ゴマ生地にチーズを包んだ定番パン

ごまチーズのプチパン

ゴマを加えた生地はゴマの香りが香ばしく。チーズを包んだみんなの好きなパン。
パン作りのコツ、初心者さん向けの裏技情報も紹介します。

ゴマチーズのプチパン

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 2時間10分 分量: 16個分

材料

  • 強力粉 ・・・240g
  • 薄力粉 ・・・40g
  • きび砂糖 ・・・15g
  • 塩 ・・・4g
  • インスタントドライイースト ・・・2.8g
  • 牛乳 ・・・200ml
  • バター ・・・10g
  • 炒り黒ゴマ ・・・12g
  • 炒り白ごま ・・・12g
  • プロセスチーズ ・・・1個につき10~12g

作り方

  1. ホームベーカリーのパンケースに粉、砂糖、塩、バター、牛乳、 イースト(イースト専用容器があればその場所に)を入れてパン生地コース「具投入あり」を選んでスイッチオン。
  2. 具投入の合図(ミックスコール)が鳴ればゴマを加えます。(こねと一次発酵まで終わらせる)
  3. (成形)発酵が完了したら、台の上に生地をのせて、包丁で12等分して丸めてとじめを下にして置き、10~15分程度休ませます。(パン生地の乾燥防止に固く絞った濡れ布巾やラップをふんわりとかけておきます。)
  4. もう一度軽く丸めなおし、10センチ程度の円形にのばし、角切りにしたチーズを包み(1個につき約10~12g)、しっかりと合わせ目をとじ、とじ目を下に置いて手で生地を包み込むようにして台の上で転がし形を整、オーブンの天板にオーブンシートを乗せた上に並べます。
  5. 温かい場所に約35~40分程度(時間は目安詳しくは下のメモを)置いて、二次発酵させます。(乾燥防止にビニール袋をふんわりとかけておきます)
  6. キッチンバサミで十字に切れ目を入れ、190℃に予熱しておいたオーブンで、約13~15分こんがりと焼きます。焼きあがれば網にとって冷まします。

キッチンメモ

プチプチしたゴマのプチパンにチーズを包みました。
焼きたてはチーズがとろり。
そのままおやつに、食事パンにと活躍してくれるデイリーパンです。

上の写真では半量チーズ入り、残りはチーズなしで作ってます。

作り方を写真で説明

一次発酵完了

ホームベーカリーにて、こね作業、一次発酵完了。

十分に発酵していない場合は、もう少しホームベーカリーの中に入れておきます。
触ってみてずっしり重い感じがしたら、発酵不足です。

生地を切り分け休ませる

生地を切り分け丸めて、休ませます。(ベンチタイム)

チーズを包む

休ませた生地は軽く丸めなおして丸く平たく広げチーズを包みます。
二次発酵させている間に、とじ目が開いてこないように、しっかりと生地をつまみます。

ビニール袋で包んで生地をのばすと打ち粉いらずでのばせます。

二次発酵させる

天板にオーブンシートを敷き、パンをとじ目を下にして並べ二次発酵させます。

今回は夏場なので室温で。
生地が乾燥しないように、ビニール袋をふんわりとかけています。

はさみで切れ込みを入れる

二次発酵後、ハサミで切れ込みを十字に入れます。

オーブンは予熱しておきます。

ゴマパンのゴマについて

ゴマを入れたパンは、ゴマの香りプチプチ感が楽しめます。
もちろんゴマの栄養も摂ることができますね。

ゴマは黒白2種類使っていますが、黒1種類でも構いません。(白は色が目立ちません)

ゴマは初めからパンケースには加えません。
ホームベーカリーがこねている間にゴマがつぶれてすりごまを入れたような状態になります。
ゴマの粒をいかしたい場合は、ゴマは具投入ありを選びます。
機種によってミックスコールなど呼び方が違うようです。
自動投入用の場所があれば自動で投入できます。

オーブン用の紙がない時は、アルミホイルを使用

アルミホイルに薄く油を塗った上にパンを並べてもOKです。
油を塗らないと生地がホイルにくっつくので、油を薄く塗ります。

二次発酵について

一次発酵させて成形した生地はそのまま焼くのではなく
二次発酵させてふっくら膨らませてから焼き上げます。

30℃から35℃程度で二次発酵させます。

夏場は室温でも十分発酵します。
直射日光が当たる場所、乾燥した場所は避けます。

温度や湿度によって、発酵にかかる時間はかわってきます。

二次発酵時の乾燥防止法

霧吹きで水を吹きかける方法。
上に乾燥防止に何かかけることでも乾燥防止になります。
ラップよりも切り開いたポリ袋の方がくっつきにくいので
ポリ袋をキッチンバサミで切って広げて使っています。
オーブンによってはスチーム機能を利用する機種もあります。

お湯とビニール袋を活用

高さのある大きめマグカップ数個をパンを並べた天板に置きます。
や小鍋に湯を入れます。
天板とカップごと大きなポリ袋に入れてオーブン庫内に天板を置きます。

寒い時期はあらかじめ庫内をレンジ加熱か、オーブン加熱で少し温めておきます。

天板の下にお湯の入った鍋やどんぶりを置いたりする方法も。
とにかく暖かで乾燥しない環境を作ればOK。

オーブンの発酵機能を活用

パン生地を発酵させるモードがついたオーブンも多いです。
オーブンの説明書を参考にしてください。

オーブントースターで焼き上げる場合

オーブントースター庫内になにも入れず数分温めてスイッチを切ってから中に入れてやります。
冷めたら天板を取り出してまた庫内を温めます。

ホットプレートを使って焼く場合

ホットプレートを使ってマフィンなど焼く場合も
ホットプレートになにも乗せない状態で、温めてスイッチを切り、ホットプレートに生地を並べます。
冷めたらそのまま短時間温めます。

ホームベーカリーを使わず手でこねて作る場合

ホームベーカリーを使わずにパン生地を作るのも簡単です。
ゴマも初めから粉に加えます。
ボウルに材料を入れて手でなめらかに弾力が出るまでこね、一次発酵させます。

マジカルキッチンで使用しているホームベーカリー

パナソニック2009年製のホームベーカリーを使っています。
付属の小さじ1がイースト2.8g分
パン生地コースに使用する粉280g、食パン生地コースの粉250gに対して
基本的にイーストを2.8g使用するようになっています。

ご使用のホームベーカリー機種に合わせて粉やイースト
水分の割合など加減していただいて問題ありません。

下はPanasonicの最近の機種

ごまチーズのプチパンと同じ材料で作れる料理

材料: イースト| ゴマ| チーズ| バター| 強力粉| 牛乳| 薄力粉・中力粉|

材料大分類:ゴマ・種子|乳製品|油脂類|穀類|調味料・甘味料・香辛料|

ごまチーズのプチパンと同じジャンルの料理

ジャンル: |