鶏ごぼう巻き

鶏ごぼう巻き
スポンサーリンク
おせちやお弁当にもおすすめ、冷めてもおいしい鶏料理です。

材料/分量/1本分

  • 鶏もも肉または胸肉 ・・・1枚(350g)
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • ごぼう ・・・小1本
  • にんじん ・・・1/2本
  • 砂糖 ・・・大さじ1
  • 酒 ・・・大さじ2
  • しょうゆ ・・・大さじ2
  • 水 ・・・大さじ1

作り方

  1. にんじんは、7ミリ程度の棒状に。ごぼうはたわしで皮を洗い太い部分は、にんじんと同じくらいの太さの棒状に切ります。耐熱性の皿に並べラップをかけ電子レンジ600wで約2分加熱します。
  2. 鶏肉は余分な脂をとりのぞき、観音開きに切り開き、ラップの上から肉叩きでたたき、厚みを均一にし広げて、長方形になるようにします。皮はフォークで穴をあけます。塩、こしょうをまぶします。
  3. 開いた鶏肉は皮を下にして、広げたラップに横長に置き、手前ににんじん、ごぼうを並べ、しっかりとラップで巻いていきます。
  4. ラップできつく巻き、両端をねじって輪ゴムで止め、巻き終わりを下にして、耐熱性の皿にのせ、さらにラップを軽めにかけ電子レンジ600wで5分ほど加熱します。フタをとり、ラップをしたまま冷まします。(この時出た肉汁はあとでタレに使う)
  5. フライパンに油を熱し、鶏全体に焼き色をつけるように焼きます。(形が崩れそうなら数カ所に爪楊枝を刺して焼く)
  6. 鶏を取り出し、油をふきとり、砂糖、酒、水、しょうゆと4で出た汁を加えて火にかけます。煮立てて少々煮詰めたら、鶏を戻しいれ、タレを煮からめます。(余ったにんじん、ごぼうがあれば一緒に煮る)
  7. 冷まして切り分け盛り付けます。タレが残っていたらタレ(固まっていたら電子レンジで軽く温める)をかけます。

キッチンメモ

おもてなしに鶏を使ってもう1品
鶏肉のロール焼きです。お正月用にごぼうとにんじんを巻きました。
鶏にタレの味がしみたおいしいごちそうに。
小さめの鶏なら2枚使って2本出来ます。

ラップは耐熱温度の高いものを。
低いものだとラップが加熱した油と接することで溶けることがあります。

前の晩から作り置きできるので、おせちの他にも行楽弁当に。お弁当が豪華に見えます。

ラップを広げた上に開いた鶏をのせる

ラップを広げた上に開いた鶏をのせます。横長の長方形の鶏に具をのせます。

ラップで巻き電子レンジへ

ラップでしっかりと巻き、耐熱皿にのせて上からラップを軽くかけ電子レンジへ。

鶏ロール加熱後

粗熱がとれるまでそのまま冷まします。出た肉汁は捨てずにタレの材料に使います。

鶏ロールの巻き方は、なるべくきつくしっかりと

簡単な割に見栄えよく仕上がります。加熱も電子レンジなのでお手軽。崩れそうになったら、楊枝を刺して形を保持するようにします。
ラップを使ってきつく巻いていくのがコツ。最後フライパンで鶏を焼いて焼色をつけるのが面倒なら省いても。

食器の色について

食器の色、定番は白。それにプラスしていくなら、どんな色?

てみるとこれが案外便利。
和風の黒い食器で、肉も魚もフライも、デザートの盛り付けもOK、重宝してます。
シックで落ち着いた印象で大人っぽい感じ
和カフェ風が好きな方はぜひ黒い食器を。

マジカルキッチンおせち料理

マジカルキッチン季節の特集

マジカルキッチンお正月、年末年始
お正月、冬休み。新しい年2021年がやってきます。年越しと新年にちなんだレシピとコラムをお届けします。マジカルキッチン年末年始特集。七草がゆセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ ...
栗きんとん
黄色い色が黄金の小判を連想。お鍋でぽってり練り上げて作ります。
思ったよりも作るのは簡単で手作りの美味しさが楽しめます。

鶏ごぼう巻きと同じ材料で作れるレシピ

料理ジャンル

器具:

季節:

イベント: /

場面: /

国・地域:

関連レシピ

ししゃもとしし唐の焼きびたし

ししゃもと野菜ときのこに味が染みて食がすすむおかずに。
酢を加えてさっぱりと仕上げました。

もやしのナンプラー炒め

もやしとベーコン、ナンプラーをささっとフライパンで炒めます。
旨みたっぷり食材のおかげで、食欲が止まらないおいしさ。

マグロのガーリックステーキ

マグロをフライパンで焼いてごちそうステーキ。
粉をまぶしてカリッと焼いて、にんにくを利かせるのがポイントです。

豚とみょうがの炒め物

旬のみょうががたくさんあるなら、炒め物もなかなかいけます。
豚ときゅうりとみょうがの炒めものレシピの紹介です。