バナナの香りと甘さのシフォンケーキ

バナナシフォンケーキ


ジャンル: , 主な食材: , , , 器具:

ふんわりしっとり、バナナシフォンの作り方を紹介します。
バナナは熟したものを使うと甘く香りよく焼き上がります。

バナナシフォンケーキ

Photo: by Magical Kitchen

調理時間: 45分 分量: 17センチシフォン型1台分

材料

  • 薄力粉 ・・・70g
  • 砂糖 ・・・55g
  • サラダ油 ・・・大さじ2(24g)
  • バナナ ・・・120g(正味)
  • 卵黄 ・・・L3個
  • 卵白 ・・・L3個
  • ラム酒 ・・・大さじ1
  • 水 ・・・大さじ2

作り方

  1. バナナは器に入れてフォークの背などでつぶしてペースト状にします。
  2. ボウルに卵黄、砂糖の約半量を入れて、白っぽくなるまで泡だて器で泡立てます。
  3. サラダ油、水、つぶしたバナナ、ラム酒を順に加え、そのつど混ぜます。
  4. 上のボウルに薄力粉をふるい入れ、泡だて器で混ぜあわせます。
  5. 別のボウルにハンドミキサーで、卵白を泡立てメレンゲを作ります。
    白いしっかりした泡が立てば、残りの砂糖を3回に分けて加えながら、ピンと角が立つまで泡立てます。
  6. 4のボウルにメレンゲを3回に分けて加え、そのつど、ゴムべらで、さっくりと混ぜます。
    (はじめの1回は泡だて器でしっかりと混ぜ合わせます。)(最後にメレンゲの泡が残らないように)
  7. シフォン型に生地を流し入れます。型を台の上から、2、3回下に落として、生地の中の空気を抜きます。
  8. 170~180℃に予熱しておいたオーブンで30分~35分焼きます。
  9. 竹串を刺して生の生地がついてこないかチェックし、焼きあがったら、すぐに型をひっくり返してビンなどに刺して冷まし、
    冷めれば外側にパレットナイフか包丁を入れ、内側は竹串を1周させ、
    底もパレットナイフか包丁を入れ、丁寧に型から外します。

キッチンメモ

ふんわりした生地にバナナの香りと甘さがふわり。
バナナは黒い斑点の出た熟した物を使うと甘く香りよく焼き上がります。

型からはずすのは、完全に冷めてから。
温かいうちに作業するときれいにはずせません。

メレンゲの泡立て方について

道具は、ハンドミキサー、シフォン型を用意。
シフォン型には焼く前に、油は塗りません。
卵を泡立てるボウルや道具に油分がついていないよう気をつけます。
油がついていると、メレンゲがうまく泡立ちません。

メレンゲ作りについて

フワフワのきめ細かなメレンゲが上手に作れたら、ふわふわケーキが作れます。

水分油分が道具についていないように。
卵白には、卵黄が混じらないようにします。

メレンゲ作りには、ハンドミキサーを使うと手動よりもかなり楽で、時間も短いです。

卵は使う直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。
冷たいほうがきめ細かなメレンゲになります。

始めはハンドミキサーの低速で卵白をほぐすように混ぜたら、高速に切り替えます。

砂糖を加えるタイミングは泡がある程度ふわっとたってから1回めを加えます。
その後さらに泡立てたら、砂糖を加え、また泡立て砂糖を加えます
砂糖は泡立ちをよくする作用があるので、減らしすぎると固く泡立ちません。

同じところばかり泡立てないで、時々スイッチを止めて、まわりの泡をかき集めます。
混ぜて全体が均一になるようにします。

ピンと角が立つまでと言う時は、泡立て器を持ち上げても泡が落っこちてこないくらいまで泡立てます。
ハンドミキサーは最後は低速でツヤを出しながら仕上げます。
置いておくと、泡が消えてゆくので、使う直前に泡立てます。

ハンドミキサーについて

卵白の泡立てがぐんと楽になる電動ハンドミキサーについて。
詳しくは下のマジカルキッチンTipsを。

羽部分もコンパクトに収納可能。

バナナシフォンケーキと同じ材料で作れるお菓子

材料:サラダ油|バナナ|薄力粉-製菓材料|

材料大分類:|果物|油脂類|穀類|

バナナシフォンケーキと同じジャンルのお菓子

ジャンル: |