つくしの卵とじ

つくしの卵とじ。今年も広がる春の味。
つくしの卵とじ
スポンサーリンク

料理ジャンル

器具:

季節:

国・地域:

レシピキーワード:

春の味、ほろ苦いつくしの卵とじ。
つくしを採ってきたらまずはこれ。

スポンサーリンク

材料

  • つくし ・・・茹でて水気を切ったもの100g
  • 酒 ・・・大さじ1
  • みりん ・・・大さじ1
  • しょうゆ ・・・大さじ1
  • 卵 ・・・2個
  • ごま油 ・・・適量

作り方

  1. 土筆ははかまをとって、適当に5センチくらいの長さに折りながら、水を張ったボウルに入れていきます。
  2. 塩を加えたたっぷりの熱湯でさっとゆで、ザルにあげ、水気を切ります。(アクをとるため)
  3. フライパンにごま油を熱し、土筆を入れて強めの火でさっと炒め油がまわれば、酒、みりん、醤油を加えて汁気を飛ばしながら短時間炒めます。
  4. 溶きほぐした卵を回し入れ卵が固まってきたら大きくかき混ぜ好みの卵の固さになれば火を止めます。

キッチンメモ

毎年この季節になると食卓に登場する土筆の卵とじ。
つくし料理の中では最も定番なのではないでしょうか。

ちょっぴりほろ苦い春の味です。

つくしを【卵とじ】にすると苦味も比較的マイルドになります。
今回はつくしのみですが、他の具、お肉等をくわえた卵とじにすると。
よりマイルドに感じられます。

マジカルキッチン料理レシピ

つくしと牛の卵とじ
土筆を使った、春らしい料理、牛と卵で苦味もマイルド。
ご飯のおかずになります。

卵とじの溶き卵の加え方。
2回に分けて加えたほうが、固まり具合の加減がしやすくて作りやすくなります。

マジカルキッチン料理のTips

献立に困ったら「卵とじ」
ふんわりやさしい卵でとじた卵とじ。
その魅力は余り食材をリメイク出来たり時短だったり、万能おかず卵とじ、レシピまとめも。
土筆の下ごしらえと土筆レシピ
土筆の採り方、下処理、つくしレシピ紹介。
つくしの苦味をマイルドにする料理法のコツも。

はかまをとるのが、面倒ですが、せっかく採った土筆なのでがんばります。

春の味って苦味のあるものが多い。
体もそれを欲していて、冬の間にためこんだ体の毒素を出すためという話を聞いたことがあります。

一応分量など書きましたが、普段計って作ったりはしません、分量テキトーです。
土筆があまり採れなかった時は、卵の量が多めになったりしています。

どうしても少ないときは、えのきなどを加えてかさ増ししても。

甘めの味付けが好きな方は、お砂糖をプラスして。

土筆料理、他にはつくしの佃煮、あえものなど。
つくしの卵とじは、卵で苦味が抑えられるので、苦いのが苦手な人にもおすすめ。
そしてもうひとつ、卵が加わると、かさ増しできるので、土筆の量が少ないときにもお助けです。

もっと苦味を抜きたいときは、水を何度かかえながら、水につける時間を長くします。
ゆでたあとも冷水につけます。

スポンサーリンク

土筆の卵とじの作り方を写真で説明

つくしを炒める

まずはつくしを鍋で炒めます。
次は調味料を加えて少し炒めます。

溶き卵を加える

溶き卵の1個分をまずは回し入れます。
固まってきたらもう1個分の溶き卵を加えてフタをします。
卵がお好みの固さに固まればOK。

土筆の下処理(はかま取りからゆで方)

採ってきた土筆の下処理。
初めて作る場合、ゆでるの?重曹入れたりするの?
なんてよくわからなかったりしますよね。
ここでは、つくしの下処理、はかま取りからゆで方、保存法まで紹介します。

とるのは楽しいけど、はかまとりの作業は大変。
頑張っていきましょう。

採ってきた土筆の下処理その1(はかま取りをして水につける作業まで)
この作業は、つくしを採ってからその当日、遅くて翌日までにやっておきます。
つくしは時間がたつと傷みやすいためです。
とりあえず、ここまではがんばって早めに済ませておきます。

次のつくしをゆでる作業は当日忙しければ次の日に持ち越しても大丈夫です。

つくしの下処理その2(ゆでて水けを切る作業
熱湯でつくしをさっとゆでて冷水にとることでアクが抜けます。

つくしの下処理その1、はかま取り

採ってきた土筆の中で、傷んでいるもの、黒ずんでいる土筆は使わず取り除きます。
あるいは傷んだ部分のみ取り除きます。

土筆の下処理、まずは【はかま】をとります。
つくしの【はかま】とは、節についているヒラヒラの部分です。
むしればOK。

ボウルにはかまを取った土筆を入れる

長いままだと食べにくいので適当に5センチくらいの長さに折りながら作業。
水を張ったボウルに入れていきます。

指や爪が黒ずんでしまうのが悲しいけれど。
この作業が終わればほっと一息です。

3回ほど水を替えて、土筆を洗います。
汚れやごみが落ちます。

次の作業で土筆をゆでます。
これはアクを抜くためです。

つくしの下処理その2、ゆでる

熱湯でつくしをゆでる

塩を加えたたっぷりの熱湯でさっとゆでます。
煮立ったお湯の中に土筆をひとつかみ加えてゆでます。
時間にすると15秒から20秒。
多い場合は何回かに分けてゆでます。

ゆでた土筆を冷水にとる

ゆでた土筆はすぐにボウルに入れた冷水にとります。
ザルにあげ、水気を切ります。

もっと苦味を抜きたいときは、ゆでたあと冷水につける時間を長くします。
水は何回かかえてください。

ゆでたつくしをすぐに使わない場合。
ふたつきの清潔な保存容器に入れて冷蔵庫で保存
2、3日程度持ちます。
味がついていなくて、傷みやすいのでなるべく早めに使います。
または冷凍します。

ゆでた土筆を保存容器に

味をつけて冷凍保存もおすすめ。
佃煮や混ぜご飯の素にしておくといつでも食べられます。

マジカルキッチンつくし料理

定番の卵とじのほか、混ぜご飯やお寿司もおすすめです。
たくさん採れたら、つくしの佃煮で大量消費。
冷凍保存してもいいですよ。

マジカルキッチン卵とじレシピ集

マジカルキッチンレシピ、卵とじいろいろ。

マジカルキッチン料理のTips

つくしの卵とじと同じ材料で作れるレシピ

マジカルキッチン