鶏そぼろ

基本の鶏そぼろの作り方、ご飯がすすむ味付けです。
鶏そぼろ
スポンサーリンク

料理ジャンル: /

器具:

季節:

場面:

国・地域:

レシピキーワード:,

時々妙に恋しくなるごはんの友、鶏そぼろ、定番おかず鶏そぼろの作り方です。
甘辛く煮付け、生姜の風味をきかせるのがポイントです。

スポンサーリンク

材料

  • 鶏胸肉 皮なし・・・1枚(200g)
  • 砂糖 ・・・大さじ1と1/2
  • 酒 ・・・大さじ2
  • みりん ・・・大さじ2
  • しょうゆ ・・・大さじ2
  • しょうが ・・・ひとかけ

作り方

  1. しょうがは、適当な大きさに刻み、鶏肉は脂と皮をとって一口大に切ります。
    フードプロセッサーに鶏としょうがを入れてミンチにします。
    (フードプロセッサーを使わない場合は鶏ミンチ、しょうがはすりおろす)
  2. フライパンか鍋にしょうゆ、砂糖、酒、水、しょうがの半量と鶏ミンチを加えて火にかけます。
  3. ポロポロになるように箸で混ぜながら中火にかけ、しょうがの残りも加え、汁気がなくなればできあがり。冷まして保存容器へ。

キッチンメモ

鶏そぼろはいつも作りたい定番おかず、そして泣く子も黙るご飯の友。
甘辛い味にご飯がすすみます。
今の時代、鶏そぼろのふりかけなんていうのもありますが、覚えてしまえば作るのは簡単です。
しょうがは多めに加えるのがポイントです。

作り置きしておけば、食卓にさっと出せます。
お弁当にももちろんぴったり。
卵と青菜、鶏そぼろで三色弁当をよく作ります。

鶏ミンチ作りもフードプロセッサーであっという間です。
最近はミンチを購入することなく家で作っています。
家で作ると安心感があるのもいいです。
残ってしまう皮も有効活用。すぐに使わない時は、冷凍保存。
何枚か分たまったら鶏皮料理を作ります。

アレンジとして高野豆腐を加えたヘルシー鶏そぼろもおすすめです。

電子レンジで簡単に作る鶏そぼろも。

作り方を写真で説明

鶏ひき、調味料を鍋に入れる

鶏ひき肉、調味料をすべて鍋に入れて、火にかけます。

菜箸を使って混ぜながら火を通す

菜箸4本を使って混ぜながら、火にかけます。
ほぐすように混ぜます。

フードプロセッサーを使うコツ

便利なフードプロセッサーですが、使い始めは戸惑いました。
回しすぎて、お好み焼きのキャベツがあっという間に細かくなりすぎてビックリしたことも。
均一に刻めないこともありました。

全体的に均一に刻めないときは、一度止めて菜箸やへらで全体を混ぜます。
再度スイッチ(短時間ずつ)を入れたり、切ったりして様子を見ます。

または量が多すぎるのかもしれません。
うまく回らない、ムラになる原因の一つが容量オーバー。

その場合は、量を減らしたり、回数を分けて作ります。
たとえば、ごぼう入りの鶏つくね
まず、ごぼう、玉ねぎを刻んで取り出し、 次に鶏ミンチを作ります。
鶏ミンチにごぼう、玉ねぎを加えて混ぜて生地を作ります。

注意する点をもう一つ。
フードプロセッサーは基本的に、あっという間に材料が細かく刻まれます。
細かくなりすぎないようにするには、フードプロセッサーのスイッチを数秒入れたり止めたりして様子をみながら刻みながら作ります。

故障の原因にもなるので、禁止されている材料は入れない。
連続使用可能時間をオーバーしないようにします。

詳しくはマジカルキッチンTips記事を参考にしてください。

マジカルキッチン、フードプロセッサーお役立ち記事

フードプロセッサーを活用したマジカルキッチンレシピ集です。

マジカルキッチン道具別レシピ:フードプロセッサーコーナー

マジカルキッチン調理器具Tipsにて、フードプロセッサーに関する情報。

フードプロセッサーで何ができる?どんな料理が作れる?
実際に使っての長所、短所を紹介してます。

フードプロセッサーの長所短所、こんな料理作れます
フードプロセッサーは、野菜のみじん切り、ひき肉料理を作りたい人には、活用度大。
今回のマジカルキッチン料理の道具Tipsでは、フードプロセッサーで出来ること、実際に使っての長所、短所を紹介します。

フードプロセッサーでの悩み事を解決。
使い方のコツ、均一に刻めない、故障させない使い方、実践つくね種作りなど。

フードプロセッサーのトラブルお悩み解決
マジカルキッチン調理器具Tips、フードプロセッサーについて。
使い方のコツ、均一に刻めない、故障させない使い方、実践つくね種作りなど。

実際に使ってみて10ヶ月、PanasonicフードプロセッサーMK-K48Pの使い勝手の感想です。
購入前に迷ったこと、重視したこと、購入後のことを書きました。

パナソニック「フードプロセッサー」MK-K48Pをレビュー
Panasonic「フードプロセッサー」MK-K48Pはオーソドックスな据え置き型。
実際に10ヶ月使った感想、購入前に重視した条件など。

マジカルキッチンで現在使っているフードプロセッサー。
Panasonic「フードプロセッサー」MK-K48P

定番【鶏つくね】レシピにてフードプロセッサーでのミンチ、つくね種作りを写真入りで紹介。

鶏つくね
甘辛醤油がたまらないつくねの照り焼き、フライパンで照りよく焼きます。
冷めてもおいしいから、お弁当にもぴったり、フードプロセッサーでの作り方のコツ、手順写真入りで紹介。