ナッツといりこ、甘辛タレが後ひく味、節分には炒り大豆を使って。

いりことナッツの佃煮

ナッツと煮干しの栄養が摂れる甘辛醤油味の1品。
レンジでお手軽、クイックに。節分には炒り大豆を使って作ります。

いりことナッツの佃煮

Photo: by Magical Kitchen

受験応援レシピ特集

秋から冬の作り置きレシピ特集

調理時間: 8分 分量: 4人分

材料

  • いりこ(ごまめでも) ・・・20g
  • ナッツ(アーモンド、くるみ、ピーナツ等) ・・・20g
  • 砂糖 ・・・大さじ2
  • しょうゆ ・・・大さじ4/5
  • 酒 ・・・大さじ1

作り方

  1. ナッツは適当な大きさに切ります。(ピーナツは半分に。)紙の上にいりこを重ならないように広げ、ラップをしないで電子レンジ600Wでまず1分間加熱して乾燥させます。取り出して、湿っぽいようなら、もう少し加熱。(様子を見ながら時間は少しずつ延長)冷まして2つに折ってポキンと折れる状態に。
  2. 大き目でふちのあるお皿に砂糖、酒、醤油を混ぜ合わせた物を、レンジでラップなしで約2~3分加熱します。(泡がぶくぶくとたつ程度、軽くとろみがつけばOK、加熱しすぎに注意、延長する場合は少しずつ)
  3. いりこ、ナッツを加えて上のタレに手早くからめます。広げて冷まします。

キッチンメモ

醤油味の甘辛いタレといりこにナッツがマッチ。
タレが飴状になっていい感じです。

お正月のおせち用にナッツを使った田作りとして作りました。
普段のおやつでも時々食べてます。
今回はごまめより安価ないりこを使って作ってます。
ナッツはピーナツを使ってます。
アーモンドやクルミ、節分には入り大豆を使って作るといいですね。
いりこでカルシウムが摂れるので受験生にもおすすめです。

作り方は以前紹介した田作りの作り方と同じで、電子レンジを活用しています。

タレのとろみは、とろ~っとした状態の手前、まだ少しゆるい程度です。
作った田作りは、湿りやすいので、密封容器で保存します。

レンジを使わずに作る場合は、弱火でフライパンでゆっくりとからいりして、乾燥させます。
次に鍋やフライパンにに調味料を入れて煮立たせて、ぶくぶく泡が出てくれば(大きな泡が小さくなったら)、ごまめを加えてタレにからめて作ります。
様子を確認しながら出来るので、レンジでタレを作るのが不安な方は、それほど手間もかわらないのでお鍋の方法でも。

作り方を写真で説明

紙に広げます

紙に広げて乾燥させます

タレをレンジで作ります

タレをレンジで作るため、調味料を耐熱性の器に入れます。

電子レンジ調理について

電子レンジで料理。コンロがふさがっている時にも便利ですし、チンして手早く作れるのが魅力的。
温め機能だけでなく、様々な料理も作ることができます。

田作りでは、電子レンジの持つ乾燥させる力と、煮詰める力を使っています。

今回は、電子レンジ調理で注意することを2つ書いてみました。

電子レンジ調理で加熱し過ぎは禁物

電子レンジで料理を作る場合、気をつける点は、加熱のし過ぎ。
加熱し過ぎると水分が飛びすぎて固くなります。
延長する場合は、少しずつ延長してください。

液体には深さのある耐熱容器を

液体のあるものを加熱する時は器の深さがある程度必要になります。平らなお皿を使うと吹きこぼれるので注意。
縁に高さのある耐熱皿を使ってください。

実は知らないピーナツのこと

ピーナツは豆、ナッツではないってご存知でしょうか?
ピーナッツと言う名前からしてもそうだし。
普通にナッツ売り場に堂々とピーナツは売られているし。
おつまみのミックスナッツの缶にはピーナツが入っています。
当たり前にピーナツはナッツだと思いきや。
実は豆の仲間なんだそうです。
これを知ったのが割と最近で衝撃でした。
ナッツは木の実で木になるもの。
ピーナツは木にはなりません、土の中になります。

とは言え、ピーナツはナッツに似た香ばしさや食感があり、栄養的にも似たような栄養が含まれています。
カロリーが高いので食べ過ぎには注意ですが、ビタミンEやB1、葉酸、オレイン酸、リノール酸が含まれます。

ピーナツの渋皮に健康効果あり

ピーナツの茶色い渋皮食べてますか?
あれいらないよね~なんて思っていたら、もったいない。
実はこのピーナツの渋皮には優れた健康効果があるんです。
渋皮にポリフェノールが含まれるので皮も一緒に食べるが正解。
TVの健康番組では認知症予防にも効果があるとのこと。

ピーナツバターを料理にも

トーストにピーナツバターを塗って食べる幸せ。
ただこれだと、ピーナツバターのビンがいつまでも冷蔵庫の片隅にあるなんてことも。
パンに塗るだけだと、なかなか食べきれませんよね。
そんな時は、料理に活用してしまいましょう。
練りごまのかわりに使えます。
ピーナツの油分と風味でコクたっぷり。

しょうゆ、砂糖をプラスして和え物に。
鍋物のタレ、エスニック料理のタレにも使えます。

お菓子作りに使うなら、バニラアイスに混ぜ込むのもお手軽。
他、お餅にピーナツだれをかけるのも気に入ってます。
ピーナツバター、味噌(または醤油)、好みできな粉、蜂蜜を混ぜるだけ。
お好みでコンデンスミルクにしてもまろやかです。

いりことナッツの佃煮と同じ材料で作れる料理

材料: ちりめんじゃこ・煮干し・ごまめ| 栗・ぎんなん・木の実|

材料大分類:ゴマ・種子・木の実|魚介類|

いりことナッツの佃煮と同じジャンルの料理

ジャンル: |