庶民の贅沢、ご飯がすすむチキン南蛮。フライパンで揚げ焼きに。

一口チキン南蛮


主な食材: , , , , , , ジャンル:
器具:

食べやすいサイズのチキン南蛮は甘酢とタルタル、ご飯のすすむ味。
鶏胸肉であっさりと下味はポリ袋一つで簡単に。

一口チキン南蛮

Photo: by Magical Kitchen

材料/分量/4人分

鶏と甘酢

  • 鶏胸肉 ・・・3枚(約520g)
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • 酒 ・・・大さじ2
  • 水 ・・・大さじ2~3
  • オリーブオイル(またはサラダ油) ・・・小さじ2
  • 砂糖 ・・・小さじ1/2
  • にんにくすりおろし ・・・小さじ1/2
  • 小麦粉 ・・・大さじ5
  • 片栗粉 ・・・大さじ3
  • A酢 ・・・大さじ2
  • A砂糖 ・・・大さじ1
  • Aしょうゆ ・・・大さじ2
  • Aみりん ・・・大さじ2
  • A乾燥赤唐辛子輪切り ・・・少々

タルタルソース

  • ゆで卵 ・・・1個
  • ピクルス ・・・30g
  • 玉ねぎ ・・・30g
  • マヨネーズ ・・・40g
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • 砂糖 ・・・少々
  • あればパセリ ・・・少々

作り方

  1. (タルタルソース作り)ピクルスはみじん切りに、ゆで卵はフォークの背で潰し、玉ねぎはみじん切りにし、塩少々を振って水気を切ります。
  2. ボウルにピクルス、ゆで卵、玉ねぎ、マヨネーズ、塩、こしょう、砂糖を加えて混ぜあわせます。あればパセリをみじん切りにして散らします。(軸から葉のみとって使う)
  3. (鶏南蛮作り)鶏胸肉は皮と脂をとり、全体に切れ目を入れ、縦に半分に切り、一口大のそぎ切りにします。
  4. ポリ袋に塩、こしょう、にんにく、砂糖、油、酒、水を入れて、肉を加え袋の上からもんで下味をつけ、さらに小麦粉、片栗粉を加えてトロリとした衣を鶏肉にからめます。
  5. フライパンに多めの油を熱し、肉を並べて中火で揚げ焼きにします。両面色づくまで焼き、紙にとって油をきります。
  6. 上のフライパンを紙でざっと汚れを拭き取り、Aの甘酢の材料を加えて火にかけて煮立て、肉を戻し入れ甘酢にからめ火を止め、皿に汁ごと盛ります。タルタルソースをかけてできあがり。

キッチンメモ

九州宮崎県発祥のチキン南蛮。衣をつけて揚げた鶏肉を醤油の甘酢に漬け、タルタルソースをかけた鶏料理です。
今ではすっかり全国区でおなじみの料理になりました。
とにかく白いご飯に合う!揚げた鶏に醤油の甘酢、そしてクリーミーなタルタルソースは庶民の贅沢!
ガツンとしたメニューが好きな男性にも人気メニュー。

今回は鶏胸肉で作りましたが、もも肉を使っても。

揚げてさらにタルタルソース、ボリューム満点の鶏料理。
意外と油っぽくなく食べられるのは、酢のおかげ。
甘酢に入ったお酢やタルタルソースの酸味のおかげですね。

食べやすいにしたので、食べやすく、たっぷりと甘酢が染みこんでます。

手軽に作れるように、卵の衣を使わずに下味はポリ袋一つで。
たっぷりの油を使ってあげるのではなく、フライパンで揚げ焼きにしました。

ピクルスがない時、玉ねぎを加えたくない時は、らっきょうを使うのがおすすめ。
らっきょうは玉ねぎよりも辛味や匂いがまろやかで、漬物なので、ピクルスの風味も代用できます。
ピクルスは、きゅうりのぬか漬けを加えても違和感ありません。

