洋風鯛めし

切り身の鯛を焼いて混ぜた洋風の鯛めしです。
洋風鯛めし

材料

  • 米 ・・・3合
  • 鯛切り身 ・・・2~3枚
  • にんじん ・・・1/2本
  • 玉ねぎ ・・・1/2個
  • 筋なしインゲン ・・・8本
  • 塩 ・・・小さじ1と1/4
  • オリーブオイル ・・・大さじ1
  • 酒 ・・・大さじ1
  • こしょう ・・・少々

作り方

  1. 鯛は軽く塩(分量外)を振り10分から30分時間をおき(調理時間外)、魚焼きグリルで焼きます。玉ねぎはみじん切りに、いんげんは1センチ幅に切ります。
  2. お米は洗って30分程度浸水させます。(調理時間外)ザルにあげて水気を切り、炊飯器のお釜に米、酒、オリーブオイル、こしょう、塩、3合の水加減になるように水を加え具を乗せ、普通に炊飯器で炊きます。
  3. 炊き上がったら鯛を取り出し、身をほぐします。(骨があれば取り除いて)
  4. お釜に鯛の身を戻して、全体をかき混ぜます。器に盛ってあらびき黒コショウを。

キッチンメモ

いつもは和風の鯛めしを洋風に炊き上げました。
鯛は切り身を使えば楽に作れます。
鯛のうまみが洋風の具やオリーブオイルとマッチします。
仕上げにあらびき黒コショウをふってピリリと。

家族の記念日、集まり事、ちょっと嬉しいことがあった日に作りたい鯛めし。
洋風に作れば、洋風のおかずやコーディネイトにもぴったりマッチ。
スープやサラダと一緒に召し上がれ。

定番の鯛めしも紹介中です。