甘くみずみずしいアスパラを乗せた小さめふっくらパン風ピザ。

アスパラのミニピザ

アスパラとミニトマト、チーズかマヨネーズをトッピングしたミニピザです。
パン屋さんのピザ風にふっくらとした生地です。

アスパラのミニピザ

Photo: by Magical Kitchen

夏野菜レシピ特集

調理時間: 1時間25分 分量: 6枚分

材料

  • 強力粉 ・・・180g
  • 薄力粉 ・・・100g
  • きび砂糖 ・・・大さじ1(9g)
  • 塩 ・・・3g
  • インスタントドライイースト ・・・2.8g
  • 水 ・・・170ml
  • オリーブオイル ・・・13g(大さじ1)
  • ベーコンスライス ・・・1枚半
  • 玉ねぎ ・・・小1/2(60g)
  • ミニトマト ・・・12個
  • ゆでたアスパラガス ・・・6本
  • トマトケチャップ ・・・適量
  • 塩 ・・・少々
  • あらびき黒コショウ ・・・少々
  • 好みでにんにくすりおろし ・・・少々
  • ピザ用チーズ ・・・適量
  • マヨネーズ ・・・適量

作り方

  1. (こね、一次発酵)ホームベーカリーのパンケースに粉、砂糖、塩、オリーブオイル、水、 イースト(イースト専用容器があればその場所に)を入れてピザ生地コースなければパン生地コースを選んでスイッチオン。(こねと一次発酵まで終わらせる)発酵の間に具を用意します。
  2. (具の準備)アスパラは根元の固い部分を切り落とし、下の方の部分(1/3程度の固い部分)は皮をピーラーでむき、塩を加えた熱湯で1分半程度ゆで(太いものは2分程度)冷水にとり(調理時間外)2センチ長さに切ります。ベーコンは1センチ幅に切り、玉ねぎはスライサーで薄くスライスし軽く水気を絞ります。ミニトマトはヘタをとって半分に切ります。
  3. (成形)発酵が完了したら、台の上に生地をのせて、包丁で6等分して丸めます。(べたつくようなら打ち粉を)広げたラップか切り開いたポリ袋の上に丸めた生地をのせ、上にもう1枚開いたポリ袋をかぶせて、麺棒で直径13センチ程度の円にのばしたものを6枚作ります。
  4. フォークで全体に空気穴をあけ、生地の周りを親指で押して高さのあるフチを作り、オーブンシートの上に並べ約15分程度休ませます。(乾燥しないようにラップかポリ袋をかけておく)
  5. (トッピング)ケチャップ、にんにくを塗り広げ、具をのせ、塩、あらびき黒コショウをふり、3枚にはチーズをのせて、残り3枚にはマヨネーズを格子状にかけます。
  6. (焼き)オーブンは天板ごと250℃に予熱しておき、取り出した天板にオーブンシートごとピザをのせ、約12分こんがりと焼きます。

キッチンメモ

ふっくら生地のパン風ミニピザです。
パン屋さんの小さなピザ風のふかふかパンをイメージ。

と言ってもいつものピザ生地、作り方とほとんど一緒。
生地を6等分にすること、広げた生地を15分程度休ませる事が違う程度です。

今回は緑の彩りに、アスパラガスを使いました。
みずみずしさと甘さがあるアスパラが楽しめます。

トッピングはチーズ版、マヨネーズ版と2種類作りました。

オーブンが1段で一度にすべて焼けない場合。
1段目を取り出した後すぐに焼きます。

作り方を写真で説明

丸く伸ばして並べる

丸く伸ばして並べます。
今回はオーブンシートでなく、アルミホイルに薄くサラダ油を塗った上に並べてます。

チーズをトッピングしたミニピザ

チーズをトッピングしたミニピザ

マヨネーズをトッピングしたミニピザ

マヨネーズをトッピングしたミニピザ

ピザ生地の発酵について、伸ばし方、焼き方について
マジカルキッチン料理Tipsコーナーにて詳しく説明しています。

マジカルキッチンで使用しているホームベーカリー

パナソニック2009年製のホームベーカリーを使っています。
付属の小さじ1がイースト2.8g分
パン生地コースに使用する粉280g、食パン生地コースの粉250gに対して
基本的にイーストを2.8g使用するようになっています。

ご使用のホームベーカリー機種に合わせて粉やイースト
水分の割合など加減していただいて問題ありません。

下はPanasonicの最近の機種

ホームベーカリーを使わずにピザ生地をこねて一次発酵させる方法

アスパラのミニピザと同じ材料で作れる料理

材料: にんにく| アスパラガス| イースト| オリーブオイル| チーズ| トマトケチャップ他| ベーコン・ハム類| マヨネーズ| 強力粉| 玉ねぎ| 薄力粉・中力粉|

材料大分類:乳製品|油脂類|穀類||調味料・甘味料・香辛料|野菜|香味野菜・薬味・ハーブ|

アスパラのミニピザと同じジャンルの料理

ジャンル: |