ジャムや果実酒、漬物用保存びんについて

保存ビンお菓子作りtips
スポンサーリンク
スポンサーリンク

保存ビンのメリット

  • 透明なので、中身が見やすい。
  • 煮沸消毒が可能。
  • ガラス製なので汚れが取れやすい。
  • 匂い移りがない。(プラスティック製のフタには匂い移りあり)
  • 保存食をビンに詰めて眺めているとなんだかうれしくなる。
  • フタがきっちりしたものは、液を入れてもこぼれない。
  • わざわざ買わなくても空き瓶を使える。

保存ビンでの食品保存、気をつける点

食品保存にガラス瓶を使いたいとき、1週間以上保存する際は、煮沸消毒やアルコールでの消毒を。
ジャム等を室温で長く保存したいときはそれなりの手順を踏みます。

煮沸消毒するときは、熱湯の中にいきなりガラス瓶を入れない。
必ず水から入れて割れないようにします。

梅酒のビンなど大きすぎて煮沸できない場合は、ホワイトリカーを少々入れフタをします。
ビンをふってホワイトリカーを回して中のホワイトリカーは取り出して使います。

なんでもかんでも取っておくと収納場所がなくなるけれど
取っておくと便利な空き瓶。

使える空き瓶

特にフタつきのビンをとっておくと
小物、調味料、ジャムやシロップ等保存できます。
どの程度入るのか水を入れて容量を測ってメモしておくと便利です。
マジカルキッチンで活躍中の空き瓶を紹介します。

インスタントコーヒーの空き瓶

ピクルス、梅シロップを漬けるのにも便利。

大きめのものも、小さめのものも便利。
口が広い広口のビンが洗いやすいです。

フタがプラスティック製なので酸に強いのも特徴。

ジャムやはちみつのビン

ジャムを作る時は、小さめの空きビンに入れて保存してます。
ジャムをたくさん作ったら、大きいサイズのビンに全部入れたいものですが。
大きいサイズのビンは、口をあけてから食べきるまで時間がかかります。
その間にカビることがあるので、小さいサイズ数個に分けて詰めたほうが安全です。

手作りジャムを入れて長めに保存する場合、フタが傷んでいないかも確認します。

花梨のはちみつ漬けを作る時に蜂蜜のビンが重宝してます。

牛乳ビン

牛乳瓶の空き瓶は、自家製シロップの容器に。

普通サイズの他に大きいサイズもあります。
きっちりとした フタがついているものが便利です。

ヨーグルトやプリンの空き瓶

ヨーグルトやプリンの空き瓶でフタつきのもの。
こちらも調味料入れなどに再利用できて便利。
手作りプリンやゼリー作りにも活用。

フタのない空き瓶なのですが、モロゾフのプリンのグラス。
こちらはグラスデザートを作る際に再利用して使うことも。

お酢の瓶

お酢の入っていた瓶は、フタもピッチリしていて便利。
ジュースや作ったシロップやサワードリンクを保存するのに使っています。

冷蔵庫で保管もしやすいサイズ。
毎年赤紫蘇シロップを入れています。

スポンサーリンク

お店で買う保存瓶

保存ビン

左がイチゴがトレードマークのドイツのWECKというメーカーの保存ビン。
右がル・パルフェの保存ビンです。

WECKのビン

いちごのマークで有名なドイツのWECKのビン。
フタも別売りのものもあって木製、シリコン、プラスティック製のものもあります。

ガラスのふたも壊れても買い足せるので長く使うことができます。
さすがエコの国ドイツだなぁと感心。
丈夫なのと、サイズが豊富なのも便利です。

パッキンとクリップをつけてお湯を使っての脱気保存も可能です。

作ったジャムを入れるのはもちろん、毎日気軽に使ってます。
漬物を入れたり、ドレッシングやタレ、ソースの入れ物にも便利。
普段常備菜を入れるときは、別売りのプラスティック製のフタをよく活用してます。

欠点は四角容器のように重ねられない。
耐熱ガラスではないため、電子レンジで使用できないところです。

1個1個揃えて買い集めるのも楽しいです。
ジャム作りに使おうと考えている方は小さめサイズを多めに揃えるのがおすすめです。
その場合 ネットでのまとめ買いの方が実店舗よりも安く買えるようです。

