いわしのかば焼き丼

庶民の味方いわしのかば焼き丼、サンマやアジでも。
いわしのかば焼き丼
スポンサーリンク

料理ジャンル

器具:

季節: /

イベント:

場面:

国・地域:

フライパンで焼き色をつけたいわしを醤油タレにからめて。
ご飯に乗せて青魚の栄養たっぷりいわし(アジ、さんま)のかば焼き丼です。

スポンサーリンク

材料

  • 開いた青魚 ・・・2尾分
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • 小麦粉 ・・・適量
  • Aしょうが ・・・1片
  • A砂糖 ・・・大さじ1
  • A酒 ・・・大さじ1
  • Aみりん ・・・大さじ2
  • Aしょうゆ ・・・大さじ2弱
  • A水 ・・・大さじ1
  • ご飯 ・・・2膳分

作り方

  1. しょうがはすりおろします。いわしは開いたものを用意し、塩、こしょうして10分置き(調理時間外)、出てきた水分を紙で拭き取り、小麦粉を両面にまぶします。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、いわしを皮を下にして焼色がつくまで両面焼き、一度皿に取り出し、フライパンの汚れを紙でふきます。
  3. Aの調味料、しょうが、水をフライパンに加え火にかけます。タレを少々煮詰め、いわしを戻し、両面タレをさっとからませできあがり。どんぶりにご飯、タレ、いわしを乗せ、お好みで木の芽、七味やごまをふります。

キッチンメモ

うなぎの蒲焼丼のかわりに、庶民の味方青魚(アジやいわし)のかば焼き丼はいかが。
甘辛いタレでご飯がすすみます。

レシピの名前はイワシですが、アジ、サンマでも同じ用に作れます。
上のレシピの写真もアジで作ったものです。

多めに作れば作り置きおかずにも。
お弁当のおかずにもなります。

作り方を写真で説明

下はさんまのかば焼きの写真です。

さんまの余分な水分を取る

さんまに塩、こしょうをしてしばらく置いて出てきた余分な水分を紙でとります。
こうすることで、魚の臭みが取れます。

フライパンに並べる

油を熱したフライパンに粉をまぶしたサンマを並べてこんがりと焼きます。

裏側も焼く

裏返して裏側もこんがりと焼きます。

皿にとりだす

フライパンでタレを作るため、一度さんまを取り出します。

煮立ったタレにさんまを加える

タレにサンマを戻し入れて両面タレをからめて火を止めます。