ウスターソースが意外とさっぱり、鶏レバーを煮ます。

鶏レバーのウスターソース煮

鶏レバーをウスターソースと生姜で煮ました。
鶏レバーの下ごしらえ法も紹介。

鶏レバーのウスターソース煮

Photo: by Magical Kitchen

鶏レバーの憂鬱。
子どものころは、1日3粒食べなさいって。
口うるさく言われてました。
あんまり好きじゃなくて憂鬱だった。

大人になって味に目覚めて。
自分で作るようになっても
なんだかちょっぴり憂鬱な鶏レバー。

鶏レバーを買ってきた後のプレッシャー
今日中に作らなきゃ。
夜お風呂から出てからやろうかなぁ。
見たいテレビがあるのになぁ。
などなど、作る前は面倒に思うのです。

気力を振り絞って下ごしらえ。
煮るのはそれほど手間ではありません。

出来上がった後、保存容器にばっちり詰めて。
これで貧血防止おかず出来上がり!とご満悦。
憂鬱はどこかへ消え去った。
そしてまた鶏レバーを手に取るのです。

クリスマスレシピ特集へ

秋から冬の作り置きレシピ特集

調理時間: 35分 分量: 400ml分

材料

  • 鶏レバー ・・・450g
  • しょうが ・・・大1片
  • みりん ・・・大さじ2
  • しょうゆ ・・・大さじ1
  • ウスターソース ・・・70ml

作り方

  1. 生姜はすりおろします。鶏レバーは白い脂部分と赤い血の塊を取り除き一口大に切りながら(かたまりがあれば、開いてとりのぞく)水につけて水はこまめに替えます。ハツは縦に切れ目を入れて血のかたまり、脂肪を落とします。最後流水で洗い流しザルにあげしっかり水気を切り、キッチンペーパーで水気をとります。
  2. 鍋にしょうがのすりおろし、みりん、ウスターソース、醤油を入れ煮立ったら鶏モツを入れてアクをとりながら初めは強めの火で煮ていきます。
  3. 煮立てば火を弱め、煮汁が少なくなるまで時々大きく混ぜながら炒りつけ、汁気が少なくなれば火を止めてそのまま冷まして味をしみこませます。

キッチンメモ

鶏レバーの煮つけのウスターソースバージョンです。
ウスターソースのスパイシーさがレバーのクセを食べやすくしてくれます。 普段は普通に醤油味を作ってますが、たまにウスターソース味も食べたくなって作ってます。

鶏モツの下処理はそれほど難しくはないし(時間はかかりますが)、あとは煮るだけで簡単。
しばらく置いて味をじっくり染みこませて。

一度にたくさん作り置きして、常備菜として冷蔵庫に入れておくと、ちょこちょこつまめて便利です。
もっとたくさん作った時は、冷凍保存も可能です。

しょうゆ味の定番鶏レバーレシピも紹介中。

鶏レバーの下ごしらえ

気になる鶏レバーの匂いですが、水で洗う程度で抜くことができます。
洗う前の下ごしらえで、血を取り除くのがポイント。
完全に取り除くのは無理ですが、目につく物はとっておきます。
ハツ(心臓部分)も縦に切り開いて血をとって洗います。

鶏レバーの匂いは下処理で結構消えます。
それでも苦手な方は、味付け濃い目、しっかり目に煮るのがおすすめです。

同じ下ごしらえで鶏レバーのニラレバ炒めも作れます。

煮る前にレバーの水気をとっておくのもポイントです。
ここで水気が多いと、煮る時に水分が多くなって煮詰めるのに時間がかかります。

鶏レバーのウスターソース煮と同じ材料で作れる料理

材料: しょうが| ソース| 鶏肉|

材料大分類:|調味料・甘味料・香辛料|香味野菜・薬味・ハーブ|

鶏レバーのウスターソース煮と同じジャンルの料理

ジャンル: ||