1. TOP
  2. 料理のtips
  3. リメイク料理アイディア術

リメイク料理アイディア術


カテゴリー: 料理のtips料理のコツ・アイディア
鶏唐揚げ卵とじ丼

マジカルキッチン、特集リメイク料理レシピコーナー。


リメイク料理

マジカルキッチン料理レシピの中で余りがち食材を使ったもの
残り物等をリメイクしたレシピにタグをつけて紹介しています。

今回の料理のTipsリメイク料理術の目次

飽きてしまったおかず、常備菜。
冷蔵庫の片隅に忘れられがちな食材を変身させて気分一新もう1品。
リメイク料理術、おすすめテクニック
調理法別おすすめリメイク
食材別リメイク術、具体的例を紹介。
お鍋のリメイクは計画的に。
お正月に余りがちな料理食材、節分の豆もリメイク。

リメイク料理術、おすすめテクニック刻む

細かく刻んで元の存在感をなくすこと。
これで元の料理の見た目がわからなくなります。

色々な料理に混ぜて気分一新食べられます。
フードプロセッサーをお持ちの方はぜひ活用を。

調理法別、おすすめリメイク

卵とじやオムレツ、炒飯、お好み焼き、スープ等
おすすめのリメイク調理法を紹介。

卵とじでボリュームアップ

卵とじってあったかくてホッとする味。
ご飯に乗せれば卵どんぶりになりますね。

フライもの、揚げ物、昨晩のお肉、缶詰等余れば卵とじに。
厚揚げ、豆腐、きのこを加えてかさましもOK。
卵とじにすることで、少ないメイン食材もボリュームアップ。
そしてヘルシーに。

卵焼き、オムレツに混ぜてリメイク

きのこの佃煮、野菜に練り物。
残ったハンバーグを崩して。
麺類、ご飯のおともの常備菜もOK。

少しずつ半端に残った食材、おかずを卵液に混ぜて焼けば
みんなの好きな卵焼きや洋風のオムレツに。

炒飯でリメイクランチ

残り物、余り物で炒飯よく作ります。
ひじきの煮物、漬物、鮭フレーク、納豆、缶詰などで。

和風の食材も、にんにくを入れて油で炒めることで雰囲気が変わって また新たなおいしさ発見。

お好み焼きになんでも混ぜて

お餅、キムチ、じゃがいも、チーズ、残った総菜に煮物、乾物。
刻んで焼いてソースをかければできあがり。

天ぷら、フライ類は刻んで加えれば、揚げ玉代わりになるのでおすすめです。

野菜入りつくね、ハンバーグにリメイク

こちらも余った野菜、ひじきの煮物等を加えて焼けば 簡単に野菜入りのつくねや乾物入りのハンバーグが完成。

スープ、ポタージュスープで残りもの一掃

少しずつ野菜が残ったときは、スープに。
ゴボウも煮込めば、なめらかポタージュスープになります。

余りがちな食材別リメイク攻略

残り野菜、漬物、ご飯のとも、煮物。
調味料、餃子の皮、缶詰、残ったカレー、冷やご飯

冷蔵庫の残り野菜

少しずつ野菜が残ったら、野菜の甘酢漬けはいかが。

ポタージュスープやミネストローネ等スープにするのもよくやります。

野菜の捨てる部分でもう1品。
ブロッコリーの茎、カリフラワーの茎の部分。
一緒にゆでて炒めれば、1品です。

香味野菜、ネギ、生姜の皮、パセリの軸、セロリの葉、固い部分はスープを取るときに使います。
パセリの軸などは冷凍庫にためておいて、スープを取る時に使えます。

セロリの葉の部分も炒めて醤油、ちりめんじゃこやかつお節をかければセロリの佃煮。

鶏皮

皮を取り除いて料理すると、鶏皮があまります。
数枚分まとめて料理したいので冷凍保存して使ってます。

カリカリに炒めて、もう1品。
スープやなべ物に加えると、いいだしに。

漬物類

なんとなく残りがちなキムチ、らっきょう、高菜漬けなど漬物をリメイク。
塩気と旨みがあるので、調味料代わりにも。
おすすめは、卵焼き、スープ、あえもの、炒め物、焼きそば、パスタ。

特に酸味のある漬物、ザワークラウト、キムチは油で炒めること。
スープにすることで酸味がやわらぎます。
その際に卵を加えるとさらにマイルドになりますよ。

酸味の出た白菜の漬物も美味しく炒飯にリメイク。

ラッキョウは玉ねぎの代わりに使えます。
タルタルソースを作ったり
ドレッシングを作るのにも便利です。

ご飯のとも

なめ茸、佃煮など

トーストにのせて和風トーストに。
バターやマヨネーズ、チーズをのせて焼いてます。
和え物、パスタにするのもおすすめです。

ひじきの煮物、煮物

ひじきの煮物は、リメイク料理の王様。
残り物と言うよりは、わざと多めに作って使いまわすのがおすすめ。
ハンバーグの種に入れたり、お寿司、混ぜご飯、炒飯、パスタに。

