たまにはまぐろを洋風に、フライパンで焼いてアボカドディップを添えます。

まぐろのムニエルアボカドディップ添え


主な食材: , , , ジャンル:
器具: 季節:

まぐろに塩、こしょう、粉をまぶしてフライパンでこんがり焼いてアボカドディップを。
まろやかで優しい魚料理になりました。

まぐろのムニエルアボカドディップ添え

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 20分 分量: 3人分

材料

  • まぐろさく ・・・250g
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • 小麦粉 ・・・適量
  • オリーブオイル ・・・大さじ1
  • アボカド ・・・1個
  • Aレモン汁(または酢) ・・・小さじ2
  • Aにんにくすりおろし(または玉ねぎ、らっきょう) ・・・少々
  • Aはちみつ ・・・小さじ1/2
  • A塩 ・・・小さじ1/3
  • Aこしょう ・・・少々
  • Aペッパーソース(タバスコ) ・・・少々

作り方

  1. マグロは適当な大きさに切って(厚み大きさは均一に)塩、こしょうし、小麦粉をまぶします。
  2. フライパンを温めオリーブオイルをひき、まぐろを並べて表裏こんがりと焼きます。
  3. アボカドは縦に包丁1周入れて皮、種を取り、実をボウルに取り出し、Aの調味料をすべて加えフォークの背でアボカドをつぶして混ぜます。まぐろにアボカドディップを添えます。

キッチンメモ

まぐろのムニエルにアボカドディップを添えて。
まろやかで優しい味が広がります。

お好みでマヨネーズやヨーグルトを加えるとタルタル風にも。

まぐろを洋風に食べたいときは、まぐろのムニエル(私はよくまぐろステーキと呼んでますが)。
まぐろの切り落としや加熱用などを買ったとき作ってます。
骨や皮もなく食べやすく、チキンのようなので魚の苦手な人にも食べやすいですよ。

このまぐろのムニエル、ウスターソースや中濃ソースをかけたり。
ディップやタルタルソースをかけたり、あんかけにしたり。
ピリ辛ダレを絡めたりとアレンジできます。

生ではなく火を入れた『まぐろ』のおかず

まぐろを洋風に食べたいときは、まぐろのムニエル(私はよくまぐろステーキと呼んでますが)。
まぐろの切り落としや加熱用などを買ったとき作ってます。
骨や皮もなく食べやすく、まるでチキン感覚。
魚の苦手な人にも食べやすいですよ。

このまぐろのムニエル、ウスターソースや中濃ソースをかけたり。
ディップやタルタルソースをかけたり、あんかけにしたり。
ピリ辛ダレを絡めたりとアレンジできます。

加熱したマグロ料理も美味しいもの。
色々アレンジも楽しめます。
和風の定番作り置きなら、まぐろの角煮もおすすめです。

アボカドディップに加えるペッパーソースは、一振りでは物足りないと思うので味をみて加減してください。
ペッパーソースのかわりにわさび、からし、粒マスタードもおすすめです。

にんにくの代わりに玉ねぎやらっきょうの甘酢漬けを加えても。
みじん切りにして加えます。

アボカドディップの使いみち。
ハンバーグやムニエル、唐揚げに添えてます。
まろやかで満足感アップ。

カリッと焼いたバゲットにのせても。

アボカドについて

マジカルキッチン料理のTipsにてアボカド紹介中。

マジカルキッチン料理レシピ食材別:アボカドをチェック
すぐできるアボカド小鉢が人気です。


アボカドを使った料理レシピ

脂肪分が多く、クリーミーでこってり、まったりしているアボカド。
脂肪分が多いためカロリーは高め。
脂肪分が多いことをいかして、豆腐を合わせるのもおすすめです。
豆腐のあっさりさを補ってコク感アップ。

そしてアボカドはおしゃれなイメージ!
色もきれいなので彩りにもなります。

空気に触れると茶色く変色するので、作り置きにはあまりむきません。
取り出した果肉をすぐに使わないときはレモン汁などをかけて変色防止します。

アボカド料理に悩んだら

アボカドの食べ方ってワンパターンになりがち。
色々な活用法を知りたいときはアボカド料理本も参考になります。

固いアボカド、柔らかいアボカドでもおいしく食べられるように。
レシピにおすすめ熟成度がついています。
バター生クリームなしでもリッチに作れるレシピ集。

見た目もグッドなアボカド料理がそろっています。

アボカドデザート

アボカドのデザートが食べたくなった時、マジカルキッチンおすすめのアボカドデザート

まぐろのムニエルアボカドディップ添えと同じ材料で作れる料理

材料: にんにく| まぐろ| アボカド| オリーブオイル| レモン|

材料大分類:果物|油脂類|香味野菜・薬味・ハーブ|魚介類|

まぐろのムニエルアボカドディップ添えと同じジャンルの料理

ジャンル: