鶏の梅紫蘇チーズカツ

揚げずにフライパンで揚げ焼き、間違いなしの鶏と大葉とチーズのフライ。
鶏梅チーズカツ

鶏胸で定番、梅紫蘇とチーズのチキンカツ、サクサク衣にチキンにチーズがとろっと。
大葉の香りがさわやか。チキンカツのコツやがっつり系鶏胸料理のコツも紹介しています。

材料

  • 鶏胸肉(皮なし) ・・・大1枚(320g)
  • 梅干し ・・・2個
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • 大葉 ・・・4枚
  • スライスチーズ(溶けないタイプ) ・・・2枚
  • 小麦粉 ・・・大さじ1
  • 冷水 ・・・大さじ1
  • パン粉 ・・・適量

作り方

  1. 梅干しは果肉をとって包丁の先で叩いてペースト状に。鶏肉は余分な脂肪を取り除き、鶏肉1枚を観音開きにし2等分し、更に縦長に2等分して4枚に切り分けます。それぞれの鶏肉はラップを広げた上にのせ、もう1枚ラップをかぶせて肉たたきや麺棒で叩いて広げ、塩、こしょうします。(均一の厚みになるようにする)
  2. 鶏肉2枚に梅干しペースト1/4を塗り、大葉を2枚のせ、チーズをのせ(はみ出た部分はちぎって中に)上に肉を重ねてサンドします。(2組作る)小麦粉(分量外)をまぶします。鶏に小麦粉と冷水を混ぜた衣を塗り、広げたパン粉をまぶしぎゅっと抑え、形をととのえます。
  3. フライパンにサラダ油を3ミリ程度入れて火にかけ、チキンカツを並べ中火から弱めの中火で合計10分程度、裏表こんがりと揚げ焼きにします。(こげそうになれば火を弱め、油がなくなれば適宜足します。)

キッチンメモ

サクッとフライ衣にチキン、大葉がさわやかな香り
できたてはチーズがとろっと、梅干しの酸味と塩分がアクセント。
みんなの好きな定番の梅紫蘇チーズチキンカツです。

夏の暑い時期に火を使うのは嫌なのですが。
食べたい一心で夏になると必ず作っています。

一枚の大きめ鶏むねから2人分のチキンカツが作れます。
コツは、鶏を開いて叩いて広げること。
このときに厚みを均一にすると、ムラなく焼くことができます。
厚みが厚いと焼き時間がかかります。
厚みが不均一だと厚い部分だけ生焼けになります。
あせらず、じっくりと揚げ焼きにすることもポイント。

梅干しは大きいものなら1個、小さめなら2個使います。

梅紫蘇チーズとお肉は、相性がいい組み合わせ。
揚げずにロールにして焼いたり、グリル、レンジにかけたり。
豚肉でもおいしい組み合わせです。
梅干しのかわりに、味噌を使ってもまた変わった風味に。

たっぷりの油で揚げなくても大丈夫、フライパンで簡単揚げ焼き。
卵の衣が余るのも嫌なので
小麦粉を冷水で溶いた衣を塗って、パン粉をまぶしています。

鶏肉の皮は取り除きます。鶏皮としてカリカリに焼くとおいしいですよ。

今回はレシピの他にチキンカツのポイント
鶏胸肉をパサつかせず美味しく食べるコツ
マジカルキッチンおすすめメインになる鶏胸がっつり系メニューを紹介。

作り方を写真で説明

鶏をカット

鶏は開いてから4枚に切り分けます。

叩いて伸ばす

それぞれを叩いて伸ばします。厚みは薄く、均一にがポイント。

鶏に大葉等をのせる

鶏肉2枚に大葉と梅、チーズをのせます。

上に肉をかぶせてサンド

上に肉をかぶせてサンド。

衣をつけパン粉をまぶす

衣を塗ってパン粉をまぶします。

チキンカツを揚げ焼き

フライパンで揚げ焼きにします。

チキンカツのポイント

鶏胸肉は切り開いて作ります。
大きいものを1枚でも、小さい物2枚でもOK。

鶏肉の厚みを全体に均一にすることがポイント。
厚みのある部分を重点的にたたいて薄くします。
できるだけ薄くすると火の通りが早くなります。

焦げやすいので、火加減には注意です。
外はいい色、中は生焼けを防ぐためにじっくりと揚げ焼きにします。
焼いている途中で油がなくなれば、適宜足します。

2回に分けて焼く場合は、フライパンに落ちたパン粉をとりのぞき、油を足して焼きます。
パン粉は目が細かいものを使うと、まぶしやすくキレイに作れます。

油はオリーブオイルを使うと少量の油でもカラッとしますよ。