ミントのエスニックサラダ

ミントを使ってアジア感覚、毎年リピートしたくなるサラダです。
ミントのエスニックサラダ

材料

  • ミント(正味) ・・・カップ1
  • 新玉ねぎ(または玉ねぎ) ・・・1/4個
  • レタス ・・・130g
  • オリーブオイル ・・・小さじ2
  • 蜂蜜 ・・・小さじ2/3
  • ナンプラー ・・・小さじ1
  • レモン汁 ・・・小さじ1と1/2
  • こしょう ・・・少々

作り方

  1. 玉ねぎはスライサーで薄切りにして広げ、30分程度室温で空気にさらしておきます。(調理時間外)
  2. ボウルにオイル、蜂蜜、ナンプラーを混ぜ、レモン汁、こしょうも混ぜ、1の玉ねぎ、葉を刻んだミント、千切りにしたレタスを加えて全体をあえてできあがり。

キッチンメモ

季節の新玉ねぎとミントを使ったさわやかサラダ。
ナンプラー、蜂蜜で少し甘目がアジア風。

フライ物やお肉料理の横に添えてもさっぱりします。
時間がたつとしんなりしますが、味が染みておいしいので作り置きサラダにしても。

レタスはきゅうりの千切りを使って作ることも多いです。
以前紹介した際は、レシピ名がミントのシンプルサラダでした。
なのでコツは、シンプルに作ること。

初夏になると庭にミントが勢いよく出てくるので、初夏から夏によく作ります。
毎年この季節の楽しみサラダです。

玉ねぎを水にさらすと栄養素が逃げる

生玉ねぎをサラダに使う場合の下ごしらえ。
スライサーを使うと楽々薄切りになります。

気になるのが生玉ねぎの辛味。
薄切りにした玉ねぎの辛味を飛ばす際の注意点。
玉ねぎスライスを水にさらすと玉ねぎの栄養素が水に溶けだしてしまいます。
ケルセチンと言う玉ねぎの栄養素は抗酸化作用があるので逃さず取り入れたいもの。
水にさらさず、室温で30分程度置いておくことで辛味をやわらげることができます。

時間のない時は、塩を軽くふって少し置いて水気を絞って使ったり。
水にさらす場合は短時間でさっとさらします。