カリカリのらっきょう漬け自家製で作りませんか。

簡単らっきょうの甘酢漬け


主な食材: , ジャンル: ,
季節:

らっきょうの甘酢漬け、甘酢を煮立て洗ったらっきょうを漬けて作る簡単バージョンです。
一年分漬けてその年の間楽しみたいらっきょうの甘酢漬け、浸けたらっきょうの使い方あれこれも。

簡単らっきょうの甘酢漬け

Photo: by Magical Kitchen

クリスマスレシピ特集へ

秋から冬の作り置きレシピ特集

調理時間: 30分 分量: 作りやすい分量分

材料

  • らっきょう(土付き) ・・・1キロ
  • 酢 ・・・600ml
  • 塩 ・・・大さじ3
  • 砂糖 ・・・200g
  • 乾燥赤唐辛子 ・・・少々

作り方

  1. らっきょうは1粒ずつばらしながら水洗いして汚れを落とし、ザルにあげて水を切ります。薄皮をむき、茎と根を切ります。
  2. 瓶(消毒の仕方は下のメモに)にらっきょうを詰めます。鍋(アルミ以外の鍋)に甘酢漬けの調味料と唐辛子を煮立たせ、熱いうちに瓶に注ぎます。落としラップをして冷めればフタをして冷暗所で保存します。(ラップはらっきょうが沈んだら取り除きます)

キッチンメモ

らっきょうが出回る季節に作り置きしたい定番のらっきょうの甘酢漬け
塩漬けしてから作る方法もありますが、今回は簡単に作れる方法を紹介します。
カリカリに漬かりますよ。

手順2でラップを使うのは、らっきょうが汁から飛び出るのを防ぐため。
らっきょうを押さえるためにラップをかぶせます。
らっきょうが沈んだらラップは取り外してください。

食べごろは3週間後です。

今回は、らっきょう漬けのコツ、カリカリにするコツ、消毒、ビンについて。
らっきょうの食べ方いろいろの紹介です。

作り方を写真で説明

甘酢材料を鍋に沸かす

甘酢の材料を鍋に入れてひと煮たちさせます。

ラップを貼り付けます

らっきょうが汁から飛び出ないようにラップをかけます。

らっきょう漬けのこつ

市販の塩漬けらっきょうを使ってもお手軽です。
塩漬けした後塩抜きもしてあるので、甘酢を注いで漬けるだけ。
シャキッとしたらっきょうがお好みの方は、土付きのらっきょうを使うことをおすすめします。
カリカリの食感が楽しめます。

カリカリのらっきょうにするコツ

芽先、根の部分を切り落とすとき、深く切り過ぎると甘酢が染み込み過ぎてカリカリにならなくなります。
(ただし、根の部分の切り落としが薄すぎても固くてイマイチ)
市販の塩漬けらっきょうは、根と芽の部分をかなり切ってあるんですよね。

らっきょう作り、必要になるのがビンの消毒です。
不十分だとカビや腐敗の原因になります。
ビンの消毒方法について迷ったら。

甘酢を作る時の鍋や保存する容器。
酢を使った保存食なのでアルミ製品は不可。
鍋は酸に強いホウロウやステンレスを。

保存はガラス等が最適です。
らっきょうの匂いがフタやパッキンにつくので要注意。

らっきょう漬けを使った料理

作ったらっきょう、そのままカレーの付け合せにいいですね!
それ以外にも使い道はいろいろ。
玉ねぎやピクルスのかわりと考えると使いやすいです。

炒め物や炒飯、刻んでタルタルソース、ドレッシングにも。

らっきょうを活用した料理

簡単らっきょうの甘酢漬けと同じ材料で作れる料理

材料: その他ハーブ| |

材料大分類:調味料・甘味料・香辛料|香味野菜・薬味・ハーブ|

簡単らっきょうの甘酢漬けと同じジャンルの料理

ジャンル: |