金柑のおからケーキ

金柑の甘露煮を作ったら金柑ケーキも作ってみて
金柑のおからケーキ
スポンサーリンク
MagicalStory

毎年作るもの
繰り返し作るもの

ふとした瞬間に
季節を感じて
今年もそろそろ
作ろうかなと思うもの

そんなお菓子があるっていいですね。

お菓子ジャンル

製菓器具: /

季節:

イベント:

国・地域:

レシピキーワード:

季節に作った金柑の甘露煮を使て香りのいいケーキを。
マジカルキッチン名物、おから入りの生地をオーブントースターで焼く簡単ケーキ。

スポンサーリンク

材料

  • 薄力粉 ・・・100g
  • おから ・・・100g
  • きび砂糖 ・・・30g
  • 塩 ・・・少々
  • ベーキングパウダー ・・・小さじ1と1/2(6g)
  • 卵 ・・・2個
  • オリーブオイル ・・・30g
  • 金柑の甘露煮 ・・・6個
  • 金柑の甘露煮シロップ ・・・ 65ml

作り方

  1. (下準備)金柑の甘露煮は横に半分に切り種を取ります。3個はそのまま、残りは細かく刻みます。型にクッキングシートをカットしたものを敷きます。
  2. (生地作り)ボウルに卵を泡だて器で割りほぐし、砂糖、塩を加えて混ぜ合わせます。オリーブオイルも加えて混ぜます。おからも加えておからの固まりがないように混ぜます。金柑の甘露煮シロップ50mlを加えて混ぜ合わせます。
  3. 上のボウルに粉とベーキングパウダーを合わせたものをザルでふるい入れます。ゴムベラで水分と粉を混ぜ合わせます。(粉と水分の部分をなじませていくように混ぜる)
  4. (型に入れる・焼く)生地を紙を敷いた型に流しいれゴムベラで平らにならし、半分に切った金柑を中央に一列に並べ、刻んだ金柑を全体に散らします。オーブントースターで15分軽く焼き色がつくまで焼きます。(焦げそうになったらアルミホイルを被せ、焼き上がりは、竹串を刺して焼き上がりをチェック。)焼きあがったらすぐに大さじ1の金柑の甘露煮シロップを刷毛で塗ります。冷めれば金柑の幅にスライスします。

キッチンメモ

金柑の甘露煮を使ったケーキです。
今回もマジカルキッチン名物おから入りケーキになります。

生地に埋め込んだ金柑がポコポコしてかわいい。
色もオレンジ色で元気になれそうな色。
味も柑橘系の風味でさわやかです。

バターを練ったり卵白を泡立ててメレンゲを作ったりの手間がないので簡単に作れます。
材料を順に混ぜていくだけ。

今回のおからケーキの主役は金柑。
金柑は秋の終わりから春にかけて出回ります。
路地ものや庭木のものは12月終わりくらいから。

寒い時期に出回るかわいい実。
黄金色が小判のようで縁起がいいので、お正月のおせち料理にも使われます。

金柑は生でも食べられます。
見た目ミカンのようですが、皮ごと食ます。意外と甘くておいしい。
刻んでサラダに加えたり、ドレッシングにしてもおいしいですよ。

庭になっているものは品種によって、酸味や苦味が強いものもあります。
甘露煮にして少しずつ食べるのも楽しみです。

マジカルキッチン季節の特集

秋から冬の保存食レシピカタログ
マジカルキッチン季節の特集、秋冬に食べたい作りたい、保存食、作り置き。 干し柿、漬物、ジャム、コンポート等。

秋冬から春も保存食作りは結構忙しいですね。
柑橘類が出回る季節なので、マーマレードジャムやピールも楽しみです。

金柑の甘露煮のシロップもお菓子作りに活用します。
生地の中に加える用と仕上げに塗る用です。

仕上げ塗るシロップは焼きあがってすぐ熱いうちに塗ります。
ケーキがしっとりとしますよ。

圧力鍋で金柑の甘露煮
圧力鍋で短時間に煮る金柑の甘露煮。
酢と水、砂糖で煮ます。お正月のおせちにもぴったり。

長方形や正方形の型で焼くケーキ。
焼き上がり好きな形にカットできるのがいいですね。

金柑のおからケーキ焼き上がり

今回は金柑の甘露煮を半分にカットしたものを一列に並べて焼きました。
お好みで全体に並べてもいいですよ。
カットして食べるときにケーキひと切れに金柑1個来るようにするといいかもしれません。

刻んだ金柑は生地を作るときに中に混ぜ込んでもOKです。
もっと量を増やしてもいいですよ。

型は長方形のグラタン皿を使いました。
金属製のバットでもOKです。
ちょうどいいサイズがない場合は、天板にアルミホイルで作った型を乗せて焼いてください。
型について詳しくは下に書きました。

