麻婆豆腐

豆板醤と味噌、基本の麻婆豆腐の作り方。
麻婆豆腐炒、焼、ソテー・グリル
スポンサーリンク

料理ジャンル

器具:

季節:

国・地域:

レシピキーワード:

家庭料理、中華の定番麻婆豆腐の作り方。
味噌、豆板醤、しょうゆで味付けします。

スポンサーリンク

材料

  • 木綿豆腐 ・・・1丁
  • 長ねぎ ・・・1/3本
  • しょうが ・・・1かけ
  • にんにく ・・・1かけ
  • 豚ひき肉 ・・・100g
  • サラダ油 ・・・大さじ1
  • 豆板醤 ・・・小さじ1
  • 味噌 ・・・大さじ1
  • しょうゆ ・・・小さじ1
  • 酒 ・・・大さじ1
  • こしょう ・・・少々
  • 水 ・・・150ml
  • 砂糖 ・・・小さじ1/2
  • 片栗粉 ・・・大さじ1
  • ごま油 ・・・少々

作り方

  1. しょうが、にんにくはみじん切り(すりおろしでも)、ねぎもみじん切りに、水切りした豆腐はさいの目に切ります。
  2. フライパンまたは中華鍋に油を熱しねぎ、しょうが、にんにくを炒め香りが立てば、強めの中火で肉を加えよく炒めます。
  3. 豆板醤、味噌を加えて炒め、水、酒、砂糖、しょうゆを加え豆腐を加え煮立ったら3~4分程度煮ます。(豆腐を崩さないように気をつける)
  4. 火を弱め倍量の水で溶いた水溶き片栗粉でとろみをつけこしょうをふり、仕上げにごま油少々で香りを出します。

キッチンメモ

中華の定番【麻婆豆腐】
ご飯がすすむおかずです。
麻婆豆腐の赤い色はピリッと辛い豆板醤。

家庭で作りやすいレシピにしています。

麻婆豆腐は意外と奥が深い料理。
凝って本格を目指す、好みのマーボを追求するのももちろんありです。
調味料もあれこれそろえて。

でも、まずは【おうちマーボ】
家にある材料でと言うなら
このレシピで満足マーボ大丈夫です。
今夜はマーボだ、うれしいなっと。

麻婆豆腐の献立、副菜は?

麻婆豆腐の時の献立って迷いませんか?
メインの麻婆豆腐に合わせる副菜。
何を合わせればいいの?

麻婆豆腐がスタミナ系濃い味なので、合わせる副菜は【さっぱり】【お酢系】がおすすめ。
【酢の物】【サラダ】【あえ物】など。

麻婆豆腐アレンジ、具を足す、カレー、トマト味

麻婆豆腐だけだと野菜が足りない。
一皿で栄養摂りたいなんて時には具をプラス。
ニラを加えると色もきれい。
きのこを加えるのも簡単です。

あいびきミンチとカレー粉やカレールーでカレー麻婆豆腐もあり。
トマトとオリーブオイルでイタリアン麻婆豆腐もおいしいですよ。

麻婆豆腐
家庭料理、中華の定番麻婆豆腐の作り方。
味噌、豆板醤、しょうゆで味付けします。
ニラ入り麻婆豆腐
ニラを加えて緑黄色野菜野菜をプラスした麻婆豆腐です。
緑も鮮やか彩りもきれいです。
カレー麻婆豆腐
カレー風味の麻婆豆腐、味噌、カレー粉、醤油で。
スパイシーな香りが食欲をそそります。
塩麻婆豆腐
いつもの麻婆豆腐を塩系で旨塩麻婆豆腐。
香味野菜はきちんときかせて、味付けは鶏がらスープとナンプラー。

豆板醤について

あ~あれ食べたい。
そう、ふとやってくる。
マーボ食べたい気分。
お店に行く?マーボの素買う?
料理初心者な人も家で簡単麻婆豆腐。

ここで必要になるのが豆板醤
あとは家にある調味料でできます。
中華材料豆板醤はピリ辛好きな人なら買って損はなし。

野菜炒めに使えば即ピリ辛野菜炒めに。
中華風のスープ以外にもみそ汁やなべ物の時にも使えます。
味噌との相性もいいので、味噌味にプラスするのもおすすめです。

味噌はあれば赤みそを使うとコクが出ます。
またあれば花椒を最後に振ると香りがいいです。

豆板醤はないけど韓国の調味料、コチュジャンはある。
そんな時はコチュジャンを代用できます。
コチュジャンは豆板醤より甘味がありますが、豆板醤の代用になります。