昔からの知恵、春の七草、青い菜っ葉で無病息災。

七草がゆ


主な食材: , ジャンル: ,
季節:

今年も無病息災。七草入りのおかゆに込めた願いです。
お米と青菜のおかゆをシンプルにお鍋で作ります。

七草がゆ

Photo: by Magical Kitchen

お正月、年末年始レシピ特集へ

材料/分量/2人分

  • 米 ・・・1合(180ml)
  • 水 ・・・750~900ml
  • 七草など青菜 ・・・適量
  • 塩 ・・・小さじ1/2

作り方

  1. 七草は熱湯でさっとゆで水にさらしアクを抜き、水気を切って刻みます。小さなかぶなどは細かく刻んで米と一緒に煮ます。
  2. 米は洗ってざるに上げ約30分水気を切り、米、分量の水をお鍋に入れフタをして煮ます。最初は強めの火加減、沸騰したら、木ベラで底からひと混ぜし(こげつかないように)、火を弱めます。吹きこぼれそうになれば、フタをあけます。
  3. 弱火でコトコトと煮て(20分程度)好みの固さになれば、塩を加え、刻んだ青菜を加えてひと煮して仕上げます。

キッチンメモ

邪気を払い、お正月料理で疲れた胃腸を癒す働きがあるとされる七草粥。
水の分量は基本米の5倍。少なめ多めはその日の調子で。
お正月のごちそうは、味付けの濃いものが多いので、淡白な味付けのおかゆで味覚をリセットする働きも。
またお正月は、青菜を食べる機会がないので、そろそろ新鮮な青菜を体に補給してやるという意味もあるのかもしれませんね。

春の七草は、せり・なずな、ごぎょう・はこべら、ほとけのざ、すずな・すずしろ。これぞ七草。

 

全種類そろわないときは、家にある大根の葉やかぶの葉、菜の花などあるもので作っています。
じんわりコトコトお米を炊くことで心も癒されます。
吹きこぼして、コンロをベタベタにしてしまうと新年から掃除が大変なのでそこだけは注意です。

百人一首の「君がため春の野に出て若菜摘む わが衣手にゆきは降りつつ」と言う光孝天皇の歌。
この若菜は七草だと言われています。
雪が舞うような寒さだけど、春の草はもう芽を出していて、寒さの中、それを誰かのために摘むだなんて、なかなかロマンティックな情景です。

七草がゆと同じ材料で作れる料理

材料: 大根葉| |

材料大分類:穀類|野菜-青菜類|

七草がゆと同じジャンルの料理

ジャンル: |