型に紙を敷くとケーキが取り出しやすくなります。
紙はクッキングシートやわら半紙を使います。
型より一回り大きくカットして四隅に切り込みを入れて型に合わせて敷きこみます。

オーブントースターの場合、庫内が狭いです。
紙が庫内やヒーターに接触すると危険。
紙は型からあまりはみ出ないように短めにしておきます。

オーブンで作る場合は180℃に予熱したオーブンで約13~15分焼きます。

スポンサーリンク

ケーキの型について

アルミホイル型に生地を流す

こちらはグラタン皿でなくアルミホイルで作った型です。

アルミホイルで作った型におから生地を流し入れて焼きます。

アルミホイルには薄くサラダ油を塗ります。
生地がくっつかなくなります。

オーブントースターでおすすめの型

オーブントースターでケーキを焼くときにおすすめの型は
耐熱性のバット、浅めの角型、グラタン皿、タルト型など。

生地を型に流しいれる

タルト型で焼くケークサレ生地

素材は必ず耐熱性のものを選びます。
耐熱性のホーロー、ガラス、ステンレス、陶器製などです。

正方形、棒状に切り分ければおしゃれなケーキに。

最近はフタつき保存容器の耐熱性のものもあります。
ケーキ型も兼用になるものも出てますね。
(オーブン、オーブントースター使用時にはフタは不可)
保存容器に使えると普段から活用できて、収納に困らないのが利点です。

梅酒ケーキの焼き上がり

マジカルキッチンで一番活用しているのが耐熱ガラス製のグラタン皿
長方形でオーブントースターにちょうどいいサイズ。
マジカルキッチンのおからケーキでよく使っています。
もちろんグラタンなど料理にも活用。
(デザインは下のものと若干違いますが)

マフィン、カップケーキにはアルミカップや陶器のココット型。
アルミカップは厚手のものでないと生地を入れたとき広がって形が崩れます。
薄手の場合は2枚重ねて使います。

家にあるものでお菓子の型に使えそうなもの

お菓子の型が家にないからと言って、あきらめないで、家にある物を探してみましょう。
お菓子の型は一度買うと長く使うことになるので、購入する時は機能、デザインとも気に入ったものを選びたいですね。
慌てて適当なものを買うより、まずは家にあるものを活用してみませんか。

バットをお菓子の型に

普段料理の下ごしらえに活用するバット。
長方形で高さも数センチはあり、ステンレス製、ほうろう製のものならオーブン使用可。
サイズも色々あります。オーブンシートを敷いて生地を流して焼きます。

ブラウニー、四角いチーズケーキ、長方形に焼けるのでスクエアにカットしたり、バーにカットしたりできます。
私の場合、特にオーブントースターでは重宝してます。
焼き菓子の他、冷菓にも使えます。

ステンレスバットをお菓子の型に

お菓子の空き缶

お菓子の空き缶もサイズ豊富、形も角形丸型あります。
オーブンシートを敷いて焼き菓子の型として使えます。
大きな長方形の空き缶は、ロールケーキ生地を入れて焼くのに便利です。

グラタン皿

高さはありませんが、薄めのケーキが焼けます。
チーズケーキなどグラタン皿で数個分ずつ焼いても。
オーブントースターでケーキを作る時、大きめの長方形のグラタン皿がちょうどいいのでよく使っています。

長方形の型

この型にタルト生地を作って、フィリングを流し込んで、タルトを焼くこともあります。

オーブントースターで危ない事例、注意点

便利なオーブントースター、オーブンより短時間。
余熱いらずなので、料理にお菓子作りに大活躍してくれてます。
けれど使い方を誤ると思わぬ事故につながることも。
私がヒヤリとした事例をまとめました。

油、タレをヒーターにたらさない

ヒーター部分にお肉なら油やタレ、トーストならチーズ、バターなどがたれると、火が出て危ないです。
ヒーター部分も傷みます。
たれそうな物を焼く場合は必ず網ではなく天板に乗せて焼きます。

庫内のパンくずに注意

オーブントースターから煙がモクモク、た、大変だ。
庫内のパンくずが落ちていてそこから煙が出たようです。
庫内の掃除はマメにしないと怖いですね。

オーブントースターで余熱に注意

オーブントースターでも短時間余熱してから焼く場合があります。
この時、庫内にうっかり紙が入っていて、それが燃えたことが!必ず庫内の確認を

オーブントースターで紙・ホイルに注意

上にも書きましたが、オーブントースターの庫内や、ヒーターに紙が当たると燃えて火が出ます。
オーブントースターでオーブンシートなど紙を使う場合は
庫内、ヒーターに当たらないように短めにカットして使います。
加熱中、なるべく目を離さないようにします。

紙以外、アルミホイルも加熱中のヒーターに接触すると燃えます。
ケーキやパンを焼くときに焦げ防止にアルミホイルをかぶせる事があります。
この時も要注意、加熱中のヒーターにあたると火がつくことがあります。

