ポテトフォカッチャ

一生懸命こねなくてもOKな、じゃがいも入りのもっちりフォカッチャ。
ポテトフォカッチャ
スポンサーリンク

料理ジャンル: /

器具:

季節:

イベント:

レシピキーワード:

つぶしたじゃがいもを練りこんだフォカッチャです。
外はこんがり中はふんわりもっちりした病みつきフォカッチャ。

スポンサーリンク

材料

  • 強力粉 ・・・300g
  • 薄力粉 ・・・100g
  • きび砂糖 ・・・大さじ1(9g)
  • じゃがいも ・・・2個(200g)
  • 塩 ・・・6g
  • インスタントドライイースト ・・・4g
  • 水 ・・・270ml
  • (仕上げ用)オリーブオイル ・・・適量
  • ローズマリー ・・・1枝
  • あら塩 ・・・少々

作り方

  1. (じゃがいも準備)じゃがいもは洗って皮付きのままポリ袋に入れて電子レンジ600Wで約4分から4分半加熱し、竹串がすっと刺さるまで加熱し皮をむき、マッシャーやすりこ木でつぶします。
  2. (こね、一次発酵)ボウルに薄力粉、強力粉、塩、砂糖、イーストを加えて混ぜ、1のジャガイモも加えて混ぜ、水も加えて粉と水分、じゃがいもがなじむように手で混ぜます。粉っぽさがなくなってひとまとまりになればOK。(柔らかい生地です。)ボウルにラップをかけて25~35分程度一次発酵させます。(生地を押してみて弾力感が減ればOK)
  3. 打ち粉をふった台の上に取り出し、打ち粉をまぶし4等分に包丁で切り分けます。打ち粉をふりながら生地を丸めなおして12,3センチの円形に伸ばします。天板にオーブンシートを敷いた上に生地を並べラップや切り開いたポリ袋をふんわりとかけ30分程度二次発酵させます。
  4. オリーブオイルをたらして指で穴をあけ、あら塩をふり、ローズマリーを散らします。230℃に予熱しておいたオーブンで焼く15分程度こんがりと焼きます。

キッチンメモ

じゃがいもを練りこんだ平焼きパン、ポテトフォカッチャです。
外はこんがりカリッと中はふんわりもっちりした食感。
見かけは地味ですが、素材のおいしさがうれしいパンです。

じゃがいもが入っているとは、食べても一見わかりません。
でも、じゃがいもがパン生地を美味しくしているのは確実に感じられます。
いつもと同じみたいだけれど、なぜだか美味しい!どうして?
と食べさせた人に聞かれるかもしれません。

生地は柔らかめの生地で、通常のパン作りのように一生懸命こねなくても作れます。
柔らかめの生地なので打ち粉をふりつつ形を作ります。

次の日は切り分けてトーストして食べるのがおすすめです。
香ばしさが味わえます。

翌日はトースト

ローズマリーは省略可能。
にんにくを塗ってもおいしいです。
あら塩がない場合は、塩でもOKです。

発酵は夏場(30度前後)は室温で十分発酵します。
寒い時期は温かい場所に置くか、オーブンの発酵機能を使ってください。
気温によって発酵時間はかわってくるので加減します。

作り方を写真で説明

蒸したじゃがいもをつぶす

レンジで蒸したじゃがいもをつぶします。

ボウルに粉類を用意

ボウルに粉やイースト、砂糖を用意。じゃがいも、水分と合わせます。
手で混ぜます。通常のパン作りほど一生懸命こねなくて大丈夫。

柔らかめのじゃがいも入りの生地

柔らかめのじゃがいも入りのフォカッチャ生地の完成です。

穴をあける

二次発酵させオリーブオイルをたらして指で穴をあけ、塩、ローズマリーを散らします。