芋餅

芋餅
スポンサーリンク
ほんのり素朴な甘さのさつまいも餅、切り餅、レンジ活用。

材料

  • さつまいも ・・・300g
  • 切り餅 ・・・3個
  • 塩 ・・・ひとつまみ
  • きび砂糖 ・・・大さじ3~4
  • きな粉 ・・・適量

作り方

  1. さつまいもは皮をむき2センチ角に切って水にさらしまず。ザルにあげ水を切り、耐熱ボウルに入れ水60mlを加えふんわりとラップをかけるかレンジ用のフタをして600wで約4分半加熱します。
  2. 6等分に角切りにした切り餅を上にのせ、ラップかフタをして電子レンジで約2~3分、餅が柔らかくなるまで加熱します。
  3. 残った水は捨て、砂糖、塩を加え、すりこ木で芋、餅をつぶしながら混ぜていきます。塊がなくなり全体が均一になればOK。
  4. 餅を丸めたい分量菜箸2本でからめとって、広げたきな粉の上にのせ、きな粉をつけた手で丸く形作り、きな粉を広げた皿にのせます。

キッチンメモ

お餅にさつまいもを加えてたモチモチの芋餅。
さつまいもの黄色がほんのり素朴なお餅になります。

切り餅で作れるので、お正月に余ったお餅でも。
あんこを添えてもぴったりです。

さつまいもとお餅を柔らかくするのに電子レンジを使いました。
電子レンジを使わずに蒸したり鍋でゆでても。
(時間をかけて加熱する方がさつまいもの甘味が引き出されます。)

ゆでる場合は、さつまいも、ひたひたの水を鍋に入れ、フタをしてさつまいもをゆでます。
さつまいもに竹串がスッと通る柔らかさになれば、さつまいもを脇に寄せます。
餅を加えて餅が柔らかくなるまでゆで、湯を捨て砂糖、塩を加えてすりこ木でつぶしていきます。

生地を丸める際、とても柔らかく、ネバネバしています。
紙の上にきな粉を広げ、手にもきな粉をつけて丸めると楽になります。

マジカルキッチンお菓子レシピ

さつまいもと片栗粉のお団子をフライパンでこんがり焼いたおやつです。


地方によっていも餅も色々

地方によって芋餅も色々なタイプがあります。
さつまいもの粉を使ってあんを包んで蒸したもの。
さつまいもと餅粉であんを包んだ大福のような芋餅
芋の粉を使った茶色のいも餅もみかけます。

郷土料理のお菓子、おやつって、色々あって面白いですよね。
芋を使ったおやつは日本各地で見られます。
素朴なおやつが多い印象です。

今回のいも餅は鹿児島のからいもタイプです。
「からいもねったぼ」
お餅をつく際、最後に少し残したつきたてのお餅に蒸したさつまいもを入れて作ります。

芋餅の作り方を写真で説明

レンジでさつまいも

電子レンジでさつまいもを柔らかくします。

餅を乗せてレンジへ

角切りの餅を乗せて再び電子レンジで加熱します。

餅を柔らかくする

必ず柔らかくなるまで加熱します。

すりこぎで餅と芋をつぶす

すりこ木で餅と芋をつぶしながら混ぜます。

全体が均一になるまで混ぜる

餅と芋の塊がないように混ぜます。

菜箸2本で絡めとる

餅を菜箸2本で絡め取ります。

広げたきな粉の上に乗せる

広げたきな粉の上に乗せて、手で丸めます。

芋餅のレシピ情報

お菓子ジャンル

製菓器具:

季節: /

国・地域: /

関連レシピ

粒あん水ようかん

夏に食べたい水ようかん、小豆缶詰でお手軽に作ります。
寒天のコツなども紹介。

あんみつわらび餅

プルプルのわらび餅に黒蜜、フルーツ、あん、バニラアイスであんみつに。
わらび餅が、豪華な和風デザートになりました。

簡単草だんご

田舎の春を感じさせてくれる草だんご。
摘んできたよもぎをゆでて作ります。お豆腐入りで冷めても柔らかタイプのお団子です。

豆腐で柔らか団子

串だんご、月見だんご、お団子が食べたくなったら。
だんご粉と豆腐で丸めてゆでて作りましょ。