鯛のあら汁

鯛のあらで気軽に味噌汁
鯛のあら汁
スポンサーリンク
MagicalStory

最近あれ飲んでないなぁ
じんわり染みる、あの旨味。

ああ、鯛のあら汁が恋しい。

お祝い事なんてなくても
あらならお手軽気軽
いつでも飲みたい
鯛の味噌汁です

料理ジャンル

季節: /

国・地域:

鯛のあらで鯛の出汁のきいた、じんわりおいしい味噌汁を。
鯛のあらの臭みを抜く方法も紹介

スポンサーリンク

材料

  • 鯛のあら  ・・・1/2尾分(400g)
  • 酒   ・・・大さじ3
  • 酢 ・・・大さじ2
  • 塩 ・・・小さじ1/3
  • 味噌 ・・・大さじ3~4
  • 長ねぎ ・・・約1/2本
  • しょうが ・・・ひとかけ
  • にんじん  ・・・1/3本(50g)
  • 大根  ・・・100g
  • 豆腐  ・・・1/2丁
  • 水 ・・・1200ml

作り方

  1. (鯛に塩)鯛のあらに塩をふりかけ15分ほど置き、水分を出します。水が出たら流水で流します。
  2. (湯につけ洗う)鍋に湯を沸かし、鯛のあらをさっと湯につけて引き上げ、冷水につけます。ウロコや血を流水で洗い流します。(ウロコ落としがなければ、包丁で)
  3. (野菜を切る)しょうがは薄切りに、大根は厚さ3ミリ程度、にんじんは薄めのいちょう切りまたは半月切りに。ねぎは白い部分はぶつ切りに、青い部分は斜め薄切りにします。豆腐はさいの目に切ります。
  4. (煮る)鍋に水、鯛のあら、にんじん、大根、しょうが、塩、酢、酒を入れ中火にかけます。沸騰したら弱火にし、ネギを加え、時々アクを取りながら煮ます。
  5. (味噌)野菜が柔らかくなれば、豆腐も加え、味噌を溶き入れ沸騰直前に火を止めます。

キッチンメモ

鯛のあらを使った味噌汁です。
だしを入れなくても、鯛からいいだしが出ます。
魚から出る油分も結構多くて、意外とこっくり。
じんわりあったまる感じです。

一緒に煮る大根やにんじんはお好きな具にかえても。

マジカルキッチン料理レシピ

鯛のあら汁、お餅を入れずに、味付けは味噌味です。

鯛のあらの雑煮
鯛のあらで鯛のコクを味わう贅沢雑煮。
お餅の食べ方の紹介も。

煮汁に加えた「酢」
これは味のためではなく。
魚の骨からカルシウムを出すために加えています。
鮭のあらでもよく作るのですが、そこでも酢を加えてます。

骨付きの鶏や鶏がらスープを取る時も「酢」「レモン汁」を加えて煮込んで、カルシウムを出すようにしています。

酢を加えても、煮ると酸味は飛ぶので大丈夫です。

塩焼きにして冷凍保存で後で使う

鯛のあら、すぐに料理に使わない場合は一度塩焼きにしておくと便利です。
この後、あら汁にしても出汁がでます。

手順2でウロコをとったあと、塩をふって魚焼きグリルで焼きます。
冷凍保存もできます。

鯛のあら、臭みを感じさせないために

鯛というと高級魚のイメージがありますが、鯛のあらなら気軽に買えます。
見つけたらぜひ手に取ってみてください。

魚売り場で下処理済みなものも多いですよ。
そういうお店の鯛のあらはウロコも少なくて下処理も簡単です。
あまり下処理していないお店の鯛は、結構ウロコがびっしりです。

鯛のあら

鯛のあらの臭みを感じさせない方法6つ

このポイントは鯛以外の魚にも有効です。

  • まずは鯛のあらに塩をふって水を出す
  • さっと湯にくぐらせること(ウロコも落としやすくなる)
  • あらを洗って血の部分やぬめり、ウロコを落とす
  • 酒を加える
  • 生姜を加える
  • 新鮮な鯛を使う
  • 煮ているときにアクを丁寧に取る

あらに塩をふっておくことで、生臭みを含む、水が出てきます。

湯にくぐらせることで、ウロコがとりやすくなります。
ウロコは包丁でもとれます。

この作業は、さっとつける程度でないと、煮すぎると身がボロボロになります。

酒、しょうが、ねぎも魚の臭みとりには有効です。

煮ているとき、アクが結構出るので丁寧に取り除きます。
このアクにも魚の臭みが出ています。

また、上で書いたように一度塩焼きにしても臭みけしになります。