韓国風甘辛チキン(ヤンニョムチキン)

お店みたい!意外と簡単、フライパンで韓国風の甘辛チキン。
韓国風甘辛チキン(ヤンニョムチキン)
スポンサーリンク

料理ジャンル

器具:

季節:

国・地域:

鶏胸でリーズナブル、見た目も甘辛なヤンニョムチキンの作り方を紹介。
多めに作って作りおきのおかずにしても。

スポンサーリンク

材料

  • 鶏胸肉 ・・・大1枚(370g)
  • しょうゆ ・・・小さじ2
  • 酒 ・・・大さじ1
  • 酢  ・・・大さじ1
  • 塩  ・・・少々
  • こしょう  ・・・少々
  • A片栗粉 ・・・大さじ2
  • A薄力粉 ・・・大さじ3
  • A水 ・・・大さじ3~4
  • B蜂蜜 ・・・小さじ2
  • B水 ・・・大さじ3
  • Bコチュジャン ・・・小さじ2
  • Bすりおろしニンニク ・・・小さじ1
  • Bしょうゆ  ・・・小さじ1
  • 炒りすり白ゴマ ・・・適量

作り方

  1. 鶏胸肉は皮と脂をとり、縦に半分に切ってから小さめのそぎ切りにします。
  2. ポリ袋に鶏、塩、こしょう、しょうゆ、酒、酢を入れて下味を揉み込みます。ボウルにAの粉と水を混ぜとろりとした衣を作り下味をつけた肉に衣をからめます。
  3. フライパンに数ミリ程度の油を熱し、肉を入れて両面きつね色になるまで揚げ焼きにし取り出し紙で油を切ります。
  4. フライパンを紙でふき、Bの調味料を中火で煮立て沸騰したら肉を戻して全体にタレをからめ火を止め、ゴマをふります。

キッチンメモ

韓国風の甘くて(少し)辛いチキン、【ヤンニョムチキン】です。
見た目真っ赤ですが、見た目ほど辛くはありません。
そしてなんといっても後を引く味。

照りもついておいしそう。
お惣菜屋さんの大皿にのっていそうなメニューです。

作り方は簡単。
まずは鶏肉をそぎ切りに。
衣をつけた鶏肉をフライパンで揚げ焼きに。
コチュジャン入りのタレで味付けして作ります。

多めに作って作り置きおかずにしても。

韓国風甘辛チキン(ヤンニョムチキン)の作り方を写真で説明

下味をつける

鶏肉に下味をつけます。

衣を鶏にからめる

ボウルや別のポリ袋に薄力粉、片栗粉、冷水を入れて混ぜて衣を作ります。
上の鶏肉を入れて衣をからめて焼きます。

鶏を焼く

フライパンに鶏を並べて裏表焼き色がつくように焼きます。

スポンサーリンク

コチュジャンって色々使える

ヤンニョムチキンを作るのに市販のタレがなくても大丈夫。
でも韓国の調味料コチュジャンは使います。
コチュジャン、最近は小さなスーパーにも置いてあります。
中華調味料、アジア調味料等置いてあるコーナーです。

コチュジャンは、中華料理に使う【豆板醤】よりも辛味が控えめ。
甘みが強いのも特徴です。

米やもち米等、麹、唐辛子を発酵させて作ります。

韓国の家庭でもそれぞれ味が違うようにメーカーによって辛さや甘さに多少違いがあります。

コチュジャンの使い道に困ったら

それほど韓国料理を作るわけではないし。
コチュジャンを買っても余って困る。
なんて悩みはありませんか?

正直使い切れないんですよ。
なので、韓国料理に限らず普段の料理にも活用して減らしてます。
ピリ辛だけど、それほどきつい辛さではないので、案外なんにでも使いやすい調味料です。

  • マヨネーズと混ぜる
  • 酢、油、醤油と混ぜてピリ辛ドレッシングを作る
  • 鍋物のタレに使う(しょうゆ、にんにく、味噌と一緒に)
  • 炒め物や豚の生姜焼きに使う
  • 豆板醤のかわりに使う
  • 鶏・豚そぼろの味付けに(ピリ辛そぼろが簡単に)
  • 魚の煮物に使う
  • 麺類に使う(焼きそば、焼きうどん、鍋焼きうどん、パスタ)
  • 炒飯に使う

