菜をみじん切りにするのは大得意。
ピーナッツ、くるみを粉にしたりもできます。
食パンを細かくして、生パン粉を作ることも。
漬物、ニンニクを刻んだりするのも手でやるよりキレイに刻めて便利。

ミンチはその名の通り、ひき肉が作れます。
牛肉、豚肉、鶏肉がお家で安心にミンチに。
しょうがやニンニクも一緒に加えて作ったりも。
骨や皮は一緒にミンチにはできません。固すぎたり、筋が絡まったりします。

すりつぶす機能では、茹でた大豆やゆでたにんじん、かぼちゃを潰したりできます。
魚介類をすり身にしたりできます。
ごま、ピーナッツをペースト状にすることも。

メーカー、機種によっておまけ的機能が

機種によっては基本的な刻む以外のことも「おまけ」的にできるようになっています。Panasonicのフードプロセッサーでは、ドレッシング、マヨネーズ、オニオンソースなどもできます。

他にもたとえば部品(刃の部分)をかえて刻む以外の事ができます。
Panasonicのフードプロセッサーでは、ナイフカッターに加えておろし・とろろカッターが付属します。
付け替えれば、大根おろし、長芋のとろろができます。
上位機種ではさらに部品をかえてパンやうどんの生地がこねられます。
輪切りなどができるスライサーの機能つき機種もあります。

混同しやすいミキサー、ミル、ハンドミキサー

フードプロセッサーと似たような他のキッチン家電。
詳しくない方は混同してしまいそうです。
下に基本的に得意なことをまとめました。
メーカー、機種によってはその他の機能がおまけ的に付属する場合もあります。

  • 「フードプロセッサー」は刻む、ミンチが得意で多めに作れる。
  • 「ミキサー」は液体を混ぜるのが得意。(ポタージュスープ、スムージーやジュースなど、濾す機能はないので繊維入りのジュースに)
  • 「ハンドブレンダー」は、容器の中で液体を混ぜるのが得意。スムージーやポタージュスープ(多機能なタイプでフードプロセッサー兼用のものもあり、容量小さめのものも多い)
  • 「ミル」は固形物を粉にするのが得意。(ふりかけ、お茶の粉など作る)
  • 「ハンドミキサー」は泡だてが得意(卵白、生クリーム)
ミキサー買ったら何できる?選び方は?

マジカルキッチン料理お菓子のTips
ミキサーで何ができるのかの紹介、使い勝手、欠点。
ミキサーに似たミル、ハンドミキサー、フードプロセッサー等と比較。

電動ハンドミキサー

マジカルキッチンお菓子作りの道具Tips、電動ハンドミキサーについて紹介。
ハンドミキサーでできること、できないこと。
ハンドミキサーを使う注意点2つ。

スポンサーリンク

フードプロセッサーで禁止な材料できないこと

メーカーや機種によって禁止されている材料は違います、参考程度に。
大体どこのフードプロセッサーでも固いものは禁止。
あとは、Panasonicだと粘りのあるもの、泡立て、ジュース作りはできないと説明書にあります。
固いものというのは、たとえばコーヒー豆、乾燥したパン、干ししいたけ、昆布、乾燥した大豆、氷、冷凍した食品など。

粘りのあるものは納豆や長芋類など。

パナソニック フードプロセッサーの場合。
部品(刃の部分)をかえて長芋のとろろ、にんじんや大根、りんごをおろすことができます。

禁止されているものを使用することは、フードプロセッサーの故障に繋がります。
モーターや部品に負荷がかかります。

基本フードプロセッサーが得意なのは、食材を刻む作業です。

フードプロセッサーでこんな料理

  • 餃子や、肉まんの具
  • 鶏団子、鶏そぼろ、ピーマンの肉詰め
  • つくね、ハンバーグ
  • つみれ、お魚ハンバーグ
  • キーマカレー 、ミートソース、肉味噌
  • お好み焼き

