魚卵の煮つけ

魚卵の煮つけ
スポンサーリンク
ご飯の友、魚卵の甘辛醤油煮付け。食べ過ぎ注意。

材料

  • 魚卵 ・・・120g(2腹)
  • 砂糖 ・・・小さじ1
  • みりん ・・・大さじ1
  • 酒 ・・・大さじ2
  • しょうゆ ・・・大さじ1
  • 水 ・・・大さじ1
  • しょうが ・・・1片

作り方

  1. しょうがは薄切りか千切りに。魚卵は筋や太い血管などがあれば取り除き水洗いし、キッチンペーパーで水けをふき取り食べやすい大きさに輪切りにします。
  2. 熱湯にさっとつけると花が開いたようになります。(湯通し)ボウルの冷水にとり水けを切ります。鍋に調味料と生姜を煮立たせます。
  3. 魚卵を加えフタをして中火で煮ます。煮立てばフタを取って火を弱め、途中煮汁が絡むように、時々煮汁をかけながら4分程度煮て火を止めます。

キッチンメモ

魚の卵を煮た定番ご飯の友です。
甘辛い醤油味、生姜の香りもきかせて、ご飯がすすみます。
これさえあれば、他のおかずが要らなくなるのが困りもの。

ついつい食べ過ぎてしまうので、多めに作った時は、冷凍保存しています。
煮汁ごと保存して、解凍は自然解凍で。

春になると店で見かけるブリやサバ、鯛の卵。
(他の季節にもあるのですが、地元では春が一番多い)
サバの場合は特に鮮度を気にして購入してます。

白子と一緒に煮てもOK

マジカルキッチン動画でレシピ

魚卵の下処理

魚卵って初めて買ってきたときは、下処理が分かりにくいですよね。

太い血管があれば取り除くとは?
黄色い魚卵に赤い線が入っていることがあります。
あれが血管。

包丁の先など鋭いものでつついて血を抜けばOK。
血があると臭みが出るので下処理しておきます。

白い膜等あれば取り除きます。
魚卵が崩れやすいので無理しない程度に。

その魚卵によっていろいろで、しっかりしたものもあれば、柔らかいものもあります。

魚卵は湯通しするとその後煮つけやすくなります。
時間はさっと短時間。
湯通しする理由2つ。

まず1つ、魚の臭みが抜けます。
直に煮ても大丈夫と言えば大丈夫でしたが。
魚卵によっても違うので湯通ししたほうが安心。

2つ目の理由は煮る際に形が崩れにくくなります。
せっかくなので格好良く煮たいですよね。

魚卵の煮つけの作り方を写真で説明

魚卵

煮付ける前の魚卵
白い膜の固まりをとりのぞきます。

輪切りに

輪切りにします。

魚卵を湯通し

湯につけます。(短時間)
花が咲くようになったら引き上げ、ボウルの冷水にとります。

魚卵を煮る

調味料で煮ます。

魚卵の煮つけと同じ材料で作れるレシピ

料理ジャンル

季節: /

国・地域:

レシピキーワード:,

関連レシピ

豚とつくしの炒め煮

つくし、豚、にんじん、キノコを炒め煮に。
常備菜風のご飯のおかずです。

セロリのコンソメ煮

セロリの洋風お惣菜。
煮ておけば常備菜に。

ミントのエスニックサラダ

ミントを野菜感覚で使う初夏から夏のやみつきサラダ。
ナンプラーとレモン、蜂蜜であえてアジア風の味付けに。作り置きしても味がなじんでおいしい。

マーマレードの甘辛チキンソテー

マーマレードが大活躍、甘さと風味を生かした鶏料理。
甘辛味でご飯にも合う味です。