WECKのフタについて

WECKの保存瓶で便利なのがフタを選べること、買い足せること。
蓋付きの保存容器ってフタが先にダメになったりしませんか?
本体部分はまだまだ使えるのに、フタが傷んだ経験何度もあります。
フタだけ手に入れたいと思っても売っていないことがほとんど。

WECKの瓶、本体もガラス製で、丈夫で長く使っています。
フタもガラスやプラスティック製のものを使っていますが、未だ一度も買い替えなく使ってます。
でももしフタが傷んでも安心、WECKのフタは別売りされているのです。

そして便利なのがWECKのプラスティック製のフタ、便利でよく使ってます。
このフタも傷んだとしても、買い替えられるのもうれしいところ。
でも案外丈夫でまだ一度も買い替えていません。

そしてなんせWECKの瓶のガラスのフタのいちごマークがかわいい。
ちょっとしたガラスのコースター代わりにもなります。
お菓子を盛ったりも楽しいですよ。

最後にWECKのプラスティック製のフタの注意点が一つあります。
匂いがきついものを入れると、フタに匂いがつきます。
洗ったくらいではなかなか取れません。

ラッキョウを入れたとき、食べている間は気が付かなかったのですが。
空っぽになってフタを洗う段になって、気がつきました。
フタにラッキョウの匂いが染みついてしまったことに。

結局フタを洗って日光に1日程度当て、風の通る場所に陰干しして数日。
すると臭いはきれいにとれて一安心。
その後普通に使用中。
ドライヤーを当てても匂いがとれるそうです。
でももう匂いのきついものは入れないようにしてます。

フランスの保存ビン、ル・パルフェ

昔からある保存瓶。ホームセンターやスーパーでもみかけます。
ビン自体はデザインが昔ながらの形でかわいいのと
逆さにしても液もれしないので気に入っています。

実はフランスのメーカーの保存瓶で大きさも数サイズあり、形も数種類あります。

パッキンは傷んだらとりかえます。
そして、パッキンはらっきょうなど匂いのきつい物を入れると匂いが残って消えません。

オレンジ色のゴム製のパッキン、別売りされているそうなのですが
ホームセンターの店頭でなかなか見かけません。
聞いてみたところ、注文して取り寄せになるそうです。

ようやく東急ハンズでル・パルフェと別売りのパッキン発見。
パッキンのみは、250円程度で購入できました。
ゴム製のパッキンだし、消耗品なので、もう少しリーズナブルな価格だとうれしいのですが。
買う際にパッキンのことまでなかなか考えませんよね。

梅酒のビン

梅酒や果実酒、シロップを作る時に、 昔ながらの大きめ梅酒ビンを使うことも多いです。

冷蔵庫で保存する際には、昔ながらのタイプよりも現代風に縦長細身の保存ビンが便利です。
野菜室に入れることもあるので、購入前にサイズを測っておくといいですよ。

マジカルキッチン、ジャム保存食についてお役立ちTips

マジカルキッチン保存食、ジャム・クリーム、常備菜・ソースレシピを探す

マジカルキッチン季節の保存食作り置き特集

秋から冬の保存食レシピカタログ
マジカルキッチン季節の特集、秋冬に食べたい作りたい、保存食、作り置き。 干し柿、漬物、ジャム、コンポート等。
初夏から夏の保存食カタログ

初夏から夏のおいしい保存食、作り置きレシピを紹介します。
気軽に作れる作り置きは毎日の食卓に便利なもの。
保存食、作り置きで暑さを乗り切りましょう。

初夏から夏の保存食カタログ、甘い物編
梅の季節に梅酒や梅シロップを作っておけば。蒸し暑い季節に爽やかな梅の味が楽しめます。初夏にも出回る柑橘の皮を活用したピールも絶品。他にもこの季節にしか採れないヤマモモや桑の実を使ったジャムなども紹介。...
夏野菜レシピ特集
ナス、ピーマン、ゴーヤ、ズッキーニ等の夏野菜レシピをマジカルキッチンから紹介します。
夏野菜の便利メモも発信中。