つくしと牛の卵とじ

土筆の苦みを感じにくい組み合わせ、卵とお肉で
つくしと牛の卵とじ煮物・蒸し物・ゆでる
スポンサーリンク
MagicalStory

新しい季節がめぐってきた
旬のもの一度は食べたい

土筆が今年の春も出てきた
一年一度のこの季節

ああ、一度は食べなきゃね
一口食べたら、やっぱり美味しくて
もう1回は食べたいなぁと

2回目食べれば
あともう1回は味わいたい
ああ、終わってほしくない
ほんの短い土筆の季節よ

料理ジャンル

季節:

国・地域:

土筆を使った、春らしい料理、牛と卵で苦味もマイルド。
ご飯のおかずになります。

スポンサーリンク

材料

  • つくし(茹でて水気を切ったもの) ・・・100g
  • 牛細切れ肉  ・・・100g
  • ホワイトブナピー  ・・・50g(約1/2株)
  • 玉ねぎ  ・・・1/2個
  • 卵  ・・・2個
  • 砂糖 ・・・小さじ1
  • 酒 ・・・大さじ1
  • みりん ・・・大さじ1
  • しょうゆ ・・・大さじ2と1/3
  • 水 ・・・50ml

作り方

  1. (野菜下準備)玉ねぎは細切りに、しめじは石づきを落としてほぐします。
  2. (炒め煮)鍋に玉ねぎ、水、調味料を入れて中火にかけフタをして煮ます。煮立てば、肉を加え再び煮立てば、しめじ、ゆでた土筆を加えます。
  3. 溶きほぐした卵の半量を回し入れ、固まりかければもう半分を流し入れます。フタをして卵が半熟状になれば火を止め蒸らします。

キッチンメモ

土筆の卵とじの豪華版。
牛肉が入った土筆の卵とじです。
ごはんのおかずにぴったり。

肉と卵が入ることで、つくしの苦みがあまり気になりません。
つくしの苦味が苦手な人もお試しください。

きのこはホワイトブナピーを使いましたが、他のキノコにかえても大丈夫です。

マジカルキッチン料理レシピ

つくしの卵とじ
春の味、ほろ苦いつくしの卵とじ。
つくしを採ってきたらまずはこれ。

マジカルキッチン料理のTips

卵とじレシピのまとめ記事あります。

献立に困ったら「卵とじ」
ふんわりやさしい卵でとじた卵とじ。
その魅力は余り食材をリメイク出来たり時短だったり、万能おかず卵とじ、レシピまとめも。
スポンサーリンク

土筆の下処理(はかま取りからゆで方)

採ってきた土筆の下処理。
初めて作る場合、ゆでるの?重曹入れたりするの?
なんてよくわからなかったりしますよね。
ここでは、つくしの下処理、はかま取りからゆで方、保存法まで紹介します。

採ってきた土筆です。
とるのは楽しいけど、はかまとりの作業は大変。

採ってきた土筆の中で、傷んでいるもの、黒ずんでいる土筆は使いません。
あるいは傷んだ部分のみ取り除きます。

土筆の下処理、まずは【はかま】をとります。
つくしの【はかま】とは、節についているヒラヒラの部分です。
むしればOK。

ボウルにはかまを取った土筆を入れる

長いままだと食べにくいので適当に5センチくらいの長さに折りながら作業。
水を張ったボウルに入れていきます。

指や爪が黒ずんでしまうのが悲しいけれど。
この作業が終わればほっと一息です。

3回ほど水を替えて、土筆を洗います。
汚れやごみが落ちます。

次の作業で土筆をゆでます。
これはアクを抜くためです。

熱湯でつくしをゆでる

塩を加えたたっぷりの熱湯でさっとゆでます。
煮立ったお湯の中に土筆をひとつかみ加えてゆでます。
時間にすると15秒から20秒。
多い場合は何回かに分けてゆでます。

ゆでた土筆を冷水にとる

ゆでた土筆はすぐにボウルに入れた冷水にとります。
ザルにあげ、水気を切ります。

もっと苦味を抜きたいときは、ゆでたあと冷水につける時間を長くします。
水は何回かかえてください。

ゆでたつくしをすぐに使わない場合。
ふたつきの清潔な保存容器に入れて冷蔵庫で保存。
2、3日程度持ちます。
味がついていなくて、傷みやすいのでなるべく早めに使います。
または冷凍します。

ゆでた土筆を保存容器に

味をつけて冷凍保存もおすすめ。
佃煮や混ぜご飯の素にしておくといつでも食べられます。

冷凍した土筆の佃煮

マジカルキッチン料理のTips

マジカルキッチン料理のTips、つくしの下処理やレシピのまとめ記事です。

土筆の下ごしらえと土筆レシピ
土筆の採り方、下処理、つくしレシピ紹介。
つくしの苦味をマイルドにする料理法のコツも。

マジカルキッチンつくし料理

ちょっぴりほろ苦い春の味土筆の料理。
定番はやっぱり土筆の卵とじ?

土筆の混ぜご飯やお寿司もおすすめです。
たくさん採れたら、つくしの佃煮で大量消費。

余り採れなかったときは、料理の飾りとして使ったり。
他の具を入れてかさましするのがいいかもしれません。
えのきや白滝もおすすめ。

味付けは、意外とにんにくも合います。
にんにくで炒めたりナムル風にしたり。

混ぜご飯の素や土筆の佃煮は、冷凍保存してもいいですよ。
混ぜご飯やお寿司用なら1.5合分や3合分に小分けして冷凍します。