タルタルソースの詳しい作り方

作り方を写真で説明

鶏肉の下ごしらえ

鶏肉は全体に切れ目を入れて縦半分に切ります。

鶏肉をそぎ切りに

鶏肉をそぎ切りにしていきます。

下味、粉をまぶす

ポリ袋に入れて調味料をもみこみ、粉をまぶしてとろっとした衣がからまった状態にします。

フライパンで揚げ焼きに

フライパンで揚げ焼きにします。両面こんがりと焼きます。

甘酢と肉をからめる

甘酢と肉をからめます。

鶏肉と甘酢

鶏肉と甘酢を皿に盛りつけ。
このままでも十分おいしいおかずです。

がっつり系肉おかずはお父さんも大好き。
いつもありがとうな、気持ちを込めて父の日の食卓にいかがですか。

鶏胸肉をパサつかせず美味しく食べるコツ

鶏胸肉は手ごろなお値段で、カロリーが低いのがうれしいですね。
良質なたんぱく質をとることもできます。

ですが、鶏の胸肉の欠点は、料理によっては、パサつきやすかったり固くなったり、
あっさりしすぎていたりすること。

それは鶏むね肉が脂肪が少なく
加熱することで水分が抜けてパサついて固くなってしまうから。
ひと工夫で鶏むね肉をおいしく食べましょう。

鶏胸は下味をつける

下味をつけることで鶏の臭みを抜き、風味をつけます。
鶏むね肉の旨み、水分が加熱の時に流れ出ないようにします。

蒸し鶏や炒め物、唐揚げの時の下味に酒をよく使います。
ポリ袋等に入れて、しっかりともみこみます。
唐揚げのときには、砂糖や油も少々加えています。
砂糖には保水性があります。
他に、しょうが、にんにく、しょうゆを使うこともあります。

ソテーなどコクを出したいときはマヨネーズを下味に揉みこみます。

鶏むね肉をそぎ切りにして、フライパンに油を熱して焼くときは
片栗粉をまぶすと、うまみも水分も閉じ込めます。

下味をつけて冷凍保存しておくのも便利です。
使う際は朝午後には解凍されています。
急ぐときはレンジの解凍モードで。

鶏胸は加熱しすぎない

加熱し過ぎると硬くなるので、時間をかけ過ぎないように気をつけます。

厚みがあると加熱に時間がかかります。
厚みを薄くするのもおすすめ。
厚みを均一にするために厚い部分を開いたり、そぎ切りにします。
スティック状にしても食べやすいです。
肉叩きで叩いて厚みを薄くするのも有効です。

鶏胸はタレやとろみでしっとりで満足感アップ

そして最後の工夫、タレやとろみをつけて食べること。
たとえばケチャップ味をからめたり、香味ねぎソースをかけたり。
鶏肉にタレやとろみがからんでいると、味に物足りなさもなく。
しかもしっとりと食べられます。

例えば水溶き片栗粉のとろみやケチャップをからめて。

マジカルキッチンおすすめメインになる鶏胸がっつり系メニュー

もっと食べごたえがある鶏胸料理はないかなぁ。
夕食の主菜に鶏胸を使いたい。
そんな時試してほしいのが、下の鶏胸肉料理です。

鶏胸肉に衣をまぶしてフライパンで揚げ焼き
ソテーしてボリュームアップ系
マジカルキッチンで紹介中の鶏胸メニューを紹介します。

多めに作って作り置きおかずにしても便利です。

ちょっとさっぱり和風なら。

鶏むね肉を使った炒め物、ソテー、グリル

鶏胸をボリュームアップさせるには

ボリュームがほしい時、私がよく使う料理法を紹介します。
衣をつけて揚げ焼きにする
パン粉をつけてパン粉焼きやフライにすると食べごたえアップ。
卵衣をまぶしたピカタもおすすめです。

やはり油を使ってフライパンで焼いたり、揚げたりすると
物足りなさを感じず、食べ盛りにも好評です。

ただしカロリーは上がるので、カロリーを抑えたい場合は
衣なしや煮る蒸すの料理法をチョイス。

鶏むね肉を使った煮物、蒸し物

一口チキン南蛮と同じ材料で作れる料理

材料: にんにく| パセリ| ピクルス| マヨネーズ| 玉ねぎ| | 鶏肉|

材料大分類:|缶詰・漬物・加工品||調味料・甘味料・香辛料|野菜|香味野菜・薬味・ハーブ|

一口チキン南蛮と同じジャンルの料理

ジャンル: