つくしの佃煮

つくしの佃煮、春、ご飯のお供に。
つくしの佃煮
スポンサーリンク

料理ジャンル

器具:

季節:

国・地域:

レシピキーワード:

つくしと醤油とかつお節。
今年も作るいつもの佃煮。

スポンサーリンク

材料

  • つくし ・・・100g
  • 酒 ・・・大さじ1
  • みりん ・・・大さじ1
  • しょうゆ ・・・大さじ1
  • かつお削り節 ・・・多めに
  • ごま油・・・少々

作り方

  1. 土筆ははかまをとって、適当に5センチくらいの長さに折りながら、水を張ったボウルに入れていきます。
  2. 塩を加えたたっぷりの熱湯でさっとゆで(アクをとるため)、ザルにあげ、水気を切ります。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、土筆を入れて強めの火で炒めます。油がまわれば、酒、みりん、醤油を順に加えながら汁気を飛ばすように炒めます。
  4. 煮汁が少なくなれば火を止め、香りづけにごま油少々、かつお削り節をたっぷりと加えます。

キッチンメモ

春の味、つくしを佃煮に。
見かけは茶色、いかにもおばあちゃんの煮物色ですが、ほっとする味です。
ご飯がすすみます。
かつお節はたっぷりとどうぞ。
甘目が好きな方は、お砂糖を足して。

つくし料理色々。
やっぱり食べたいつくしの卵とじ

ゆでてあえるだけのゴマあえもお手軽。

作り方を写真で説明

野原の土筆

春の野原に生えている土筆です。

採ってきた土筆

採ってきた土筆です。摂るのは楽しいけど、ここからの作業は大変。

頭の開いた土筆

右は頭の開いたおじいちゃん土筆です。
パサパサになっているものは、基本取り除きます。
左は頭の部分が固く閉じた土筆。

土筆をさっとお湯で茹でる

つくしはさっと塩を加えた熱湯でゆでます。
ゆでてアクを抜きます。ゆでたものは、ザルにあげて水気を切ります。