セロリの塩焼そば

セロリを葉ごと加えて塩焼そばに、味付けはナンプラーで。
セロリの塩焼そば焼きそば
スポンサーリンク

料理ジャンル

器具:

季節:

セロリとカニカマの塩焼そばレシピです。
セロリの香りで食欲モリモリ、ナンプラーで塩系のあじつけに。

スポンサーリンク

材料

  • 焼きそば麺 ・・・2袋
  • 塩 ・・・少々
  • こしょう ・・・少々
  • セロリ ・・・1/2本(葉つき100g)
  • 玉ねぎ ・・・1/4個
  • カニかまぼこ ・・・80g
  • ぶなしめじ ・・・1/2株(50g)
  • ナンプラー ・・・大さじ1
  • みりん ・・・大さじ1
  • 酒 ・・・大さじ1

作り方

  1. 玉ねぎは細切りに、カニかまぼこはほぐします。セロリは筋があればとって、斜め薄切りに。しめじは石づきを落としてほぐします。
  2. 中華なべにサラダ油小さじ2をひき、焼きそば麺を両面焼き色がつくまで焼き、軽く塩、こしょうし、皿に取り出しておきます。
  3. 上の中華なべに油を小さじ1足して、玉ねぎを炒め、軽く塩をふり、セロリ(葉は最後に加える)、カニカマ、しめじも加えてざっと炒め、みりん、酒を加えてフタをして3分程度蒸し焼きにします。
  4. 麺を戻し入れて炒めあわせ、セロリの葉も加え、ナンプラー、こしょうで味をととのえます。

キッチンメモ

セロリのさっぱり塩焼そば、カニカマやエビ、シーフードミックスで海鮮風に。
セロリの香りと魚介、ナンプラーがよくあいます。

焼きそば、省オイルで作りたいときは電子レンジで作っています。

セロリを使った焼きそば

セロリとお肉、オイスターソース味も定番です。


悩み無用の焼きそばの炒め方

焼きそばを作る時、べたつく、水っぽくなるなどの悩みがある方参考にしてみてください。
具と麺を別々に炒めて最後に合わせる方法です。
具が多めの時なども炒めやすいし、水っぽくなりません。

焼きそば麺は袋の上から2等分に切っておきます。
中華鍋かフライパンを火にかけて熱し油を加え、油をなじませます。
焼きそばを並べます。

まずは炒めず、いじらず、両面軽く焼き色がつく程度焼きます。
焦げ付きやすいので気をつけながら。

あんかけ焼きそばの場合は、少し油を多めにして焼き色を付けてカリッと焼くようにします。
あんかけ焼きそばでない場合は、軽く焼き色がつく程度に焼きます。

最後はほぐして軽く塩、こしょうで下味をつけ、皿に取り出します。
この時塩をきつくふると、味が濃くなりすぎます。

上の中華鍋で今度は具を炒めます。(油が足りないので少し足します)
具は火の通りにくい具はさっと炒めた後水大さじ1を加え、フタをして数分蒸し焼きに。
(時間は具の大きさにもかわってきます)

味付けします。
具や調味料によっては、水分が足りなず、最後パサつくので、酒や水を足して加減します。
麺を戻し入れて炒めあわせてできあがり。

フワフワ卵入りの焼きそばも簡単

一番初めに炒り卵を作ります。
まずは中華鍋かフライパンに油をひき(鉄のフライパンの場合油が少なすぎると以後くっつきます)
溶きほぐした卵を加えて、周りが固まってきたらざっと混ぜ半熟程度で一度皿に取り出します。
上の中華鍋に麺を並べて(油が少ないようなら油を足す)同じように麺を焼いて取り出します。
具を炒め、最後に麺、卵を戻して炒めあわせます。