マジカルキッチンではフードプロセッサーで「鶏つくね、鶏団子」をよく作ります。
鶏肉、ネギ、または玉ねぎ、卵、しょうが。

鶏つくね
甘辛醤油がたまらないつくねの照り焼き、フライパンで照りよく焼きます。
冷めてもおいしいから、お弁当にもぴったり、フードプロセッサーでの作り方のコツ、手順写真入りで紹介。

鶏、野菜、しょうがは適当な大きさにカット。
細かく刻む必要がないので楽です。
鶏、生姜をフードプロセッサーに一緒に入れて、ミンチにします。
ネギや他の野菜を入れて刻んで卵を入れて作ります。

鶏団子
シンプルな鶏団子、フードプロセッサーを使った作り方も紹介。
ベーシックな鶏団子だから、秋冬には大活躍。作りおきにも。
鶏そぼろ
時々妙に恋しくなるごはんの友、鶏そぼろ、定番おかず鶏そぼろの作り方です。
甘辛く煮付け、生姜の風味をきかせるのがポイントです。
玉ねぎ餃子
玉ねぎを加えた餃子、ほんのり玉ねぎの甘さが楽しめます。
余った餃子の具、皮の使いみちも紹介。

フードプロセッサーでお菓子作り

  • パイ生地
  • スコーン生地
  • 栗きんとん

お菓子の生地、バターを切って粉と混ぜる作業にも適しています。
つまり、パイ生地やスコーンの生地。

外国の料理番組を見ていると、フードプロセッサーでお菓子生地を作っている場面が結構登場します。

栗きんとんづくりもフードプロセッサーを使えば短時間でできます。

スポンサーリンク

フードプロセッサーで地味に便利にナッツ

  • くるみパウダー、ピーナッツパウダー
  • くるみ、ピーナッツを擦ってペーストにしたもの

メーカーによって出来ないものもあります。(禁止材料になっていたり、連続使用出来る時間が短いものもできません)
PanasonicだとナッツもOKです。
地味に便利、ナッツ類を粉状にしたり、ペーストにしたりできます。
野菜の和え衣に使ったり、お菓子作りにも使えます。

たとえば「くるみ」をペースト状にする場合。
フードプロセッサー購入前は、一度くるみをミキサーで粉々にしてから、すり鉢ですっていました。
結構時間のかかる作業です。
それがフードプロセッサーなら短時間なので楽させてもらってます。

フードプロセッサーでナッツをする

上の写真ほどすらずに、粉状にすることもできます。
粉にしたものも使い道色々。
瓶に詰めて保存してます。

カシューナッツペースト

こちらはカシューナッツをペースト状にしたものです。
濃厚でうま味のあるナッツの味がします。

ブールドネージュ
さくさくのクッキーはアーモンドプードル入り
まぶした粉糖も、粉雪みたいな、はかなさで溶けていきます。

アーモンドプードルのかわりにくるみを粉にしたりもので作っても美味しいクッキーができます。

くるみは近所のお店で買うよりネット通販の方がリーズナブル。
楽天市場のナッツ専門店等で生くるみ1キロ程度ずつ購入しています。
月に一度買うので、○○以上送料無料の店舗を利用するのが面倒で、送料無料のお店を選んでいます。

GLOBAL GARDEN
オーケーフルーツ

料理やお菓子のバリエーションを増やしたいなら本

フードプロセッサーを使ったメニューのバリエーションをもっと増やしたい。
付属のレシピブックでは物足りない。
そんな時はフードプロセッサーの本がおすすめです。
あ~こんな使い方あるんだとか、この作りおき作ってみたいなど参考になります。
フードプロセッサーお菓子も紹介されている本も多いです。

