鶏胸肉のあれこれ、しっとりボリュームアップ

油淋鶏

マジカルキッチン食材Tips、鶏むね肉編。
固くなるパサパサする、ボリュームがないなんて悩みも一工夫で解決。
しっとりジューシーなコツ、手軽なレンジで鶏酒蒸し。
ボリューム満点メインおかずになる、ガッツリ鶏胸料理についても。

マジカルキッチン食材Tips、鶏むね肉編。
固くなるパサパサする、ボリュームがないなんて悩みも一工夫で解決です。

鶏むね肉の特徴、栄養など、冷凍保存
レンジで簡単鶏胸の酒蒸し
鶏胸肉をパサつかせず美味しく食べるコツ
マジカルキッチンおすすめメインになる鶏胸がっつり系メニュー
鶏胸をボリュームアップさせるには

鶏むね肉の特徴

鶏むね肉はリーズナブルで脂肪も少なく低カロリー。
しかも高タンパク。
成人病の気になる方、ダイエットの強い味方でもあります。

そして最近注目されているのが鶏むね肉に含まれている
「イミダペプチド」と言う疲労回復に効果があるとされる成分です。

そして鶏むね肉は、味が淡白で和洋中、調味料どんな味つけにも合うのもエライ!
メインのおかずにもなるし、サラダの具のひとつにも。
調理法や切り方で使い道いろいろです。


鶏むね肉を活用した料理レシピ

鶏皮

皮を取り除いて料理すると、鶏皮があまります。
数枚分まとめて料理したいので冷凍保存して使ってます。

カリカリに炒めて、もう1品。
スープやなべ物に加えると、いいだしに。

鶏肉は冷凍保存もおすすめ

安いときにまとめ買いして、冷凍保存もできます。
そのまま味付けなしに保存、下味をつけて保存。
蒸し鶏にして保存するのも便利です。

一枚ずつラップに包んで、ジッパー付きのポリ袋に入れて保存。
使うときは朝冷蔵庫に入れておけば、午後には解凍されています。
急ぐときは電子レンジの解凍モードを活用。

電子レンジで鶏の酒蒸し

作っておくと便利な鶏胸の酒蒸し。
電子レンジでお手軽に作ることができます。
加熱しすぎると固くなるので予熱も利用して仕上げます。

材料は鶏むね肉、酒大さじ1、塩、こしょう。
あればしょうがやネギ。(捨てるような部分でOK)

torisakamushi

鶏むね肉のレンジ酒蒸しの作り方。
余分な脂をとって塩、こしょうをすりこみ、酒をかけます。
厚みのあるもの、大きなものは開きます。

耐熱性の皿にのせてラップかレンジ用のふたをして電子レンジに。
途中で一度裏表ひっくり返します。

鶏胸肉の酒蒸しを作る時は、とりあえず一度に300g程度
(小なら2枚大なら1枚)蒸しておくと
他の料理にも使えて便利。
時間は600W5~6分程度加熱を。

厚みのあるものは開いて広げて加熱するとムラになりにくいです。
途中で一度ひっくり返すのもムラを防ぐため。
皮つきの場合は、フォーク等で皮に穴をあけ、皮を下にして皿におきます。

加熱後はそのまま数分間蒸らします。

温かいうちに繊維に沿って縦に裂けばサラダ等に使いやすいですよ。

蒸した鶏肉、縦に裂いておくと、サラダの具にはもちろんいろいろなメニューに活用できます。
裂くことで味の絡みがよくなります。
裂いた鶏肉の使い道、サラダはもちろん、ハムやツナ缶の感覚で利用してください。

  • サラダに大活躍。生春巻きにするとおしゃれ。
  • 野菜と合わせて、サンドイッチの具。チーズと一緒にホットサンドも美味しい。
  • 和え物の具。辛子和えなどおいしいです。
  • 冷やし中華の具。冷やしうどんにのせても。
  • ラーメンにのせたり、スープにも。
  • パスタやドリア、グラタンに加えてもお手軽です。