モチモチお餅入り、粉なし、おからでお好み焼き風。

お好み風餅とおからの卵焼き


主な食材: , , ジャンル:
器具: 季節: ,

1個だけ残った餅で、お好み焼き風モチモチ卵焼き。
おからも入ってただの卵焼きではありません。

お好み風餅とおからの卵焼き

Photo: by Magical Kitchen

お正月、年末年始レシピ特集へ

調理時間: 20分 分量: 2人分

材料

  • 卵 ・・・2個
  • 餅 ・・・1個
  • おから ・・・50g
  • 乾燥桜エビ ・・・大さじ1
  • あれば生姜甘酢漬け ・・・大さじ1
  • 天かす ・・・大さじ1
  • 青ネギ ・・・2本
  • 塩 ・・・少々

作り方

  1. ネギは小口切りに刻みます。餅は小さめのサイコロに切ります。ボウルにおからをほぐし卵を加え、海老、千切りにした生姜甘酢漬け、塩、ネギ、天かすを加えて混ぜます。
  2. フライパンを火にかけサラダ油大さじ1弱をなじませ、1の卵液を流し入れ、フタをして中火から弱めの中火で焼きます。裏面を焼くときはフタを取って。計4分半程度じっくりと裏表こんがりと焼きます。
  3. 皿にとりソースを塗り、マヨネーズ(細い口金)を縞模様に全面にかけ、竹串で模様をかき、青海苔、かつお節をトッピングします。

キッチンメモ

お正月のお餅が1個だけ余っていたら、磯辺餅、安倍川餅に飽きていたら。
そして、そろそろお好み焼きも恋しい気分、ならば、こんな卵焼きにリメイクしてみては。

おからが半端に残って困るときは、卵焼きやお好み焼きに混ぜてしまいましょう。
ちなみにおからは冷凍保存できます。

おから入りの卵焼きにモチモチお餅を加えて、お好み焼き風に仕上げました。小麦粉は使いません。
モチモチした食感がユニーク。

マジカルキッチンリメイク料理特集コーナー


マジカルキッチンリメイクアイディア料理レシピコーナー

青のり、かつお節、マヨネーズのお好み焼きトッピングがよく合います。

おからを卵焼きに入れると多少もそもそ、パサつきます。
今回はモチモチのお餅が入ることで食感を補ってますが。
おからのモソモソが苦手な方は、卵を1個増やして焼くと気にならなくなります。

小麦粉とおからを使ったお好み焼きも紹介しています。

作り方を写真で説明

卵におから、具を混ぜる

卵におから、餅、その他の具を混ぜます。

マヨネーズを縞状に絞る

ソースを塗った上にマヨネーズを細い口金で、縞模様に絞り出します。

楊枝で模様をつけていく

楊枝を使ってマヨネーズに模様をつけていきます

お好み焼き風卵焼きをアレンジするなら

卵焼きにネギ他お好み焼きの具を入れて、マヨにソースでトッピングしたら、お好み焼き風玉子焼きの出来上がり。
腹ペコお腹も小腹空いたお腹にもぴったりの卵焼きです。

具はお好み焼きに合いそうなものならなんでも合います。

生姜甘酢漬けは、紅生姜でも。桜えびのかわりにアミエビ、ベーコン、おせちで残った焼豚、ハムなどを使っても。
シーフードを入れたり、チーズを入れても贅沢!

お好み焼きのマヨネーズの模様

ハート形や渦巻状のものもあるそうです。
そうなるともうカフェラテで作る模様みたいに、お好み焼きアートと呼べそうですね。

大豆から豆乳を絞った後の残りがおから。豆乳からは豆腐も作れます。
おからは、搾りかすとは言え、食物繊維やカルシウムも含まれる素材です。

このおからは、傷みやすい食材です。
買ってきたら、なるべく早く使い切ります。

火を通しておく

生のまま置いておくよりも、火を通しておいたほうが安心。
とりあえず、から炒りして水分を飛ばしておきます。
フライパンを使う他、電子レンジでもできます。
耐熱性のお皿におからを広げ、フタやラップをせずに電子レンジにかけてパラパラにします。
料理やお菓子に使えます。

冷凍保存する

おからの冷凍は、生のままでも空炒りしてからでも可能です。
コツは使いやすいように小分けに冷凍しておくこと。
封のできるジッパー付きの袋に入れて、板状に形を作って冷凍すると場所もとりません。
解凍は自然解凍か、電子レンジで。

お好み風餅とおからの卵焼きと同じ材料で作れる料理

材料: おから| |

材料大分類:|穀類|豆・大豆製品|

お好み風餅とおからの卵焼きと同じジャンルの料理

ジャンル: