豚玉キムチのお好み焼き

豚玉キムチのお好み焼き
好きなもの全部入りのキムチと豚のお好み焼き

元気になりたい時食べたいもの
たとえば豚とかキムチとか。
ニラなんかもそうかも。

ならば全部入れたお好み焼き。
食べ終わったらやる気モリモリ
なったりしないかなぁ。

広告

材料

  • 薄力粉 ・・・100g
  • だし粉 ・・・少々
  • 水 ・・・140ml
  • 卵 ・・・2個
  • 豚小間切れ肉  ・・・100g
  • 白菜キムチ ・・・70g
  • キャベツ ・・・250g
  • ニラ ・・・1/2束

作り方

  1. ボウルに粉、だし粉、水を加えてよく混ぜ合わせもったりした生地を作ります。
  2. キャベツは粗みじん切りにキムチも適当な大きさに刻み、ニラは長さ2センチに切ります。
  3. 1のボウルにキャベツ、ニラ、キムチ、卵を落として下から上に空気を含ませるようにサクサクと混ぜます。(混ぜすぎない)
  4. フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、生地の三分の一の生地をお玉で丸く流して広げ、中央部分の生地は少しへこませ気味にし、豚肉を広げます。
  5. 中火で3分ほど焼きます。裏側に焼き色が付き周りの生地がカリッとしたら、裏返してフタをして約3分焼き軽く焼き色を付けます。裏返して2分程度フタを取り水分を飛ばすように焼き、皿に取ります。 お皿に盛りつけソース、かつお節、マヨネーズ、青のり等トッピングします。 フライパンが汚れていたら紙でふき、油が少なくてくっつきそうなら油を少し足して次を焼きます。

キッチンメモ

いつもの豚玉にキムチとニラを加えたスタミナお好み焼き。
キムチに塩分が結構あるので、ソースは控えめに。
生地の中に加える塩も今回は省きました。

上の写真のお好み焼きは具を刻むのにフードプロセッサーを使っています。
キャベツを刻んだ後、ニラとキムチを刻みました。

キムチが入っていて、焦げやすいので火加減に気をつけてください。

豚肉が生地からはがれて困る時は、手順4の時、豚を広げた上に生地を大さじ2杯程度、 乗せて焼きます。

キムチの塩分は高いのでトッピングのソースは控えめに。
キムチお好み焼きのアレンジとして、キムチをトッピングするバージョンもあり。
キムチの半量を生地に入れて、残りを焼いたお好み焼きの上に。
キムチとマヨネーズとの相性がいいですよ。

お好み焼きの基本的なポイント

粉に水を加えて混ぜるときはしっかりとよく混ぜて、もったりした生地になるまで混ぜます。

キャベツの切り方は粗みじんがおすすめ。

ただし、歯の弱いお年寄りには、細かく刻んで。(フードプロセッサーが楽)
その場合は加えるだし汁(水分)を減らします。

生地にキャベツ、卵等の具を加えてからは、柄の長いスプーンで混ぜます。
グルグルと混ぜずに、空気を含ませるように下から上にサクサクと混ぜます。
お好み焼きがふんわりと焼きあがります。

【NHK ためしてガッテン】
お好み焼き 天ぷら ホットケーキ 夢のふわふわサクサク粉ものSPの回
2019年8月21日の放送。
お好み焼きのグルテン、達人にならうふわっとしたお好み焼きの作り方が紹介されました。

その際、上のようにお好み焼き生地の混ぜ方は粉と水はしっかりと。
具を加えてからは、さっくりとと解説がありました。

野菜を生地に加えてから時間がたつと野菜の水分が生地に出てきます。
野菜を生地に加えたら時間をおかず焼くようにします。

2枚目を焼く際に、生地に水分(野菜から出てくる)が出たら。
粉を足して応急処置。(たくさん加えない事)

焼くときにヘラやフライ返しで上からギューっと押さえつけないこと。
押さえつけるとふっくら焼けません。

マジカルキッチン料理のTips役立つコラムページ

お好み焼きのだし、生地、焼き方の基本
マジカルキッチン料理のTips。お好み焼き生地の作り方、混ぜ方。材料の選び方。
お好み焼きに加えるだしの出る素材、自家製のだし粉について紹介。
フードプロセッサーでお好み焼き
マジカルキッチン料理のTips、フードプロセッサーでお好み焼きの具を上手に刻むコツを紹介します。
刻み過ぎに注意して、時短クッキング。

豚玉キムチのお好み焼きと同じ材料で作れるレシピ

料理ジャンル

器具:

季節: /

イベント:

国・地域:

納豆入りお好み焼き

納豆の栄養がとれる納豆お好み焼き。
ふんわり軽い食感でお腹にもやさしく。

もやしとニラの納豆お好み焼き

キャベツがない日に作るもやしのお好み焼き。
納豆、豆腐も入れてヘルシーに。

餅とチーズのもんじゃ焼き

ゆるい生地をキャベツ他の具の土手に流し入れて焼くもんじゃ焼き。
チーズと餅を使ったもんじゃやきです。

そうめんお焼き

余ったそうめんをニラと卵でお焼きにリメイク。
小腹が空いたらフライパンでこんがり焼いて。