からし菜漬け

ピリリと辛い春の味。からし菜の簡単漬物。
からし菜漬け
スポンサーリンク
MagicalStory

春まだ浅い頃から
楽しみにしている
ピリリと辛いからし菜漬け

春中楽しめるご飯のとも

料理ジャンル

季節: /

国・地域:

レシピキーワード:,

ツンツン鼻にくる辛味の香り、からし菜漬。
早春から春、ご飯がすすみます。

スポンサーリンク

材料

  • からし菜 ・・・300g
  • 塩 ・・・21g(7%)

作り方

  1. からし菜は洗って水気を切り、鍋のお湯(60℃)に茎から入れてさっと全体をつけ、ほと混ぜし、ザルに上げます。
  2. ボウルに入れて、湯を切り、塩をふり、全体を手でしっかりともみます。
  3. 密封容器(タッパーなど)に2のからし菜と汁を入れ一晩おき(調理時間外)、出てきた汁は捨てます。
  4. 食べる際に水でさっと洗って細かく刻み、水気を絞ります。保存は密封容器で。

キッチンメモ

早春から春が旬のツンと辛いからし菜の簡単漬物です。

からし菜は、種が和からしの原料になります。
それも納得のピリ辛さ。
刻んでご飯のお供にすると、他のおかずがいらないほど。

お湯につけず、漬物器を使った重しをして漬ける方法も下に紹介しています。
マジカルキッチンでは最近は上のお湯を使った方法で漬けています。

漬けたものを刻んで冷凍保存もできます。
残念ながら漬けたてのものと比べて辛味と香りは弱くなります。

からし菜漬けのポイント

からし菜は摘んできたらその日のうちに処理します。
日がたつとになると辛味が出にくいことも。
お湯が熱いと色が茶色になります。

漬けたものも時間とともに辛味が抜けていくので、早めに食べきります。
辛味が抜けやすいのでなるべく空気に触れないように蓋付きの密封容器で保存を。

摘んできたからし菜、葉っぱがギザギザしています。
菜の花と似ていて、菜の花よりは花が小ぶり。
花の部分は食べません。やわらかそうな若い部分を使います。
葉や茎の部分を摘みます。茎が太いものを。

菜の花のように茹でておひたしにしたりもできます。
茹でておけば、炒めもの、炒飯などにもさっと使えます。

摘んできたからし菜

漬物器や重しを使った漬け方

からし菜の簡単な漬け方はいくつかあります。
からし菜は、手でもんだり、お湯につけることで辛味が出てきます。

  1. からし菜は洗って、水気を切り塩の半分をまぶして、しんなりするまで全体をしっかりとモミます。
  2. 出てきた水分を捨て、漬物器に残りの塩とからし菜を交互に入れて重しをします。
  3. 一晩おいたら、出てきた汁は捨てます。
  4. 食べる際に水でさっと洗って細かく刻み、水気を絞ります。