ニラともやしの棒餃子

もやし、ニラ、きのこを使った棒餃子です。
ニラともやしの棒餃子

材料

  • 豚こま切れ(または豚ミンチ) ・・・100g
  • ニラ ・・・1束
  • もやし ・・・1袋(100g)
  • ぶなしめじ ・・・1/3袋(約35g)
  • 味噌 ・・・小さじ2
  • にんにく ・・・1片
  • しょうが ・・・1片
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • ごま油 ・・・大さじ1
  • 餃子の皮(大判) ・・・30枚

作り方

  1. しめじは石づきを落としてみじん切りに刻みます。もやしは、耐熱皿にのせ塩少々をふり、軽くラップをするかレンジ用のフタをして600wのレン
    ジで約1分30秒加熱します。あらいみじん切りにして、水気を軽く絞ります。
  2. フードプロセッサーに一口大に切った肉、こしょう、しょうが、にんにくを加えて粘りがでるまでフードプロセッサーにかけます。ごま油、味噌も加えて混ぜます。(フードプロセッサーを使用しない場合は、肉はミンチを使用)
  3. 2に5ミリ幅に刻んだニラ、1のもやし、しめじを加えてスプーンで全体を混ぜ餃子の種の完成です。
  4. 小器に水を用意し、包む際に皮の上下に指で水を塗り、中央に具を細長くのせ、上下折りたたんで棒状に包みます。
  5. フライパンに油を大さじ1熱し、平らな側を底にして並べて中火で焼きます。
  6. 焼き色がついたら、フライパンの1/3くらいの湯を注いでフタをして、水気が少なくなくなるまで蒸し焼きにします。
  7. しばらくして焼ける音が変わってくるのでフタを開け残りの水分を飛ばすように焼き
    水分がほぼなくなれば、油少々をかけて底がパリッとするまで焼きます。残りも同様に焼きます。

キッチンメモ

キャベツや白菜のかわりに、もやしを使った餃子です。
もやしを食べてるという感覚ではなく、普段の餃子と同じような感じです。

きのこも加えてヘルシーに。

写真で作り方を紹介。
餃子のタネ作りのポイント。
餃子の皮、種が余った時。
フードプロセッサー使いこなしのコツを紹介します。

作り方を写真で説明

もやし餃子の種

粘りが出た豚肉に野菜等を混ぜます。

棒状に包む

棒状に包みます。
上の写真はキムチの棒餃子のものです。

餃子の種作りのポイント

餃子種作りの基本は、お肉は塩など加えて、粘りが出るくらいよく練ります。
その後野菜を加えてからは、箸やスプーンなどで軽めに混ぜます。

餃子に加える野菜(白菜、キャベツ、小松菜など)の水気を絞るときは、
水気を全て絞り切るとパサつくので、適度に絞る程度にします。

餃子作りフードプロセッサーを使わない場合

具は包丁で刻んで、肉は包丁で刻むか、ミンチを使います。
しょうが、にんにくは、すりおろして使うか、チューブ入りのものを。

野菜は刻んで塩を振って少し置き、水気を絞ります。
肉、(塩)、こしょう、しょうが、にんにくをボウルに入れてよく練ります。
ごま油、野菜、他の具を加えて混ぜます。

餃子の皮、具が余ったら

餃子の皮と具、たまにどちらかが余りませんか。
餃子の皮が余ることもあれば、具が多すぎることも。
この余った餃子の皮も具もリメイクしておいしく変身できます。

餃子の皮が余ったら

皮が余ったらとりあえず、手早く作れるのが汁物に使ってしまうこと。
鍋物中華スープ、味噌汁の具に、そのまま入れても細く切って加えても。

お次のアイディアは、パリパリの餃子の皮チップスに。
マヨネーズを薄く塗って、粉チーズなどをトッピングして、オーブントースターの天板に並べて焼きます。
カリカリになるまで焼けば完成、餃子の皮チップスに。

餃子の具が余ったら

こちらは、ニンニクが入ったミンチと考えれば、使い道色々。少量余った具でも使えます。
卵に加えて卵焼きに。
ご飯と炒めて、チャーハンの具に。
汁物に加えて中華スープに。