つくしの田舎ちらし寿司

つくしのお寿司、田舎風に甘辛く。
つくしの田舎ちらし寿司

材料/分量/3合分

  • ご飯 ・・・3合分
  • A酢 ・・・大さじ6
  • A砂糖 ・・・大さじ1と1/2
  • A塩 ・・・小さじ1/2
  • つくし ・・・約120g
  • 油揚げ ・・・1枚
  • にんじん ・・・1/2本
  • 砂糖 ・・・大さじ1と1/3
  • 酒 ・・・大さじ1と1/2
  • みりん ・・・大さじ1
  • 薄口しょうゆ ・・・大さじ1と1/2
  • 塩 ・・・小さじ1/4
  • 卵 ・・・1個
  • B砂糖 ・・・小さじ1
  • B塩 ・・・少々

作り方

  1. 土筆ははかまをとって、適当に5センチくらいの長さに折りながら、水を張ったボウルに入れていきます。
  2. 塩を加えたたっぷりの熱湯でさっとゆで(アクをとるため)、ザルにあげ、水気を切ります。
  3. にんじんは千切り、油揚げは油抜きをして細切りに。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、にんじんを炒め、油揚げも加えて炒め、砂糖、酒、みりん、醤油、塩を順に加え、土筆も加えて煮ます。
  5. にんじんがしんなりして、汁気が減れば火を止めて、そのまま冷まします。(煮汁は完全に飛ばさない)
  6. 錦糸卵を作ります。小器に卵を割リ入れ、かき混ぜ、Bの塩、砂糖を加えます。
  7. 大きめの皿にラップを敷き、卵液を大さじ3~4広げ、ラップをせずに電子レンジ600wで約1分加熱します。裏返して別の皿に取り出し、ラップを敷いた皿に再度卵液を広げて同じように加熱してもう1枚薄焼き卵を作ります。
  8. 薄焼き卵を丸めて、包丁で千切りにします。
  9. 酢飯を作ります。固めに炊いた炊き立てご飯をボウルに入れ、合わせ酢(Aの砂糖、塩、酢)を混ぜ合わせたものをまわしかけ、しゃもじでさっくりと混ぜます。
  10. 酢飯に煮た具を混ぜ、卵を飾ります。

キッチンメモ

つくしをお寿司にすれば、食卓に春来ました。
土筆を使った田舎風のばら寿司です。
土筆を食べるとほろ苦くて、春を感じます。
甘辛い味付けの具と酢飯が合います。
シンプルな具にコクを出すため油で炒めました。
味付けの好みは地方によっても違うので、お好みで変えてください。

酢飯でなく、普通のご飯で混ぜご飯にしても。

作り方を写真で説明

野原の土筆

春の野原に生えている土筆です。

採ってきた土筆

採ってきた土筆です。摂るのは楽しいけど、ここからの作業は大変。

頭の開いた土筆

右は頭の開いたおじいちゃん土筆です。
パサパサになっているものは、基本取り除きます。
左は頭の部分が固く閉じた土筆。

つくしのはかまは、毒ではありませんが、口当たりが悪いので取り除きます。

土筆をさっとお湯で茹でる

つくしはさっと塩を加えた熱湯でゆでます。
ゆでてアクを抜きます。ゆでたものは、ザルにあげて水気を切ります。