味付けはコチュジャンに加えて、醤油、味噌等加えて仕上げます。
にんにく、しょうがも合います。

魚の煮付けや煮物にコチュジャンも合いますよ。
サンマやイワシ等煮るときに使ってます。

鶏胸肉をパサつかせず美味しく食べるコツ

鶏胸肉は手ごろなお値段で、カロリーが低いのがうれしいですね。
良質なたんぱく質をとることもできます。

ですが、鶏の胸肉の欠点は、料理によっては、パサつきやすかったり固くなったり、
あっさりしすぎていたりすること。

それは鶏むね肉が脂肪が少なく
加熱することで水分が抜けてパサついて固くなってしまうから。
ひと工夫で鶏むね肉をおいしく食べましょう。

鶏胸を柔らかくするコツ4つの方法を紹介します。

鶏胸の切り方は繊維を断ち切る

(筋肉の)繊維を断ち切る用意切り分けるのがコツ。

そぎ切りにするときは、鶏を横長(とがった方が右)に置き、中央から横に2等分。
左型部分は横に切っていき、右側部分は縦方向に切り分けます。

鶏胸は下味をつける

下味をつけることで鶏の臭みを抜き、風味をつけます。
鶏むね肉の旨み、水分が加熱の時に流れ出ないようにします。

蒸し鶏や炒め物、唐揚げの時の下味に酒をよく使います。
ポリ袋等に入れて、しっかりともみこみます。
唐揚げのときには、砂糖や油も少々加えています。
塩、砂糖には保水性があります。
水を加えてもみこんでも水分を補う作用があります。
他に、しょうが、にんにく、しょうゆを使うこともあります。

ポリ袋に簡単調味液で漬け込む方法

ポリ袋に砂糖小さじ1、塩小さじ1/2、水大さじ3、フォークで穴をあけた鶏胸1枚も加えてもみこんで冷蔵庫に4~5時間置いてつけておきます。

鶏むね肉をそぎ切りにして、フライパンに油を熱して焼くとき
片栗粉や小麦粉をまぶして焼くことで衣でコーティングされうま味がキープされます。
味もからみやすくなります。

鶏胸は加熱しすぎない

加熱し過ぎると硬くなるので、時間をかけ過ぎないように気をつけます。

厚みがあると加熱に時間がかかります。
厚みを薄くするのもおすすめ。
厚みを均一にするために厚い部分を開いたり、そぎ切りにします。
スティック状にしても食べやすいです。
肉叩きで叩いて厚みを薄くするのも有効です。

鶏胸はタレやとろみでしっとりで満足感アップ

そして最後の工夫、タレやとろみをつけて食べること。
たとえばケチャップ味をからめたり、香味ねぎソースをかけたり。
鶏肉にタレやとろみがからんでいると、味に物足りなさもなく。
しかもしっとりと食べられます。

例えば水溶き片栗粉のとろみやケチャップをからめて。

マジカルキッチンおすすめメインになる鶏胸がっつり系メニュー

もっと食べごたえがある鶏胸料理はないかなぁ。
夕食の主菜に鶏胸を使いたい。
そんな時試してほしいのが、下の鶏胸肉料理です。

鶏胸肉に衣をまぶしてフライパンで揚げ焼き
ソテーしてボリュームアップ系
マジカルキッチンで紹介中の鶏胸メニューを紹介します。

多めに作って作り置きおかずにしても便利です。

ちょっとさっぱり和風なら。

鶏むね肉を使った炒め物、ソテー、グリル

鶏胸をボリュームアップさせるには

ボリュームがほしい時、私がよく使う料理法を紹介します。
衣をつけて揚げ焼きにする
パン粉をつけてパン粉焼きやフライにすると食べごたえアップ。
卵衣をまぶしたピカタもおすすめです。

やはり油を使ってフライパンで焼いたり、揚げたりすると
物足りなさを感じず、食べ盛りにも好評です。

ただしカロリーは上がるので、カロリーを抑えたい場合は
衣なしや煮る蒸すの料理法をチョイス。

鶏むね肉を使った煮物、蒸し物