アルミホイルをかぶせるときは、必ず一度焼いているものを取り出してから作業します。

ケーキやパンに高さがあり過ぎると、ヒーターとの距離が取れません。
高さのある型は使わない、高さを抑えて作る等の工夫が必要です。
普段はオーブントースター付属の網に天板を乗せて焼いていますが
パンを焼くときなどは、網を外して、天板を乗せています。
少しでもヒーターとの距離を出すようにしています。

やけどに注意

当たり前ですが、加熱中、加熱直後は熱いです。
うっかり庫内や天板に素手で触れるとやけどします。
鍋つかみやミトンを用意。

オーブントースター料理お菓子に関するお役立ちコラム

オーブントースターでお菓子やパン作りに役立つマジカルキッチンTipsです。

マジカルキッチン料理お菓子のTipsコラム

オーブントースターでお菓子とパンのコツ
マジカルキッチン料理・お菓子作りのTips、オーブントースターで上手にお菓子、パンを焼くコツ。
ムラなく焼くコツ、失敗しやすい点を解説します。
オーブントースターの長所、注意点

マジカルキッチン料理お菓子のTips
オーブントースターのメリットデメリット。
オーブントースターでうっかりな危ない事例を体験談を交えて紹介。

オーブントースターのケーキ型まとめ

マジカルキッチンtipsコーナー、オーブントースターで使う型についてのまとめです。
おすすめの型、アルミホイル型、注意点。オーブントースターのケーキレシピをパウンドケーキ型に応用など。

スポンサーリンク

メレンゲ作りについて

フワフワのきめ細かなメレンゲが上手に作れたら、ふわふわケーキが作れます。

水分油分が道具についていないように。
卵白には、卵黄が混じらないようにします。

メレンゲ作りには、ハンドミキサーを使うと手動よりもかなり楽で、時間も短いです。

卵は使う直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。
冷たいほうがきめ細かなメレンゲになります。

始めはハンドミキサーの低速で卵白をほぐすように混ぜたら、高速に切り替えます。

砂糖を加えるタイミングは泡がある程度ふわっとたってから1回めを加えます。
その後さらに泡立てたら、砂糖を加え、また泡立て砂糖を加えます
砂糖は泡立ちをよくする作用があるので、減らしすぎると固く泡立ちません。

同じところばかり泡立てないで、時々スイッチを止めて、まわりの泡をかき集めます。
混ぜて全体が均一になるようにします。

ピンと角が立つまでと言う時は、泡立て器を持ち上げても泡が落っこちてこないくらいまで泡立てます。
ハンドミキサーは最後は低速でツヤを出しながら仕上げます。
置いておくと、泡が消えてゆくので、使う直前に泡立てます。

途中で一休みする際、ヒーターを付けたまま置けるのが便利。

シルバーが大人っぽいカラーのハンドミキサーです。

大豆から豆乳を絞った後の残りがおから。豆乳からは豆腐も作れます。
おからは、搾りかすとは言え、食物繊維やカルシウムも含まれる素材です。

このおからは、傷みやすい食材です。
買ってきたら、なるべく早く使い切ります。

と言ってもすぐには使えない時ってありますよね。

使い切れない時は、とりあえず火を通しておく

使い切れなかった生のおからが余った時は。
生のまま置いておくよりも、火を通しておいたほうが安心。

とりあえず、から炒りして水分を飛ばしておきます。
フライパンを使う他、電子レンジでもできます。
耐熱性のお皿におからを広げ、フタやラップをせずに電子レンジにかけてパラパラにします。
からいりしたおからは料理やお菓子に使えます。

おからを冷凍保存する

おからの冷凍は、生のままでも上のように空炒りしてからでも可能です。
コツは使いやすいように小分けに冷凍しておくこと。
ジッパー付きの冷凍用の袋に入れて、平らな板状に形を作って冷凍すると場所もとりません。
解凍は自然解凍か、電子レンジで。

マジカルキッチンおからを使ったレシピコーナー

おからを使ったお菓子レシピ

おからを使った料理レシピ

おからパウダーについて

おからパウダー(乾燥おから)も保存ができて、使い勝手がよくて便利。
マジカルキッチンでは生おからを使ったレシピが多めですが、乾燥おからやおからパウダーでもこれらのレシピは作れます。

生おからレシピで乾燥おからを使う場合。
水分をおからパウダーに注ぎ、おからを戻します。
レシピの生おからの分量用意します。

おからが戻って、生おから風にしっとりすればOKです。
ちなみに乾燥おからは、水分を加えるとかなり増えます。

目安としてはおから1に対して3.5から4倍の水分を使用。
例えば、おからパウダー20gに水80mlで、生おから100gの状態に戻ります。(商品によって若干差があります)

おからパウダーを戻す際は、水よりも牛乳か豆乳を使うと風味がアップしますよ。