中華風おこわ

中華風の味付けがうれしい炊き込みごはん。
中華風おこわ
スポンサーリンク

料理ジャンル

器具:

季節: /

イベント: /

場面: //

国・地域:

ぎんなんや焼き豚の入ったモチモチ中華風のおこわです。
材料を切って加えて炊くだけの簡単ごはん。

スポンサーリンク

材料

  • 米 ・・・1合
  • もち米 ・・・2合
  • にんじん ・・・2/3本
  • 干ししいたけ ・・・2枚
  • たけのこ水煮 ・・・70g
  • ぎんなん(ゆでたもの) ・・・30粒
  • 豚バラ肉 ・・・200g
  • A塩  ・・・少々
  • Aこしょう  ・・・少々
  • A酒  ・・・小さじ1
  • 酒 ・・・大さじ1
  • みりん ・・・大さじ1
  • 鶏がらスープの素 ・・・小さじ1
  • オイスターソース  ・・・大さじ1と1/2
  • 塩 ・・・小さじ1/4
  • しょうゆ ・・・大さじ1と1/2
  • ごま油 ・・・大さじ1
  • しいたけの戻し汁と水 ・・・合わせて約500ml

作り方

  1. 干ししいたけは水に漬けて戻しておきます。(調理時間外)戻して薄切りに。もち米、米はといでザルに上げておきます。にんじんは5ミリ厚さの輪切りにし、野菜の抜型で抜きます。残った部分は角切りにします。肉は食べやすい大きさに切り下味にAの塩、こしょう、酒をもみこんでおきます。たけのこは5ミリ角程度に。
  2. 圧力鍋か炊飯器のお釜に米、酒、みりん、オイスターソース、鶏がらスープ、しょうゆ、ごま油、塩、しいたけの戻し汁と水を合わせたものを加え(炊飯器の場合は3合の目盛りに合わせる)、1の具(にんじん、しいたけ、たけのこ、ぎんなん、肉)をのせて炊飯器で普通に炊きます。(圧力鍋で炊く場合は、圧が上がるまで強めの中火で加熱、圧が上がれば4分半弱火で加熱して火を止め自然に圧が下がるまでそのまま置きます。 )炊きあがれば全体をかき混ぜます。

キッチンメモ

色々な具を加えた中華風のご飯です。
秋はぎんなん、栗を。
夏には枝豆を使うと季節感がでます。
材料刻んで炊くだけなので簡単。

華やかなのでお祝い、集まりのご飯。
行楽弁当にもぴったり。

今回は圧力鍋で炊いていますが、炊飯器でも大丈夫です。

お正月が終わった頃、少しずつ余った食材で

中華風おこわ

お正月が過ぎたころ。
おせちの残りの焼き豚。
煮物を作ったたけのこ等が冷蔵庫にありませんか?
そんな時にもこの中華風おこわを作ります。
少しずつ残ったものを炊き込みご飯で一掃、冷蔵庫のお片付け。

焼き豚やハムは角切りにして加えます。
量は80~100g程度。
にんじん、シイタケ等他の具も5ミリの角切りに。

お正月に残ったお餅。
もち米のかわりに切り餅を入れて炊いてもおこわのようにモチモチするんですよ。
切り餅は刻んで加えます。
米3合で切り餅1個半から2個程度。

銀杏の他に甘栗や枝豆を使ってもおいしくできます。

ちなみにこちらのぎんなんはご飯を炊いた後に混ぜたものです。
緑色がきれいです。

ぎんなんについて

ぎんなんは殻付きのものを自分でむきました。
水煮や缶詰のものを使っても手軽です。

今回は紙袋に入れてレンジにかけて加熱。
殻に割れ目が入るので手で殻をむきます。
殻に割れ目が入っていないものは、ペンチで割って中身を取り出しました。

秋ならでは、ぎんなんを拾って食べてみませんか?

マジカルキッチン料理のTips

美味しいぎんなん、食べ過ぎには注意です。
人によって症状が出る個数は違いますが、食べ過ぎるとぎんなんで中毒症状が出ることも。
1日30個程度までが目安です。

圧力鍋について

今回使用した圧力鍋は100kpaの圧のものです。
もっと高いkpaの圧力鍋の場合は時間を短く。
80kpaの圧力鍋の場合は長めに炊いてください。
加熱時間等は、お使いの圧力鍋に付属のクッキングブック等参考に。

おすすめ圧力鍋

低圧高圧切り替え可。高圧は100Kpa
手ごろな価格ですが、基本性能は満たしてます。
炊飯、煮物、魚を煮たり、プリンを作ったりも。

商品比較雑誌でも高評価。
圧力ピンが上がった際の表示が慣れるまで分かりにいので慣れが必要。

以前からありましたが、最近人気上昇しているのが電子圧力鍋。
予約機能、火加減自動調節が便利。