フードプロセッサーで台所がこんな風に変わった

フードプロセッサーを使ってから年数経ちました。
みじん切りの時短はもちろんですが、リメイク料理を作ったりと台所ライフは少し変わりましたよ。

リメイク料理作りにお役立ち。
余った料理、例えば煮物などをフードプロセッサーでみじん切りにしてしまいます。
こんにゃく、ごぼう、にんじん、たけのこなどなど。
お好み焼き、卵焼き、混ぜご飯、炒飯に具として混ぜてリメイクすれば、違った気分で食べられます。

煮物お好み焼き
こんにゃく、ゴボウ、にんじんなど余った煮物をお好み焼きにリメイク。
気づかぬうちに食べられます。フードプロセッサーでお好み焼きのコツなども紹介。
リメイク料理アイディア術

余りがちな食材、料理を変身させて気分一新もう1品。
リメイク料理術、おすすめテクニック
調理法別おすすめリメイク
食材別リメイク術、具体的例を紹介。
お鍋のリメイクは計画的に。

旬の野菜を使って、食べきれない食材を使って。
作り置きや冷凍保存も作りやすくなります。

また、お年寄り、離乳食などに柔らかい食事を提供したい場合にも便利。
イカなどの魚介、野菜など固いものを細かく刻むのも得意。
お好み焼きを作るのも、柔らかめのお好み焼きが作れます。

フードプロセッサーでお好み焼き
マジカルキッチン料理のTips、フードプロセッサーでお好み焼きの具を上手に刻むコツを紹介します。
刻み過ぎに注意して、時短クッキング。

フードプロセッサーで作り置き、冷凍保存も

旬の野菜は栄養価が高く、豊富に出回ってしかもリーズナブル。
家庭菜園でたくさん採れるなんて場合もあるのでは。
そんな旬の野菜を、フードプロセッサーで刻んで料理、作り置き。
冷凍しておけば、旬の味が楽しめます。

普段イチから作るのが大変なミートソースなども多めに作って冷凍保存。
玉ねぎ、セロリ、他の野菜を刻んで炒めたものも冷凍保存しておくと、スープの具にちょうどいいのです。

冷凍保存用の袋に入れて、薄くペタンコにして保存すると場所をとりません。

たとえば春の楽しみ、よもぎだんご作り。
摘んできたよもぎをゆでて、包丁で刻み、更にすり鉢で擦って細かくして、団子生地に混ぜて作ります。
このすり鉢でするという作業が大変。
フードプロセッサーで作ると楽でした。

簡単草だんご
田舎の春を感じさせてくれる草だんご。
摘んできたよもぎをゆでて作ります。お豆腐入りで冷めても柔らかタイプのお団子です。
細かくしたよもぎ

よもぎは 多めに作ったので、冷凍保存しておだんごや蒸しパンに使います。

豆腐とよもぎを混ぜる

豆腐とよもぎを混ぜてお豆腐入りの柔らかい草だんごに。

フードプロセッサーの欠点

今までフードプロセッサーの便利な点を書いてきました。
今度は実際に使ってみて不便な点、不満な点を書いてみます。

しまい込むと、使わなくなる

フードプロセッサー使いたい時にさっと使えない、わざわざ取り出すのは面倒で結局使うのを諦めることも。
すると、だんだん使わなくなってしまいます。
台所の見える場所、すぐに使える場所においておく。
フードプロセッサー使いこなしのコツ、まずは出しっぱなしにしておくこと。

収納場所に困る

出しっぱなしと言っても、その場所を探すのに苦労します。
フードプロセッサーは、炊飯器やオーブンより小さいキッチン家電ですが、それでも台所で場所を取ります。
購入前に置き場所を確保しておかないと置く場所に困るかも。

スポンサーリンク

加減がわからないと思い通りできない、均一にできない

フードプロセッサーを使い始めて加減がわからなかった頃驚いたこと。
あっという間に細かくなることです。
あっという間に出来るのはフードプロセッサーの利点ですが、細かくなりすぎるんです。
(機種によっては粗挽きモードや低速モードがあります。)
初めて使った時は驚くほどでした。
白菜のみじん切りを作りたいのに、やたら細かくおろし白菜のようになって、水分も出てしまいました。

