ニラ醤油ダレ

香味野菜ニラたっぷりの万能ダレ
ニラ醤油ダレ
スポンサーリンク
MagicalStory

瓶に入った自家製万能ダレ
万能ダレだからなくなるのも早い。

どんどん減っていくのは寂しいけれど
あれこれかけて楽しい万能ダレ生活。

料理ジャンル: /

季節: //

イベント:

国・地域:

ニラに醤油、ごま油、酢やはちみつを混ぜて作るニラ醤油ダレ。
万能ダレとして冷奴、麺類にと活躍してくれます。

スポンサーリンク

材料

  • ニラ ・・・1/2束(50g)
  • しょうが ・・・ひとかけ分
  • すり白ゴマ ・・・大さじ1
  • はちみつ ・・・大さじ1(約21g)
  • しょうゆ ・・・80ml
  • 酢 ・・・50ml
  • ごま油 ・・・大さじ2と1/3(約28g)
  • コチュジャン ・・・小さじ1

作り方

  1. ニラは細かめの小口切りに、しょうがはすりおろすかみじん切りに。
  2. フタのできる保存容器やビンにはちみつ、ごま、コチュジャンを入れて混ぜ、1と酢、しょうゆ、ごま油を入れて混ぜ合わせます。

キッチンメモ

この夏、万能ダレデビューしませんか?
ニラと醤油で作る万能だれ。
これがやみつき、何にかけてもいけます!

いけるいける、生野菜、蒸した野菜にかけても、どんどん野菜が食べられる。
他にも、冷奴、蒸し鶏、サラダ、麺類などなど。
どちらかと言うと夏に活躍するのですが、冬の鍋物のタレに加えても美味しいですよ。
作っておくと便利です。

おかずサラダのタレとして。
肉と野菜のレンジ蒸しや、蒸し鶏のタレとしておすすめ。

マジカルキッチン料理レシピと料理のTips

レンジ蒸し鶏
電子レンジでしっとりした蒸し鶏レシピ、作り方のコツも紹介。
厚みを均一にすることもコツの一つです。
小松菜と豚のレンジ蒸しニラダレかけ
小松菜、もやし、豚肉をレンジで蒸しておかずを1品。
手軽に時短で作りたい時に役立つレシピです。
おかずサラダのメリット、レシピまとめ
おかずサラダのレシピのまとめ、おかずサラダでお悩み解決。
アレンジの方法、味チェンジ食材の紹介等。

香味野菜と調味料。
ごま油やすり胡麻、ニラでコク、お酢と生姜でさっぱり感も。
スタミナがつきそうな味なのもいい!

ニラを細かく刻むのが結構面倒、それさえ終われば後はまぜるだけです。

コチュジャンのかわりに豆板醤を加えてもピリ辛です。
お酢にレモンや柑橘の絞り汁を加えても爽やかな風味がプラスされます。

甘みや酸味の加減も自分好みに色々調節してみてください。

マジカルキッチン料理レシピ

コチュジャンソース
コチュジャンを使ったピリ辛のソース、鍋物、蒸し物のタレに。 コチュジャンの他には、蜂蜜、酢、しょうゆ、ごま油で作ります。

コチュジャンを使った真っ赤なタレ、こちらもおすすめです。

ニラ醤油ダレの保存について

作ったニラ醤油ダレ、保存は冷蔵庫で。
保存期間は1ヶ月程度持ちます。
作る際に水気を入れない事が保存のポイント。

タレをかける時に使うスプーンは毎回清潔なものを使います。

家庭菜園とニラ

家の庭にニラを植えていて、今回のニラ醤油タレも家の庭のニラで作りました。
世話はほとんどしてなくて、ほったらかし。
それでも春になると伸びてきてくれます。
肥料もやっていないため、市販のものと比べると、とても細いのですが、味はなかなかです。

根元を残して収穫すると、また伸びてきて再収穫できます。
生育が早く、年に2,3回は採れます。

家庭菜園ベタな人間からみても、ニラは丈夫な野菜です。
ニラは虫の被害も病気もあまりなくて、育てやすい部類。

苗か種を購入して育てます。
多年草で一度植えつければ、2,3年収穫できます。

夏のキッチンとシズル感

夏のキッチンはシズル感に溢れてる。

【シズル感】という言葉をご存知ですか。
主に食品や写真、広告業界で使われます。

たとえば食品ならば、トマトについた水滴。
赤くて、つやつやしてハリのあるトマトに水滴がついている写真。
それを見ると、みずみずしいトマトの美味しさ、新鮮さが伝わってきますよね。

お鍋の白い湯気やグツグツ言う音。
アツアツのお鍋を連想させます。

ステーキからしたたる肉汁やジューという焼ける音。
うーん、たまらない。

広告の料理写真などはシズル感を強調するために、ライティングを工夫したりする他に。
本物の湯気は使わなかったり、油を塗って照りを出したりすることがあるそうです。

人の感覚を刺激するシズル感。
夏のキッチンはシズル感に溢れてると思いませんか?
夏野菜はどれもツヤツヤ、色濃く。

お豆腐をお皿の上にのせて冷奴。
ひんやり、今切ったばかり。
ニラ醤油ダレをかける。
とろみのあるタレが広がる。

美味しそう、みずみずしい、食欲が湧く。
お皿の上は、そんなシズルさにあふれています。