レタスと豚のシンプル鍋

色どりもよくレタスと豚、サッと作れるお鍋です
レタスと豚のシンプル鍋
スポンサーリンク
MagicalStory

サラダやサンドイッチのために
レタスを買ってきて
作った→余る→困る

いつものパターン

さぁ、どうしよう?
それならレタス鍋はいかが?
簡単手早い一石二鳥のレタス鍋。

料理ジャンル

季節: //

イベント:

国・地域:

火を通したレタスがおいしい!レタス消費に困った時にも。
レタス、豚小間、にんじん、豆腐、エノキで作る鍋物です。

スポンサーリンク

材料

  • リーフレタス  ・・・150g(約1/2袋)
  • 豚こま切れ肉   ・・・100g
  • にんじん ・・・小1本
  • えのき ・・・50g
  • 豆腐 ・・・1/2丁
  • 水 ・・・600ml(カップ3)
  • 鶏がらスープの素 ・・・小さじ1/2
  • 酒  ・・・大さじ1
  • 塩  ・・・少々

作り方

  1. レタスは洗って葉の部分と根本部分をわけておきます。えのきは根元を少し落として長さを半分に切り、豆腐は食べやすい大きさにきります。にんじんはピーラーで縦にスライスしリボン状にします。
  2. 鍋に水、酒、塩、鶏がらスープの素を加えてフタをして火にかけ煮立てば、にんじん、えのき、レタスの根元部分、豆腐を加えてフタをして煮ます。
  3. 煮立てば豚を入れて色が変わるまでサッと煮て、あくをとり、食べる直前にレタスの葉の部分を加えます。好みのつけだれでいただきます。

キッチンメモ

18センチの鍋にレタス、にんじん、豆腐にえのき、豚肉。
シンプルなお鍋だけど彩のよさがあります。
もちろん具材からうま味が出て美味しいお鍋になってます。

にんじんはピーラーでヒラヒラリボンに。
これが少々手間かもしれません。

サラダのためにレタスを買ったものの、余って困った。
なんて時のレタス消費にもなりますよ。
火を通せばレタスもモリモリ食べられます。

女子好みのレタスをたっぷり使ったお鍋なので、母の日等に作ってあげると喜ばれるかも。

シンプルと言いつつも、数えてみたら5種類の具が。
鍋物はついつい色々な具を入れたくなります。

今回は火の通りのいい具を集めて作りました。
えのき、レタスの火の通りやすさはもちろんバッチリ。
にんじんもヒラヒラに薄く。
豚肉も薄切りなので、煮すぎないように注意です。

つけダレは、シンプルなら。
レモン汁など柑橘の汁、しょうゆ、ゴマ、ごま油少々にお鍋のつゆを加えたもの。
市販のポン酢しょうゆでももちろんOKです。

練りゴマ、にんにく、味噌、しょうが。
ネギ、コチュジャン、ナンプラーなどなど。
お好みのものを。

鍋物じゃご飯のおかずにならない問題、ご飯のともで解決

鍋物は肉や魚介、豆腐に野菜、きのこが入って栄養満点。
こんにゃくなんかも入りますね。

温かく汁もたっぷりで、味噌汁代わりにもなります。

もう十分だと思うのですが。
あともう1品をリクエストされたり。
「鍋物じゃ、ご飯のおかずにならない」
なんて声が出ることも。

こんな時こそ、ご飯のとも。
作り置きや常備菜の登場です。

ご飯に合う定番系【ご飯のとも】自家製レシピ集
「ごはんのとも」になるマジカルキッチンおかず、漬物レシピ集。定番のご飯のとも、自家製で作ると安心感がありますね。

鍋物に足りない食材で考えると。
根菜類が物足りないのでゴボウやレンコン。
いもやかぼちゃなんかもいいですね。

マジカルキッチン常備菜・サラダ・小鉢レシピレシピコーナー

マジカルキッチンレシピ、ちょっとした副菜を探すなら。
常備菜やサラダ・小鉢・酢の物レシピがそろっています。