豆のミルクスープ

好きな豆を煮込んで作る家庭的なミルクスープ。
豆のミルクスープ
スポンサーリンク

料理ジャンル:

季節:

イベント:

いくつかの種類の豆をミックスしてミルクスープにしました。
豆の優しい味を楽しんで。

スポンサーリンク

材料

  • 豆類(グリンピース、ひよこ豆、白いんげん豆等) ・・・400g
  • あればセロリ ・・・1/2本(約50g)
  • 玉ねぎ ・・・1個
  • ソーセージ ・・・4本
  • バター ・・・10g
  • 水 ・・・200ml
  • 牛乳 ・・・200ml
  • 塩 ・・・適量
  • こしょう ・・・少々
  • あればナツメグ ・・・少々
  • あればパセリ ・・・少々

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りに、ソーセージは小口切り。セロリは筋を取って輪切りに。
  2. フライパンにバターをひき、玉ねぎを炒め、セロリ、ソーセージも加えて炒めます。
  3. 水を加えて豆を入れ、フタをして煮込みます。煮立てば、牛乳も加えて軽く温め塩、こしょう、ナツメグで味をととのえ、器に盛りあればパセリのみじん切りをちらします。

キッチンメモ

豆を使ったスープです。具だくさんで煮込みのようなスープ。
ホッとする家庭的なスープです。
豆は色の違う豆を数種類用意すると見た目がカラフルに。

セロリを使わない場合は、固形コンソメを加えると出しが出ます。

缶詰の豆でもOK、汁があれば一緒に入れてください。

家で豆をゆでる

家で豆をゆでると安上がり、かつ色々使えます。
茹でた青豆やひよこ豆、付け合わせ用にソテーしたり。
サラダ、炒飯に浸かったりも。
ゆで汁もスープやみそ汁に使えます。

下ごしらえした豆は冷凍保存可能です。

時短で豆なら圧力鍋がおすすめ

短時間調理が特徴の圧力鍋。
もちろん豆の調理も時短実現。
普通に調理するよりも、短時間で柔らかくなります。

圧力鍋で豆を煮るときの注意点。
鍋によって豆はここまでしか入れられないという容量があります。
それを超えないようにします。
大豆などは特に泡が出るので気をつけます。

低圧高圧切り替え可。高圧は100Kpa
手ごろな価格ですが、基本性能は満たしてます。
炊飯、煮物、魚を煮たり、プリンを作ったりも。

商品比較雑誌でも高評価。
圧力ピンが上がった際の表示が慣れるまで分かりにいので慣れが必要。

以前からありましたが、最近人気上昇しているのが電子圧力鍋。
お鍋にお任せで作れるのがいいですね。

豆をまとめ買い

黒豆、小豆、乾物等、近所のお店よりも割安なので毎回ネットショップでまとめ買いしています。
国産物のほか、海外の豆、珍しい豆もあるのが面白い。

食べもんぢから。

大豆、小豆、ひよこ豆、レッドキドニービーンズ、レンズマメ等購入。
特におすすめが大手亡、白い豆で甘く煮ても、水煮にして料理に使ってもおいしい。
変わった名前の豆も、味は普通に美味しい豆なので、スープ等に使っています。

タイトルとURLをコピーしました