さんまの蒲焼

さんまの蒲焼
さんま蒲焼、自家製タレをからめます。
広告

材料

  • さんま ・・・3尾
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • 小麦粉 ・・・適量
  • Aしょうが ・・・1片
  • A砂糖 ・・・大さじ1と1/2
  • A酒 ・・・大さじ2
  • Aみりん ・・・大さじ1と1/3
  • Aしょうゆ ・・・大さじ4
  • A水 ・・・80ml

作り方

  1. しょうがはすりおろします。さんまは開いたものを用意し、塩、こしょうして10分置き(調理時間外)、出てきた水分を紙で拭き取り、小麦粉を両面にまぶします。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、さんまを皮を下にして焼色がつくまで両面焼き、一度皿に取り出し、フライパンの汚れを紙でふきます。
  3. Aの調味料、しょうが、水をフライパンに加え火にかけます。タレを少々煮詰め、サンマを戻し、両面タレをさっとからませできあがり。皿の盛りつけ、お好みで木の芽、七味やごまをふります。

キッチンメモ

うなぎの蒲焼もいいけど、さんまの蒲焼は庶民の味方。
たっぷり食べられるのが魅力です。
甘辛いタレでご飯がすすみます。

丼にのせれば、さんまの蒲焼き丼になります。

さんまの蒲焼き丼

骨がなく食べやすいので、魚が苦手な方にも。

多めに作って、作り置きおかずに。
お弁当のおかずにも。

イワシの蒲焼、アジの蒲焼きも同じようにして作れます。

作り方を写真で説明

さんまの余分な水分を取る

さんまに塩、こしょうをしてしばらく置いて出てきた余分な水分を紙でとります。
こうすることで、魚の臭みが取れます。

フライパンに並べる

油を熱したフライパンに粉をまぶしたサンマを並べてこんがりと焼きます。

裏側も焼く

裏返して裏側もこんがりと焼きます。

皿にとりだす

フライパンでタレを作るため、一度さんまを取り出します。

煮立ったタレにさんまを加える

タレにサンマを戻し入れて両面タレをからめて火を止めます。

さんまは塩焼きが一番好きです。
大根おろしにレモンかスダチに醤油これだけで満足。

そしてさんまは、リーズナブルな家計応援食材。
なので食卓に登る回数も多いです。
塩焼きだけでは、飽きてくるので、洋風のムニエルや蒲焼き。
圧力鍋で煮るサンマの煮物なども作って楽しんでいます。

さんまの蒲焼と同じ材料で作れるレシピ

料理ジャンル

器具:

季節:

レシピキーワード:, ,

レンジで錦糸卵

電子レンジで錦糸卵を作ります。加熱は1枚1分強。
刻んでお寿司や冷やし中華に。

圧力鍋で金柑と鶏手羽元の黒酢煮

金柑の季節に金柑を肉料理に。
圧力鍋でお肉がほろっと骨から外れます。

セレベスの煮物

大きな親芋を醤油味に煮ます。
ホクホクした芋がお鍋いっぱいに。

めんつゆでたけのこ土佐煮

めんつゆで簡単味決まるたけのこの土佐煮。
かつお節は二度入れがコツです。