グリンピースご飯

グリンピースご飯
豆の香りとホクホク食感とご飯のコラボ。
広告

材料

  • グリンピース ・・・正味150~180g(さやつきで約400g)
  • 米 ・・・3合
  • 昆布 ・・・10×3センチ
  • 塩 ・・・小さじ1(薄味なら3/4)
  • 酒 ・・・大さじ2

作り方

  1. (豆の下準備)グリーンピースは、さやから豆を出して洗いザルにあげ水気を切ります。
  2. (炊飯)米をとぎ30分程度浸水させ(調理時間外)ザルにあげ炊飯直前に3合の水加減に合わせ大さじ2水を減らし、酒、塩を加え、昆布、グリンピースを乗せ、普通に炊飯器で炊きます
  3. (炊きあがり)炊きあがったら、昆布を取り、全体をしゃもじでそっとほぐし器に盛ります。

キッチンメモ

春の味、豆ご飯。ピースごはんです。

白地にグリーンの水玉模様みたいなグリンピースご飯は、季節を感じる味ですね。
塩味のご飯とホクホクの豆のおいしさ。

豆の量は、多少増えても少なくても大丈夫です。

豆を別にゆでる方法もあります。
別ゆでしたものを炊きあがってから混ぜます。
色がきれいで見た目上品な仕上がり。

一緒に炊き込む方法は、田舎風ですが、面倒なしで簡単。
ご飯に豆の香りや味が染み出すので、味はいいですよ。

炊き込みご飯の味付け、調味料を加えるタイミングは、炊飯の直前です。

グリンピースの旬は、春から初夏にかけて。
さやのついた豆、特にさやから出した豆は、時間が経つと味が落ちていきます。
買ってきたらなるべく早く使います。

具が1種類のシンプル塩系炊き込みご飯

具が1種類のシンプル塩系炊き込みご飯

米3合に対して、だし昆布1枚、具(栗ご飯や枝豆、グリンピース等)1種類

  • 「基本」塩小さじ1(6g)
  • 「少し薄味」小さじ3/4(約4.5g)
  • 「薄味」小さじ1/2(3g)

ここ数年でいろいろ試してきました。
慣れると小さじ3/4くらいでちょうどいいです。
夏場はちょっと塩気がきいてるほうがおいしく感じますね。

豆とお手伝い

スナップエンドウ、絹さやの筋とり、空豆、グリンピースを鞘から出す作業。
子供のころはお手伝いでがんばってました。

昔は、グリンピースも空豆も季節になると山盛り買ってきていましたね。
だからお手伝いも大変。

近所には今より豆の畑が多くありました。

豆類の花は季節になると、可愛い花を咲かせるのもいいですね。

グリンピースご飯と同じ材料で作れるレシピ

料理ジャンル

季節:

場面: /

国・地域:

レシピキーワード:

からし菜漬けとしらすのおにぎり

ピリッと辛い大人のおにぎり、からし菜漬けを使って。
隠し味はレモン汁とごま油です。

ネバトロしらす丼

ネバネバ食材、長芋、納豆、オクラをのせたどんぶり物です。
ご飯は酢飯で食欲アップ。オクラの下ごしらえは電子レンジで。

あさりの炊き込みご飯

あさりの旨みと生姜のさわやかな風味が楽しめる炊き込みご飯。
おにぎりにしてお弁当にも。

豚とつくしの混ぜご飯

土筆と豚の混ぜご飯、キノコとニンジンをプラス。
ごま油少々でコクをプラス。