オリーブオイルを使ったり、にんにくを加えると洋風になります。
リメイクしたいおかずナンバー1、便利な常備菜ひじきの煮物

冷凍保存も可能

煮物も刻んでリフレッシュ。
混ぜご飯や簡単お寿司、お好み焼き、ハンバーグ、つくねにリメイクできます。

調味料

あまり使わずにいつまでも減らない調味料たち。
柚子胡椒、オイスターソース、カレー粉
チリソース、ナンプラー、豆板醤などなど
こんな方法で使ってみませんか。

マヨネーズと混ぜて使ってオリジナル調味料に。
サラダはもちろん、カルパッチョ、サンドイッチ、蒸し料理に。

麺類に使う。
焼きうどん、焼きそば、スパゲッティにもよく使っています。
カレー粉とソースを一緒に使うのもおすすめです。

ナンプラーは醤油のかわりに、ドレッシング、南蛮漬けのタレに醤油のかわりに使っても。

餃子の皮、春巻きの皮

スープやなべ物に加えればワンタンの皮風に。
フライパンでパリッと揚げたり焼けば、おやつになります。

マジカルキッチンリメイク料理特集コーナー

餃子の具、ハンバーグ、つくね種

お肉や玉ねぎ、ねぎなどが入っていると考えて。
卵に混ぜて卵焼き、オムレツ。
スープの具としても活躍します。
生でも完成品でもリメイク可能です。

ツナやサンマのかば焼き缶詰など魚の缶詰

白菜や大根等と煮る。
ニンジンときんぴら風に炒める

卵焼きに加える
酢の物や春雨サラダに加える
味つきの缶詰の場合、甘さや独特の風味が気になるので
酸味でさっぱりさせたり、酒、柑橘の風味を加えると気になりません。

レトルトカレーや昨晩のカレー

焼きカレーやカレードリア。
だしを足して、カレーうどん。

オムレツやオムライスのソースにも。

パンにカレーとチーズやマヨネーズ、トーストすればカレートースト。

半端に余ったミートソース

ドリアやグラタンに使えます。
食パンに塗って具をのせてピザトースト風にも。
オムライスやオムレツのソースとしても。
ミートソースが足りないときは、トマトケチャップを足してやります。

残りご飯

基本雑炊、ドリア、炒飯がおすすめですが
それ以外にポタージュスープのとろみづけに活用したりも。
裏技的にご飯入りの食パンがホームベーカリーで焼けます。

麺類、そうめん、スパゲッティなど

こちらも半端に余りがちな食材ですね。
卵焼きやお焼きに入れて焼く、スープに加える、グラタンにリメイク。
卵焼きは野菜も麺、ツナ缶やソーセージを加えてジャンボオムレツにしています。

固くなったパン

クルトン、ラスク、ホットサンド、フレンチトーストがおすすめ。
ホットサンドはロールパンでも作れます。
パンの耳でパン粉作り、ミキサーにかければあっという間。

鍋物は作る前から計画的に

鍋物を次の日味をかえて美味しく食べるためには。
味を薄目から濃い目にリメイクしていくのがポイントです。

たとえば初日シンプルに和風の鍋物、次の日トマト缶詰を加えてトマトスープ。
味が薄いようなら、コンソメを足して。
ソーセージ等も入れるといいですね。

トマト味からさらにリメイクするなら、カレールーを加えてトマトカレーに。
スパゲッティの乾麺を半分に折って一緒に温めればミネストローネ風に。
スパゲッティ、豆乳、カレーを加えてもまた違った味に。
マイルド豆乳カレーパスタスープです。

リメイク前の鍋物は一度に全部味をつけずに、初めから2等分するのもアイディア。
鍋2つそれぞれ違う味つけにします。
たとえば一つはみそ汁に。
もう一つはシチューになどにしています。

お鍋のリメイク、冬は多めに作ってリメイクしていますが。
夏場は傷みやすいのでおすすめしません。

お正月に余りがちな食材・料理

お正月、おせちなどなど作り置きした料理が余るなんてことありませんか。 そんなお正月に余りがちな料理や食材を美味しくリメイク。

お煮しめは刻んでしまいましょう。
お好み焼き、炊き込みご飯、混ぜご飯、お正月らしくおこわにも。

かまぼこは洋風や中華サラダにすると気分がかわります。

飽きてしまった紅白なますには、ハムやカイワレ等を加えてオリーブオイルかごま油を

餅は角切りにして、ピザ、グラタン、お好み焼きに。
角切りにしてこんがり焼いたものはスープの浮き身にもぴったりです。

節分に残りがちな炒り大豆

お米と一緒に炊いて大豆の豆ごはんに。

黒豆、きな粉、栗きんとんなどはお菓子作りTipsリメイクお菓子で紹介します。

マジカルキッチン料理Tipsリメイクお菓子術もあります

余りがち食材を使ってリメイクお菓子レシピ特集


リメイクお菓子