あともう一つの問題です。
材料が少なくても、入れすぎても均一に刻めない、空回りするなど。
これらもコツを覚えると改善されます。

短時間ずつスイッチを入れたり切ったりする。
適切な量の材料を入れる
慣れないうちは、思ったようにならないこともありました。

マジカルキッチン料理のTips別記事にて、フードプロセッサーで上手に刻むコツを書いています。フードプロセッサーでの悩み事を解決。
使い方のコツ、均一に刻めない、故障させない使い方、実践つくね種作りなど。

フードプロセッサーのトラブルお悩み解決
マジカルキッチン調理器具Tips、フードプロセッサーについて。
使い方のコツ、均一に刻めない、故障させない使い方、実践つくね種作りなど。

細かいところの掃除がやりにくい

普段の掃除は結構簡単。
部品数も多くないので、さっと洗えます。
でも時々細かい部分に汚れがついて、落としにくいのがイマイチです。

落としにくい汚れが付いたときは、水に洗剤を入れた中に部品をつけておいて、つけ置き洗い。
汚れが落ちやすくなります。

フードプロセッサーは一生ものか?

フードプロセッサーは一生モノ?
一度買ったらずっと使える?壊れやすい?
それも購入前には心配ですよね。

機械ものなので 正直当たり外れがあります。
個体差があるとは思いますが、本体のモーター、金属やガラスの部分は意外と丈夫です。
しかし、プラスティック部分は、だんだんと摩耗したり、破損します。
その場合は基本的には部品を取り替えて使い続けるようになります。

ちなみにミキサーやハンドミキサーも長年使い続けて全然壊れません。
この手の調理器具はわりと丈夫なんだと思います。
でもプラスティック製の部分が変色したりと見た目古くなってきました。

テスコムのハンドブレンダー体験談

以前使っていたテスコムのハンドブレンダーにフードプロセッサーの機能がついた兼用タイプの話。
ハンドブレンダーの機能は8年使用でも問題なく使い続けてます。
フードプロセッサー機能で使うプラスティック製の部品のいくつかが7年で使用不可に。
残念でしたが、毎日のようにお世話になって、頑張り続けてくれて感謝です。

部品が取り寄せできるか、テスコムのHPで探しましたが、古過ぎて取り寄せ不可のようでした。

どこのメーカーでも部品は取り寄せ可能です。
でも、古い機種になるとメーカーに部品がなくなるようです。
また交換する部品によって値段が違ってきます。刃の部分などは高め。
Panasonicの場合、部品の取り寄せ期間は、製造打ち切り後6年だそうです。

先程のテスコムのハンドブレンダー、故障したもののハンドブレンダー機能は使えるので、いまだ使用してバナナジュース等作ってます。
フードプロセッサーが使えなくなり不便。
結局、フードプロセッサー機能だけ欲しくなり、据え置き型のPanasonicのフードプロセッサーに買い替えました。

おろし・とろろ機能は使わないかも

フードプロセッサーもメーカーや機種によっては、刃をかえて、おろしができたり、スライスができたりします。
大根おろし機能を試してみたところ。
たしかにボタン一つで楽におろせました。
ただ少量作るなら、手動でおろし金を使った方がいいような気がして、使わなくなりました。
フタと刃、容器を洗うよりは、おろし金だけ洗うほうが楽で。

フードプロセッサーの長所短所を書いてきました。
これなら活用できそうと感じたら、思い切って購入してみてください。
マジカルキッチンの場合は、もっと早く使えばよかったと感じてます。

パナソニック「フードプロセッサー」MK-K48Pをレビュー
Panasonic「フードプロセッサー」MK-K48Pはオーソドックスな据え置き型。
実際に10ヶ月使った感想、購入前に重視した条件など。