鯛の美味しさ存分に、焼いた鯛を炊き込んで作ります。

鯛めし


主な食材: , , ジャンル: ,

ごちそうご飯物、鯛めし。鯛は切り身を使って簡単に。
行楽弁当やお祝いご飯にも。

鯛めし

Photo: by Magical Kitchen

クリスマスレシピ特集へ

調理時間: 30分 分量: 3合分

材料

  • 米 ・・・3合
  • 鯛切り身 ・・・3枚
  • 薄口しょうゆ ・・・大さじ1と1/2
  • 酒 ・・・大さじ2
  • 昆布 ・・・10センチ

作り方

  1. 鯛は、軽く塩(分量外)を振り10分から30分時間をおき(調理時間外)、魚焼きグリルで焼きます。
  2. 米はといでザルに上げておきます。お釜に米、調味料を加え、水を3合炊きの目盛りまで加えます。
  3. 昆布を上にのせ、その上に焼いた鯛をのせ炊飯器で普通に炊きます。
  4. 炊き上がったら鯛を取り出し、身をほぐします。(骨はしっかり取り除いて)
  5. お釜に鯛の身を戻して、全体をかき混ぜます。
  6. 茶碗に盛り、ゆでた枝豆や三つ葉や海苔を散らして出来上がり。

キッチンメモ

マジカルキッチンでも何度となく再登場してきた鯛めし。
ごちそうご飯の名にふさわしい豪華なご飯物です。
尾頭付きの鯛丸ごと1尾で作るのもいいですが、今回のように鯛の切り身を使っても美味しく手軽に作れます。
三つ葉はもみのりや大葉でも。

にんじん、刻んだ昆布、鯛を炊き込んだ鯛めしのバージョンもあります。

今回はお弁当箱に詰めて、枝豆を飾りました。
行楽弁当にぴったり。
おにぎりにしてもいいですね。

骨をとるのがちょっと大変なだけであとは炊飯器におまかせで簡単。
鯛は、あらでも構いません。(ただ~し、身を取るのがかなり面倒ですが)
あらを使う場合で、うろこがある場合は、うろこを取ってから使います。
一度軽く茹でてからうろこと血合いの部分をとりのぞきます。
茹でたものを使う場合は、ご飯を炊くときに塩少々を加えます。

お鍋で鯛めしもいいですよ。
水加減は、お米3合に水は計量カップでカップ3。
調味料も加え、昆布と鯛を上にのせます。
はじめは中火で沸騰したら、火を弱火にし、10~15分炊きます。
火を止め、そのまま10分程度蒸らします。
あとは、いつもの同じように鯛から、骨などをはずし、鯛の身をお鍋に戻しいれてかき混ぜます。
土鍋で炊いてもおいしそうですね。

鯛めし

鯛めしと同じ材料で作れる料理

材料: その他の魚介類| 昆布類| |

材料大分類:乾物・海藻|穀類|魚介類|

鯛めしと同じジャンルの料理

ジャンル: |